■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
著名人の肉筆原稿  季刊「銀花」編集部編 「手をめぐる四百字」
季刊「銀花」編集部編 

“手”をめぐる四百字
    
            文字は人なり、手は人生なり


「週刊ブックレビュー」で紹介されていた本です。

帯にこの本の特徴が載っています。

著名人の肉筆原稿がそのまま載っている本です。


“手”をめぐる四百字―文字は人なり、手は人生なり“手”をめぐる四百字―文字は人なり、手は人生なり
(2007/01)
白洲 正子

商品詳細を見る



50人分の肉筆原稿ですよ。

結構、濃いものがありますね。

エーッ、これがあの人の字・・・・って感じで意外な字もあれば、

いかにもって感じで想像通りの字もある。

字と、手にまつわるエッセイの内容でもっとその人のことを好きになったりもした。


よかったのは、作家の角田光代さん。

すっきりとした字で、お母さんの思い出を書いている。

それから、作家の小川洋子さん。

かわいらしい字。想像通り。

出版社で見たことを書いている。

それから単純に好きな字は、なくなったドラマ演出家の久世光彦さん。

人柄がでているようなじですなぁ。うまいし、読みやすい。

小沢昭一さんの字もすごくいいね。ふつうに読めるし、うまい。




逆にとても本人以外は読めなさそうな字のほうが多いですよ。

柳美里・橋本治・山田太一・・・・。



それから明らかに字を見られることを前提にして、書きなれている人もいる。

永六輔さんの字はその代表。

ちょっといやみに感じるけど・・・。


やっぱ字はきれいにこしたことはないよ。味があるってのはわかるけど。

字が汚いと、こんな字を書いていて世の中に、何か物申しているのかって思うし・・・。

どの人の字がいいか。実際手にとって見てください。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード



スポンサーサイト


テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

エッセイ | 22:09:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。