■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オールドミスの倒錯した恋心 映画 「あるスキャンダルの覚え書き」
この映画、まったく注目していませんでした。
このところアクション映画ばかりなので、たまには濃密な人間ドラマが見たくなって、おすぎのすすめにのって、シャンテ・シネで鑑賞してまいりました。

映画

あるスキャンダルの覚え書き

の感想です。


326971view001.jpg


ロンドンの中学で長年、厳格な教師として働いているオールドミスのバーバラ。
ある日、その中学に若くてきれいなシーバが美術教師としてやってくる。
自分ひとりの世界で生活するバーバラとは対照的にシーバは職場の同僚たちとすぐにうちとけ、楽しく過ごしている。
バーバラは、その様子を事細かに日記に記入していた。

その後、バーバラが生徒同志の喧嘩に困ったいたシーバを助けたことから二人の距離は縮まり、親しくなっていく。
そして、偶然バーバラがシーバの秘密を目撃してしまったことからその関係が微妙に変化していく。


冒頭から気持ちよく物語りにのめり込めるようなつくりがよかった。
シーバの孤独で単調な生活をうまく絡めながら、シーバを登場させて
そしてある事件が起こるんだよなぁ・・・。

326971view006.jpg


そして、なによりジュディー・デンチの演技。
もう、見ものですよ、皆さん。この歳でセミヌード(?)まで披露してるし・・・。正に正真正銘の女優だよ。
地味な映画なんだけど、嘘くささがほとんどないから、見ていてものめりこめるんだよな。

細かな部分でのセンスもいいよ。
まずは服装。いかにもって感じの服装。
オールドミスとちょっとおおらかな女教師がそれぞれキャラクターを表現するような服装でした。

そして、あの髪型。
バーバラのちりちりでぬれてるような、あまり人目を気にしてないようなヘアースタイル。もう、いるいるこんな人って感じでしびれましたよ。
それが、はじめてシーバの家にお呼ばれしておめかししていくんだけど、その時へアースタイルをバッと変えて、とってつけたような感じにするんだけど、それがまた可笑しいというかけなげというか、何とも良かった。

後半は、サスペンス色が強くなって目が離せないくなるんだよ。
オールドミスの過去なんかもさらっと出てきて、回りの人が彼女に距離をおいて、変人扱いしていたのがわかる。

ラストはバーバラが深く傷つくような展開なんだけど、でも、図太いねさすがオールドミスは・・・。

個人的には、ケイト・ブランシェットが大好きなんで中学生が羨ましくて仕方なかったです。

いやー、007とかにもでている同じ人だとは思えないくらい、いいよジュディー・デンチ
素晴らしい名演で、怖いくらいです。


孤独なオールドミスの狂気に背筋が凍りつく一作です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

スポンサーサイト


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

映画 | 08:33:12 | Trackback(9) | Comments(9)
コメント
はじめまして
たまたまの通りすがりです。
「あるスキャンダルの覚え書き」ですね。
ブログコメントだけで、誰かに良さを伝えたいという思いが伝わってきます。
雨の日続きは、映画がいいかもしれませんね。
2007-06-22 金 09:02:07 | URL | tabisan [編集]
こんにちは☆
TB&コメントありがとうございます。
すごく引き込まれちゃいました。
2人の女優さんの演技もすごかったけど、やっぱりジュディ・デンチでしたかね・・・
わたしもあの入浴シーンが衝撃的!でした☆

またよろしくお願いします。
2007-06-23 土 12:02:26 | URL | きらら [編集]
ジュディ・デンチは本当に怖かったですね。
その上、その心情や行動が、大いにありえると思うところがまたまた怖くなりました。入浴シーンの体のたるみを「見ろ!」って感じでさらけ出すところなんか、恐れ多くて拝みそうになりましたよ。
2007-06-23 土 12:11:39 | URL | やく [編集]
TBありがとうございました。
タウムさま

はじめまして。
ご訪問、TB&コメントありがとうございました。

>この映画、まったく注目していませんでした。

私もなんですよ。
たまたまおすぎさんが、「考えることのできる作品」というお勧めワードを聞きまして、つい見に行ったのですが、92分。

緊張感を持ってみちゃいましたね。
同じくシネ・シャンテでした。

最近、長い作品が多い中で、キラリでしたね。
また遊びに参ります。

2007-06-23 土 12:11:58 | URL | moriyuh [編集]
タウムさんこんにちは、いつもお世話になってます、
コメントTBいただいてありがとうございます。

ジュディデンチとケイトブランシェットの白熱の演技が良かったですね。
見入ってしまいました☆

名女優ふたりあればこその映画でした!
2007-06-23 土 16:11:49 | URL | mig [編集]
こんにちは
TB&コメントありがとうございました。

ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット共に大好きな俳優なのでとても見応えがありました。話があんな方向に進むとは思っていなかったので、その辺はショックでしたが。

