■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ねずみの親子の冒険   松浦寿輝著 「川の光」
松浦寿輝

川の光


たしかこの本は、王様のブランチで、松田さんのオススメとして取り上げられていた本だったと思います。司会の優香も結構絶賛していたのをなんとなく記憶しています。
だから、面白いんだろうなとなんとなく想像しながら読み始めたんですが・・・・。


川の光川の光
(2007/07)
松浦 寿輝

商品詳細を見る



チッチとタータとお父さん。
この3匹のねずみが、工事で今、住んでいる川岸を追われ、安住の地を求めて旅をするという話。

読み始めた段階で、早めに判断すればよかったんですが、いい年した大人が読むような本ではなかったです。
(決して悪い本ではないと思うんですが・・・・。)

全体的に、何というかキレイごとをならべたような世界観。

児童文学の雰囲気をだしつつ、大人の読者にも読んでもうらおうと思っているような色目を使っている感じを受けました。

これは、新聞の夕刊に連載されたものだそうです。

まぁ、だから、子供や若者向けって感じだとは思いますが、それにしては、ところどころ言葉が難しいものを使ったりしている。

内容は、いいオッサンが読むには甘ったるいような内容なので、なんともバランスが悪い。

普段、気にせずにすごしている草むらにも、豊かな生命の営みが繰り広げられているっていう視点で始まるけれど、途中、動物病院の夫婦の人間の視点になる。

そこはちょっと、興ざめ・・・。
動物の世界の話だろって突っ込みましたよ。

悪い本ではないんですよ。こういう物語を欲している人が読めばいいとは思うんですが。

ちょっと、俺には合わなかった。
いつもなら合わないと思ったらすぐに読むのをやめるんだけど、この本だけはずるずると読んでしまいました。

最後まで、まぁ、動物の心温まる話が続きましたよ。

それはそれでよしとするが、著者はご丁寧にあとがきまで書いて下さっています。

それが、いかにも素晴らしい物語を書き上げた作家って感じで悦に入っている様子にちょっと
寒気を覚えました。

それほどのものじゃないよ・・・と誰か言ってあげてもいいのに。

川の光川の光
(2007/07)
松浦 寿輝

商品詳細を見る



ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

小説 | 00:47:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。