■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人気作家の考えが垣間見える 小川洋子著 「小川洋子対話集」
好きな作家の一人である小川洋子

彼女の対談本が出ていたので、とりあえず手に取りました。

小川洋子

小川洋子対話集

の感想です。

小川洋子対話集 小川洋子対話集
小川 洋子 (2007/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


総勢、7人と2組との対談が収録されている。
作品だけではわからなかった著者の考えや、作品の裏話がわかるのが何より興味深い。
また、この作家の趣味や趣向がわかるのも、作品を味わうためのいいスパイスになりそう。

例えば、最初に収録されているのは田辺聖子。
この作家が田辺聖子の作品を熱心に読んでいたとは意外や意外。
何作も話題にのぼっています。

それから、江夏豊佐野元春の二人は著者の趣味。
根っからの阪神ファンであり、佐野元春ファン。

この二つは、著者が二人を褒め倒していて、特に佐野元春は自慢話ばかりで、対談としては失敗の部類。

レベッカ・ブラウン柴田元幸、そして、五木寛之、岸本佐知子の3つは楽しめた。

文学談義、人生談義、日常やエッセイについて。
それぞれが著者と対談相手の意見がでて面白かった。
岸本さんのエッセイは、結構笑えるのでオススメです。
何気ない忘れてしまいそうなことを書き綴って、何となく、くすくすと笑い出してしまう。

ベスト・セラーの「博士の愛した数式」の誕生秘話みたいなものも語られているし、ファンにはたまらない一冊だと思う。

著者の豊かな感性に触れられる一冊です。

小川洋子対話集 小川洋子対話集
小川 洋子 (2007/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

対談 | 12:30:50 | Trackback(3) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
TB&コメント、ありがとうございます。
小川さんが熱心に野球の話をするのがおもしろかったです。
佐野元春のファンというのも意外でしたが。

そうそう、この本を読んで岸本さんのエッセイ集、図書館で予約しました。
2007-07-28 土 12:34:26 | URL | mint [編集]
タウムさんも小川洋子ファンなんですね。
この対話集に登場する対談は、出来不出来の差があったような印象があります。
いつも感じるのは調子に乗ってくると、色んな言葉が次々出てくる小川洋子さんの感性というかバイタリティにいつも自分は感心しきりです。
名前は忘れてしまいましたが、同世代の女性同士の対談は誰にも止められそうもなかったですよね。

最新刊の『博士の本棚』も店頭に並びましたね、表紙はまさに博士の愛した数式でした。
チラッと目次だけ眺めたんですが、これまた読まされそうな雰囲気でした。
タウムさんは色んなジャンルの本を読まれてますね、それからミーナの行進でもTBいただいていて・・・ありがとうございます。
私事ですが、この夏に神戸方面に旅行しようかと思案中です。
またよろしくお願いします。
2007-07-28 土 23:08:25 | URL | 雪になあれ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小川洋子対話集
☆☆☆☆・ 小川洋子対話集小川 洋子 (2007/01)幻冬舎 この商品の詳細を見るひっそりと暮らす人びとへ――――。田辺聖子*作家/日本 岸本佐知子*翻訳家/日本 リー・アン*作家/台湾 藤井省三*文学博士/日本 ジャクリーヌ・ 2007-07-28 Sat 08:35:09 | +++ こんな一冊 +++
『小川洋子対話集』
今日読んだ本は『小川洋子対話集』です。 2007-07-28 Sat 12:27:18 | いつか どこかで
小川洋子対話集 感想その1
小川洋子対話集 幻冬舎 2007年1月25日 まだ途中ですが、記憶があるうちに・・・ 時間順に読もうなんて布団の中で考えてたのに、いざ電車で本を開くと何がどの順番なのか分からず、頭から順に読んでます。 ほんとにアホです。 今日は田辺聖子さんからジャク 2007-07-28 Sat 22:47:11 | 雪になあれ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。