■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦中・戦後のロンドンでの物語り  サラ・ウォーターズ著 「夜愁」
サラ・ウォーターズ著 夜愁

2008年版「このミステリーがすごい」、海外部門で18位にランクイン。

過去の2作品から比べるとランクダウンしている。それだけ、ミステリー色がなくったという証だと思う。だがしかし、面白くないかというとそうでもなかった。





夜愁 上 (1) (創元推理文庫 M ウ 14-4)夜愁 上 (1) (創元推理文庫 M ウ 14-4)
(2007/05)
サラ・ウォーターズ

商品詳細を見る
夜愁 (下)夜愁 (下)
(2007/05)
サラ・ウォーターズ、中村 有希 他

商品詳細を見る


まだ読んでいない人には、ぜひおススメしますが、過去2作、「半身」や「荊の城」とはまったく違っていました。

著者の魅力は決して失われていないんですが、ミステリーの要素が少なくなっていた。
まぁ、平たくいうと純文学っぽい感じ。
だけども、物語を堪能しました。

前作までの、読者を驚かせるサプライズはないものの、人間の濃密な関係や、繊細な感情のゆれなんかはすばらしかったです。

物語は、第二次世界大戦中から、戦後にかけての話なのだが、時間をさかのぼって描いていく。
しかも、登場人物それぞれの物語をさかのぼるのだ。

ケイ
ジュリア
ヘレン
ヴィヴィアン
ダンカン
レジー
フレイザー

誰と誰がどう出会い、何をして、どう感じたのか・・・。

丁寧に描いています。そして、どことなく謎めいていて先へ先へと誘いこまれます。
著者はレズビアンを好んで描くが、この作品にも描いている。しかも、もっと濃密な人間関係として・・・・。

戦争中という特別な時代を通り過ぎて、平和の時代へと進むそれぞれの人生。

最初、人間関係がわかりづらくて、いつもそうするように簡単な人物表を作って読みました。
そのうちなれるんですが・・・。

著者の文章はなんとも味わい深くて、読んでいるうちにいろいろと思索に耽ってしまってなんども同じところを読むことが多々ありました。
表現もいいし、文章も、なんと言うか気品があって、抑え気味でほんとにホレボレする。

読みどころはたくさんあるけど、やはり恋する人間の視線や感情の描写がすばらしくてゾクゾクしました。
ちょっと、引用します。

ヘレンがジュリアの鎖骨に向かって手を触れないように、空中に置く場面。
ジュリアに何をしているのと気だれたヘレンがこうこたえる。

「あなたを感じてるの」
「あなたの体温が立ちのぼるのを感じる。あなたの生命を感じる。あなたの肌色のどこが薄くて、どこが濃いのかを感じる。どこがまっさらで、どこにそばかすがあるのかを感じる」

このほかにもある、恋人同士の場面はどれもよかった。

ヘレンとジュリアとケイの女の恋愛。

ヴィヴィアンとレジーの不倫。

かつて監獄に入っていたダンカンとフレイザー。


それぞれのドラマが戦後の空気や戦中の空爆とともに描かれて、とても印象的でした。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 00:36:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。