■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いきなり兄弟があらわれて、生活メチャクチャ  ニール・ゲイマン著 「アナンシの血脈」
ニール・ゲイマン著 金原瑞人訳 「アナンシの血脈

今となってはなぜこの本を手に取ったのか、覚えてないんです。
本当に・・・。単純に表紙に惹かれたのかも・・・・。

とりあえず、上巻を読み終えました。
なんとも不思議な感覚です。
でも決して、悪いものじゃないんです。


アナンシの血脈〈上〉アナンシの血脈〈上〉
(2006/12)
ニール ゲイマン

商品詳細を見る


著者のニール・ゲイマンは注目の人物で、作家として活躍しているだけでなく、漫画や映画の原作、脚本なども手がけている人です。

著作は数々の賞を受けていて、今年公開された映画「スターダスト」の脚本も担当しています。
作風は、なんとなくだけどSFチックなんだと思う。受けた賞がSF関連の賞だし、この作品の内容もそんな感じだった。

物語は、結婚を間近に控えたファット・チャーリーが婚約者のロージーの進めで、結婚式への出席を実の父親に頼もうと実家のアメリカに連絡することから、大きく展開していく。
チャーリーの父親は、飲んだくれでまともには働かずそんな父がいやで、チャーリーは故郷からはなれて今はイギリスに住んでいる。

せっかく、嫌いな父から遠く離れて自分の人生から追い出せそうだったのに・・・。

結局、知り合いのおばさんのミセス・ヒグラーに連絡するとなんとなんと父が死んだことを知らされ、あわててアメリカに戻り、葬儀に参加する。
葬儀後に、さらにチャーリーがおどろく事実がわかる。
父親はアナンシと呼ばれた蜘蛛の神だということと、チャーリーにはスパイダーというきょうだいがいるということ。

まともには取り合えないような話で不思議な心もちのままでイギリスに戻ると、そのきょうだいがあらわれる。
どうもこのきょうだいも神らしく不思議な能力をもっていて、ちゃっかりとチャーリーの婚約者を寝取ってしまうんだ。
しかも勝手に会社にチャーリーになりすまして出勤するし・・・。
でも、神だから回りの人間もまったく疑うことなくチャーリーとして接する。

生活をメチャクチャにされたチャーリーは、スパイダーを追い払おうと再び、故郷おミセス・ヒグラーをたずねる。

あらすじだと、あんとも味気ない感じなんですが、これが読むとなかなか面白かったです。
外国文学特有のひねった文章表現に抵抗がある人もいるかもしれないが、それほど気になりませんでした。

現実の世界とちょっと不可思議な超自然的な要素。それから、ちょっとゆるいコメディータッチの雰囲気。よかったですよ。

でも、どうも神話的な話や空想なんかが挿入されていて、それが、ちょっと苦痛に感じた。
神とか蜘蛛とか、下巻でどういう風につながっていくか楽しみではあるのだが、いまひとつしっくりときませんでした。

いきなりでてくる、きょうだいのスパイダーがいったい何を狙っているのか、目的がわからないところがなんとも不気味。しかし、本人は決して悪いにんげんではなさそう。

それから、一番の魅力はチャーリーの情けなくて、頼りなくて、ちょっと間抜けなキャラクター。
婚約者を寝取られて逆上するんだけど、なんか、あんまり強くなさそうだし。
いつも誰かの言いなりになっている様子が目に浮かびましたよ。

チャーリーが本来の自分の生活、そして婚約者を取り戻せるのか。
そして、スパイダーはどうなるのか。
気になりますねぇ。

下巻もこのまま突入したいと思います。


アナンシの血脈〈上〉アナンシの血脈〈上〉
(2006/12)
ニール ゲイマン

商品詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 00:31:02 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『アナンシの血脈』 ニール・ゲイマン
主人公が結婚式に呼ぼうと思った疎遠な父親が死んでおり、しかも神だった!という始まりの「アナンシの血脈」はそのさわりだけで気に入ってレジに持って行ってました。冴えない青年チャーリーはフロリダ出身でイギリス在住、フィアンセの母親が堅物で結婚には当然反対して... 2008-01-16 Wed 23:33:13 | 表参道 high&low

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。