■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
死をまねくノート 完結編  映画 「デスノート the Last name 」
デスノート旋風ももうさめた感のある昨今。
やっと完結編を見ました。

2冊目のデスノートが登場するというのは聞いていたのですが、
予想していたような展開にはなりませんでしたね。

DEATH NOTE デスノート the Last name DEATH NOTE デスノート the Last name
藤原竜也松山ケンイチ 他 (2007/03/14)
バップ
この商品の詳細を見る


Lと月(ライト)の対決。

これが今作の主な展開。
この対決、なんか裏をかいているようで、そうでないような感じで
すっきりしないというのが率直なところ。

ああでもない、こうでもないってデスノートをこねくり回すのが面倒くさくなりました。

やっぱスケール感が少年ジャンプの世界っていうか、なんかこじんまりとしていて、がっかり。
前編はなかなか面白いと思ったんだけどなぁ。

演出も演技もマンガチック。
第三のキラ、月とも、つかまって絶体絶命の状況でなぜか急に笑い出すんだ。
もう、その演技は飽き飽きって感じ。

また、第三のキラの女性キャスターの「ら」行の発音が気になってしょうがなかった。「キラゥ・・」
女優としては致命的じゃないかな。

あと、上原さくらの大根ぶりにも驚きました。
いやみなせりふをはくときの演技は、昼ドラのレベル。


アイドルが監禁されて、縛られているところは監督の趣味が丸出しって感じで、なかなか良かったと思いますが・・・。

映画的なスケールの広がりが、前編をこえていなくて小さくまとまったのがなんとも残念。
うまくまとめようとして、こねくり回しすぎ。


何もかもが中途半端で終わったって感じでちょっと消化不良でした。


DEATH NOTE デスノート the Last name DEATH NOTE デスノート the Last name
藤原竜也松山ケンイチ 他 (2007/03/14)
バップ
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

DVD | 23:14:13 | Trackback(7) | Comments(5)
コメント
こんばんは
タウムさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました。

今作、原作とは違った展開もありましたが結構楽しめました。
やはり「L」を演じる松山くんの怪演に救われた部分が大きいでしょうか。
それにしても女性キャスターの「ら」行は気になりましたね~
2007-11-03 土 00:43:12 | URL | Any [編集]
Lのスピンオフもスタートしましたね
タウムさん、こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
この作品、個人的には原作も知らなかったのですが、
月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の探りあいのシーンは楽しめました。
こじんまりまとめた、というのはそのとおりだと思いますけどね。。。(苦笑
Lがママチャリに乗るというスピンオフも話題ですが、
どれだけ意外感を出してくれるかは少し楽しみなところです。
2007-11-03 土 09:10:45 | URL | GAKU [編集]
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
そうそう確かに面倒くさくなりますね(笑)
原作もそんな感じだったかも。

映画はストーリーを楽しむというよりも原作の
世界観を忠実に再現してるところに感動しました。
Lの松山くん、ほんと怪演でしたね。
2007-11-03 土 12:44:32 | URL | こーいち [編集]
こんばんは
タウムさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。

原作の方はもっと「デスノート」をこねくりまわしているんです。
ルールも複雑でしたので、途中で「あれ?」ってことありました。
でも本は先に戻れることができるので、映画のように置いてきぼりにされることはないかもしれません。
原作もよろしければ是非読んでみてください。
2007-11-03 土 21:20:27 | URL | はらやん [編集]
私の意見としては、逆に原作の方はジャンプの枠を超えてよく出来ていると思いました。
スピンオフはLが主人公になるようですが、原作を読んでいる人にもサプライズを用意してくれる作品なので今からとても楽しみです。
2007-11-04 日 00:20:58 | URL | やじさん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

デスノート the Last name-(映画:2007年6本目)-
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、鹿賀丈史 評価:85点 公式サイト (ネタバレあります) 今頃ではありますが、デスノ後編です。 Lの異様なメイクと不自然な立居振る舞い(含む異常な甘味摂取)と、突.... 2007-11-02 Fri 21:55:01 | デコ親父はいつも減量中
【DEATH NOTE/デスノート the Last name】
◆監 督   ・・・ 金子修介 ◆原 作   ・・・ 大場つぐみ/小畑健 ◆脚 本   ・・・ 大石哲也 ◆CAST   ・・・ 藤原達也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/加賀丈史/片瀬那奈 ◆製作年度 ・・・ 2006年 ◆上映時間 2007-11-03 Sat 00:19:05 | +++ Candy Cinema +++
デスノート the Last name ~ 自分と同じレベルで戦える相手の存在 ~
~ 自分と同じレベルで戦える相手の存在 ~週刊少年ジャンプに掲載されていた人気漫画を映画化したこの作品。名前を書くだけで人が殺せる死神のノート“デスノート”を拾った天才とそれを追うもう一人の天才の頭脳戦が一番の見どころの作品です。キャストは舞台や大.... 2007-11-03 Sat 09:03:30 | Prototypeシネマレビュー
『DEATH NOTE デスノート the Last name』
緊迫感[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]       2006/11/03公開  (公式サイト)笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]感動度[:ハート:]娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]【監督】金子修介 【脚本】大石哲 2007-11-03 Sat 12:33:47 | アンディの日記 シネマ版
「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。 2007-11-03 Sat 19:51:59 | はらやんの映画徒然草
DEATH NOTE the Last name 06年228本目
DEATH NOTE デスノート the Last name2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オープ... 2007-11-05 Mon 21:31:30 | 猫姫じゃ
金曜特別ロードショー「DEATH NOTE デスノート the Last name」
映画deathnoteデスノート感想です。 発言者:→宵里、→春女、です。 2008-02-14 Thu 16:58:07 | kasumidokiの日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。