■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手と手を合わせて 佐藤正午 著 「5」
佐藤正午著  「

結構、いろんなところで評判になっているようですね、この本。
なんとも不思議な魅力に満ちている本でした。


55
(2007/01)
佐藤 正午

商品詳細を見る


この佐藤正午さんの本は、今回、初挑戦でしたが、いやー、よかった。
さすがに、批評で取り上げられるだけのことはあるわ。

何よりもまず文章がいいです。
なんともさらっとしていて、しかも抑え気味の表現で・・・。
しかも、ほんのちょっとなにかをにおわせるような、謎めいた感じを漂わせる。
読みやすいかどうかといったら、決してそうではないんだけど、自分の内面を見つめながら
あるいわ自らの経験や過去を振り返りながら、この本の内容にはまりました。

語り手は、津田伸一という小説家。
彼の不倫相手の旦那の不思議な体験から、津田も奇跡な体験をするようになる。

ざっと書くとこんな安っぽい感じになるんだけど、語り方が巧みだから先を知りたくなるように興味をそそられながら読みました。

二度離婚して、自由奔放にネットで知り合った女たちとの逢瀬を繰り返す作家。
やがて、唯一の頼みの綱の編集者からも見放されて、堕ちてゆく。

決してみじめったらしい感じでなく、作家のその後の成り行きを描いている。
しかし、なんとも言えない、もの悲しい感覚にとらわれました。

特殊な能力を身に着けた作家の、新たな生活にむけての旅立ちは、避けられない厳しいさだめに踏み出す姿はとても印象に残った。

読了するまではかなりの労力を必要とした。
それだけ、いろいろな脳細胞とか感覚器官を刺激されたんだと思う。

まさに五感のすべてを総動員して味わう作品という感じかな。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

小説 | 22:12:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。