■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイトル倒れ?  斉藤守彦著 「日本映画、崩壊 ~邦画バブルはこうして終わる~ 」
斉藤守彦著 

「日本映画、崩壊 
~邦画バブルはこうして終わる~」


タイトルも、そして、装丁も何か狙いすぎって感じがしますが・・・。

日本映画、崩壊―邦画バブルはこうして終わる日本映画、崩壊―邦画バブルはこうして終わる
(2007/09/29)
斉藤 守彦

商品詳細を見る


長年、映画雑誌で記者をしていたという著者が、現在の日本映画をあらゆる面から問題点を提起している。

かなり、ひきつけるタイトルなんですが、内容はというと・・・・。

それほどでもないかなって感じでした。

興行収入が増えて、邦画の占める割合が増えたけど、各地に乱立するシネコンがその理由で、邦画が熱いっていったって、ほとんどがテレビ局が製作にかかわっていて、もしテレビ局が手を引いたらどうなるかわからないし、劇場でポップコーンを売っている兄ちゃんはバイトだから、接客ができていないから、お客は離れていくだろう。

まぁ、そんなことが書かれてありました。

劇場のコンセッションのバイトの態度まで丁寧に取り上げているのにはちょっと笑ってしまった。

崩壊とはいったい何を意味しているのか。
質と量のどちらかということになるのだが、冒頭で興行収入についてのデータを取り上げていて、そのあと、作家性が失われていると嘆き、そして、後半はまた、映画人口について語る。

映画人口が増えていることを喜んでいるようにも思えないし、逆に良質の作品がでてきているとも言っていない。
ただ、悪いところだけとりあげて騒いでいるように感じた。


日本経済が不況の数年前、日経新聞が、ものが売れないとか、失業がどうとか、不況だ!不況だ!と不況の記事しか載せないときがあって、そのときは「日経不況」と揶揄されたと経済評論家が言っていたのを思い出す。

確かに著者の言うような事実はあると思うが、日本のほかの産業で何から何までうまく行っている業界があるのだろうか。むしろ、何かしらの問題とか課題を抱えている産業がほとんどだと思う。
だとしたら、わざわざ崩壊・・といわなくても、問題があることが普通な状態だと思うのだが。

全編に漂う、著者の斜に構えた姿勢にどうもなじめなかった。
それでも、参考になるところはあった。

映画に求めるものが、「感動」と「共感」であり、現在の観客はどちらかというと「共感」を映画にもとめていて、テレビの延長として映画を捕らえている。
それで、映画館も家でテレビをみるようい快適な空間を作らなければならず、シネコンが発展した。

製作より興行を重要視した映画会社が生き残ったとしているが、その先のどうすればいいかを提案してほしかった。
たぶん、今のこの流れはしばらく続くと思う。
著者のいうように当日の料金を一律1000円にすればいいし、複雑な配給・興行システムをもっと自由にしてもいいと思ったが・・・。

新しい試みや動きなんかも報告してほしかった。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 19:55:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。