>この歳でセミヌード(?)まで
思い出させないで下さい(笑)。
2007-06-23 土 19:29:57 | URL | えめきん [編集]
はじめまして!
コメントありがとうございました。
ジュディー・デンチの演技が演技じゃないみたいな迫力でしたよね。
あの終わり方、ホラー映画みたいでゾゾゾっとしました。
またおじゃまさせていただきます。
これからもよろしくお願いします♪
2007-06-24 日 00:42:31 | URL | AnneMarie [編集]
TBありがとうございました
こんにちは♪
初めてシーバの家におよばれに行くときのバーバラの気合の入れ方に注目してしまいました。
シーバの娘に「どこかへお出かけするの?」って突っ込まれていましたよね。
階級の違いなどがよく現れたシーンでした。
二人の女優の演技が素晴らしくて見入ってしまいました。
2007-06-24 日 15:15:35 | URL | ミチ [編集]
コメント ありがとうございます
>tabisanさん

じっくりと味わえる映画だと思いますよ、なかなかの佳作でした。
ぜひ・・。

>きららさん

あの入浴しーんは女優の根性を感じましたよ。
ジュディー・デンチ・・・。すごいです。

>やく さん

完全にオールドミスになりきってました。
本当に、拝みたくなりますね。

> moriyuh さん

それ程長くないのに、しっかりとした物語でした。
内容もなかなか良かったし、あの演技には誰もが目を見張るとおもいました。

>migさん

二人の演技はもう大満足でした。
堪能しました・・・。

>えめきんさん

おれも主演の二人は好きな女優なので、すごく楽しみました。
大体の話は知ってましたので驚きはしませんでしたが・・。

> AnneMarie さん

あのシーンはおれも好きです。
恋する乙女にもどっているように思えました。

迫力・・・ありましたね。
繊細で傷つきやすいなのに、意外と立ち直りもはやいので驚きました。

>ミチさん

2007-07-04 水 08:41:43 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

映画~あるスキャンダルの覚え書き
   ☆公式サイト☆美しい美術教師と、彼女に執拗(しつよう)な関心を抱くオールドミスの教師とのスキャンダラスな関係を描く心理スリラー。ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ 2007-06-23 Sat 12:00:03 | きららのきらきら生活
「あるスキャンダルの覚え書き」を観ました。
かなり怖い作品でした・・・。ヒトの執着ってやつですか? 2007-06-23 Sat 12:04:18 | My Favorite Things
あるスキャンダルの覚え書き(映画)女の醜さ極まれり
なんせ演じているのがこのメンバーですから、じっくり見入ってしまうのですが・・・大まかなストーリーを明かしてしまえば、中学校の、美しき女教師は生徒と関係を持ってしまい、老教師は親切な友人と見せかけて、弱みをつかんだ勢いでじっくりこの女教師を自分の囲い物にし 2007-06-23 Sat 12:12:49 | 漢方薬剤師の日々&映画
あるスキャンダルの覚え書き/NOTES ON A SCANDAL
ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが、アカデミー賞とゴールデングローブ賞で共にノミネートされ話題になった。この作品、20Th Foxさんから試写状頂かなかったらたぶん観なかったと思う。タイトルからしてつまんなそうだし。{/face_cry/}てっきり宣伝文句から、&qu 2007-06-23 Sat 16:12:50 | 我想一個人映画美的女人blog
あるスキャンダルの覚え書き
活気溢れる高校に、ある日美人の美術教師・シーバが赴任してくる。堅物の歴史教師・バーバラは、あるいざこざをきっかけに彼女と急速に親しくなっていく。シーバに対して確かな友情を感じたバーバラだったが、ある日シーバが生徒と関係を持つ場面を目撃してしまう。『エ... 2007-06-23 Sat 19:01:12 | 5125年映画の旅
あるスキャンダルの覚え書き
これは、ある意味変に思える(あくまで思えるとだけしたい)ヒトを描いて実はどいつがどうで・・・みたいな面白さが表面にはあるけれど、実際人間ってこうだと思う。だからオドロオドロというより、あり得るということだしそれはエゴと性癖と社会生活もぶつかりあいというこ 2007-06-23 Sat 20:33:31 | しぇんて的風来坊ブログ
あるスキャンダルの覚え書き
少年好き美人教師と中年レズストーカーの愛憎劇★40点(100点満点) 2007-06-23 Sat 23:51:44 | 世界の映画を斬る!
映画 【あるスキャンダルの覚え書き】
映画館にて「あるスキャンダルの覚え書き」アメリカで実際に起こった女教師の事件を基に作られた小説を、『アイリス』のリチャード・エアー監督が映像化。ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト 2007-06-24 Sun 15:12:21 | ミチの雑記帳
『あるスキャンダルの覚え書き』
(原題:Notes on a Scandal)----ニャんだか小難しそうな映画のタイトルだね。これって社会派映画ニャの?「いやいやどうして。ある意味、これはスリラーとも言えるかな。原作がブッカー賞の最終候補に残ったりもしたところから、硬めの作品を覚悟していたんだけどね」---- 2007-06-25 Mon 00:10:42 | ラムの大通り

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。