■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
姉の過去を追って・・・ 真保裕一著 「最愛」
真保裕一 著 「最愛


著者の本を読むのは、久しぶりですね。
映画化もされた「ホワイト・アウト」と「黄金の島」を読んだ覚えがあります。
本屋でなんとなく見かけたこの目立つ表紙に惹かれて手に取りました。



最愛最愛
(2007/01/19)
真保 裕一

商品詳細を見る


小児科医として働いている、押村悟郎に、ある日、警察から電話がかかってくる。
それは、長年音信不通だった姉の千賀子がひどい怪我をして病院に運び込まれたというものだった。

なぜ、警察が・・・、しかも、居場所や連絡先さえ知らなかった姉なのに、どうして自分の携帯の番号を警察がしっているのか・・・。

数々の疑問と不安を抱きながら、姉が収容された病院にむかうと、頭部に銃弾を受け、半身にひどいやけどを負っていて重体だった。

いったい姉の身に何が起きたのか。
幼いときに両親をなくして、伯父と伯母にそれぞれ引き取られて離ればなれに暮らした姉弟。成人してからは、まったく連絡を取っていなかった。
これまでの空白の時間を埋めるように、姉のことを調べ始める悟郎。
すると、わずか二日前にある男と婚姻届を出していたことがわかる。
しかも、女房を殺して、前科のある男と・・・・。

そしてやがてわかってくる姉の過去と、事件のあらまし。

設定としては、興味を惹かれるようなかんじで期待したが・・・・。
まぁ、でもどこかでみたような感じもする。

悪くはないんですよ。
医師や病院や、ろくでもない親の姿なんかはリアルでいいと思うんだけどなんと言うかあまり面白くなかった。

弟が姉の過去を調べる必然性があまりわからなかったし、説得力がないんだよな。
全体的に薄味で、悟郎がいろんな会社とかをまわって目的を遂げるんだけど、その過程が長い。

終盤になって物語りは結末へと動くんだが、何ともすっきりしない。
最愛」 だれがだれをってことがわかるとなんとも後味わるい。

もうちょっと違う内容を想像していただけに、残念でならない。

次々と連載の依頼をこなさなければならない人気作家だから、しょうがないとは思うけど、この作品は確実に山と山の間の谷のような存在だと思う。

主人公が何から何まで心情吐露してくれてるから、すごくわかりやすいとは思いました。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

小説 | 07:20:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。