■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

生きているって素晴らしい! 「ポセイドン」


72年に公開された「ポセイドンアドベンチャー」は、パニックムービーの先駆けでこの作品の大ヒット以降、様々なパニックムービーが製作された。

ポセイドンポセイドン
(2006/10/06)
カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス 他

商品詳細を見る


ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産) ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ジーン・ハックマン (2006/05/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


現在、公開中の「ポセイドン」はそのリメイクでありますが、今日はその感想などを・・。

主演は、ジョッシュ・ルーカス。これまで、目立った活躍はない。
そのほか、カート・ラッセル、リチャード・ドレイファスが脇を固めています。
監督はウォルフガング・ペーターゼン。最近では、「エアフォース・ワン」「パーフェクト・ストーム」「トロイ」などを手がけたドイツ人。

いやー、パニックムービーはやっぱ、映画館に限るね。
迫力ある映像と音響を楽しむには最適。いくら、液晶だ、プラズマだと言ったってあの大画面には敵わない。

そして、画面の中とこちらの観客の側があまりにも対照的で、その辺も魅力の一つじゃないかと実感。

何せ、スクリーンの向こうで、船がひっくりかえって大勢が死んで、みんな生き残ろうと右往左往している姿を、スクリーンのこちらで、ポップコーン食いながらコーラ飲みながらそれを観るんだから・・。
一種の優越感というか、最高の贅沢というか・・・。

(*内容に触れています

内容はもう大体、決まっているから、変な期待をしなかった分、楽しめました。始まって、あっさり大波がやってきます。
その理由とか、原因とかの説明は一切なし。
航海長が双眼鏡で見つけちゃいます。そして、ゴロンと横倒し。

親子の愛があり、恋人の愛があり、見知らぬもの同士の助け合いがあり、人間のドラマも織り込まれ、さすがにただ船がひっくり返るだけじゃない。

だけど、やっぱりその辺はオリジナルには敵わない感じ。

マット・ディロンの弟のケヴィン・ディロンは、あっさり死んでいやな奴の役を全う。

納得できないのは「ミスター・マップ」の扱い。あいつを蹴落とすか、あそこで・・?助けろよ。ひどい奴らだな。何をやっても生き残れば良いのか、お前らは・・・。
 
船長が黒人ってのもなんか意図を感じる・・。
あのガキももっとかわいいのがいなかったのかね。

まぁ、不満はいろいろあるけど、迫力は満点。最後の最後まで飽きさせません。十分堪能させていただきました。

普通に生活していて気づかない、生命のあっけなさ、不安定さを実感。
偉くなくても、六本木ヒルズに住んでいなくても、自分の仕事を持ち、それを精一杯やる。それだけでいいんだよ。素晴らしいよ。
生きているって素晴らしい。生きているって、す・ば・ら・し・いー。
(こういう歌があったよね・・)

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード



スポンサーサイト


テーマ:ポセイドン - ジャンル:映画

映画 | 03:02:53 | Trackback(4) | Comments(2)
コメント
ジーン・ハックマンの「ポセイドン・アドベンチャー」は見たのですが、今回のリメイク版はどうかなと思いまして、記事読ませてもらいました。とっても心情的な文章で、なにか、こう、伝わってくるものありました。参考になりました。有り難うございました。

                異邦人より
2006-06-11 日 22:12:22 | URL | 異邦人 [編集]
TBありがとうございます
タウム1さんはじめまして。
こちらもTBさせていただきました。
アクションムービーとしては面白かったですね。
オリジナルとの比較では負けますが...。
2006-06-14 水 01:42:43 | URL | 千幻薫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『ポセイドン』
UHBさん主催の試写会。 脱出アクションとしては面白いが、感動する手のものではない。 感情移入する時間がないまま話が進んでいく。 『タイタニック』と比較したCMを打っているがそれは可哀想。輦 ただ、息もつかせぬピンチの連続に客席でリキんでいる 2006-06-14 Wed 01:32:02 | この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!
映画館「ポセイドン」
先行上映で観て来ました!リメイク元「ポセイドン・アドベンチャー」は観ていません。豪華客船沈没のお話ってことで「タイタニック」を想像していましたが、全然違った感じでした。どちらかというと「タワーリング・インフェルノ」に近いかな。もう少し、1人1人... 2006-06-15 Thu 05:45:36 | ☆ 163の映画の感想 ☆
ポセイドン
いやー、気持ちいいくらいにパニック映画でした!! タイタニックが嫌いな私にはこういうののほうがいい。 人物の背後関係も津波のわけも ばっさりと斬捨御免!あっという間に転覆して4000人の乗客が数百人まで減ってしまうんです。ムスカがいたらきっとこう云うくら 2006-06-15 Thu 21:50:25 | 色即是空日記+α
「ポセイドン(2006年)」レビュー
「ポセイドン(2006年)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、リチャード・ドレイファス、ジャシンダ・バレット、エミー・ロッサム、マイク・ボーゲル、ミア・マエストロ、ジミー・ベネット、アンドレ・ブ 2006-06-18 Sun 02:25:52 | 映画レビュー トラックバックセンター

FC2Ad