■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グロテスクで強烈なホラー映画!? 映画 「アイ・アム・レジェンド」
映画 アイ・アム・レジェンド

主演:ウィル・スミス
監督:フランシス・ローレンス

“人類最後の・・・”

てっきり、精神的、心理的な描写が中心の映画かと思っていましたが、内容はまったく予想と違っていました。
宣伝にしてやられました。


327925view001.jpg




時間を交互に描いて、地球になにが起きたのかを少しずつ観客に明かしていくんですが、おそらくはウィルスとか何かで全滅したんだと軽く思っていました。最初は・・・。

冒頭の大都会での鹿狩りは迫力満点。
まぁ、おそらくはCGなんだろうけど、すばらしかったです。
しかし、ライオンが出てくるのはやりすぎ。
ライオンも狂暴になっていたのか。実際のライオンは鹿をあんなふうには殺せません。
鹿だって生きるためにもっと抵抗するはずだし・・・。

そんなこんなでいろいろわかってくるんですが、予想外にも、これは一種の“ゾンビ”映画でした。
しかし、ただのゾンビじゃなくて、早くておまけに狂暴。
このゾンビとの戦いがまた、見所。
マジで怖かったです。

ゾンビでしかも、ドラキュラがちょっと入っていて、日光がダメときている。
だから、昼は安心して行動していられる。

相棒として登場する犬がいいですよ。
犬との別れのシーンは切なくなりました。

犬と閑散とした大都会の町並みと男一人。
それで終わりかと思い始めたとき、物語はオチへと動きだします。
そのまま終わってもよかったなとちょっと思いましたが、やはりそうも行かないんだろうね。

ハリウッド的に最後までわかりやすかったです。

自分ひとりしか残っていないと知ったら自分ならどうしただろうかと考えてしまった。
少数派と多数派。
あそこまで行ったら仲間になったほうが、楽じゃないかとか、本当に異常なのは自分のほうなんじゃないかとか。

蝶々とか犬が守ってくれるとか、無心論者っぽく他の生存者にキレていたあの男が、最後は神を意識し始める。
あるいは、神になろうとしたのか。

あれだけのゾンビがどうやって生息していたのかが不思議。
そして、たった一人の男をあれだけしつこく追い詰める理由がよくわからなかった。
ゾンビ側に、リーダー的な存在のキャラがいるのもゾンビ映画を踏まえていた。

迫力ある映像に、ビビリまくりの映画でした。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:アイ・アム・レジェンド - ジャンル:映画

映画 | 11:39:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。