■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

双生児と戦争  クリストファー・プリースト著 「双生児」
クリストファー・プリースト

双生児


双生児 双生児
クリストファー・プリースト (2007/04)
早川書房
この商品の詳細を見る


かなり評判になっている、一種のSF小説。
いやー、かなり噛みごたえのある小説でした。

タイトルとおり、双子の人生を描いているんだけど、時代を行きつ戻りつしながら、いろいろな手記や資料なんかも織り込み、物語を構成している。

複雑に折り重なった物語が、どういう風に進んでいくのか興味をひきつけられながら読み進みました。

双子の人生と、第二次大戦、そしてナチスの幹部のルドルフ・ヘス。

ひとつの時代を双子の双方から描いたり、ちょっと現実と違っていたり、読者を惑わせるように物語は進んでいく。


正直、この小説をちゃんと読解できたかいまひとつピンとこないのだが、ただ物語の興味は失われなかった。

文章がいいし、読みどころがたくさん用意されている。

ナチスにほとんど知識がなかったが、ルドルフ・ヘスなる人物がロンドンに休戦交渉のために行ったってことも知らなかったし・・・。

これをきっかけとして、ルドルフ・ヘスをちょっと興味をもって調べるとなかなか面白かった。
戦後のニュルンベルク裁判では、精神的に錯乱していたとされる。

戦時中の混乱と双子という不思議な存在。
それらが、本全体から不思議な雰囲気を醸し出して、ひきつけられてやまないのだ。

読み終えた後は、ぐっと自分の心にたまった想いをじっくりと整理したくなる。

なかなか印象に残る小説だった。



双生児 双生児
クリストファー・プリースト (2007/04)
早川書房
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

翻訳本 | 00:26:39 | Trackback(4) | Comments(4)
コメント
こんばんは。
この作品気になっていました。
最近、時代を交差させて読ませる作品が多いような気がします。
この作品もそのようですね☆
ますます読んでみたくなりました^^v
2007-12-08 土 00:41:13 | URL | Betty [編集]
TBありがとうございます
読後、いろいろ妄想するのが楽しかったです。
とらえ方を変えたら違う解釈が得られそうで、
読み返すたびに新たな面白さがありそうですね。
2007-12-10 月 00:52:02 | URL | meg [編集]
こんばんは♪
TB入っていなかったらスミマセン。

週刊誌のランキングで二位に入っていたので手にとって見ました。
まずは第二次世界大戦当時のヨーロッパという時代設定が好みでした。
歴史の改変がしてあって、なにやら不思議な気分になりました。
完全にこの話を理解しているとは言い難いですが、とても魅力のある作品でしたよね。
スイスイ読めて気軽に楽しめたのは映画にもなった「奇術師」でした。
2007-12-10 月 21:57:00 | URL | ミチ [編集]
TB、コメントありがとうございます。
はじめまして今晩は。
面白かったですね。
何本もの線が交差し、離れ又交差する。
惑わされ、読み返し又惑わされる。
楽しかったぁ。
2007-12-10 月 23:30:07 | URL | ナカムラのおばちゃん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

双生児  クリストファー・プリースト
双生児   クリストファー・プリースト 早川書房 新刊のサイン会を開いていた、 戦争体験記を中心とした ノンフィクション作家スチュワート・グラットンのもとに J・L・ソウヤーという人物の手記を携えてその娘がやってくる。 J・L・ソウヤーこそ、グラッ... 2007-12-10 Mon 23:21:39 | ナカムラのおばちゃんの読んだん
暑くても寒くてもインドア派・ほんれびゅ
挙動不審@和井ですこんばんは。 今日の大阪、人体の体温より暑かったよ!? アレだよ、気象庁からなるべく運動しないようにお達しが出てるのに甲子園とか大丈夫?とか思っちゃうで... 2007-12-10 Mon 23:22:57 | 真・問わず語り的空飛び日記
「双生児」クリストファー・プリースト
 [amazon] イングランド中部ダービシャー州の町でサイン会を開いていた作家のスチュワート・グラットンは、サイン会を訪れたアンジェラ・チッパートンという女性... 2007-12-11 Tue 09:02:23 | Ciel Bleu
『双生児』。
 クリストファー・プリースト『双生児』の感想をこちらに。大大大好きな作家の待ちに待った新作。とにかくもう、うっとりして、くらくらして、茫然自失して、小説を読む幸せを噛み... 2007-12-15 Sat 10:21:33 | 日々のちょろいも 2nd

FC2Ad