■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

ユダヤ人の迫害を正面から描いた監督、入魂作。 映画「ブラック・ブック」
この監督の暴力と性描写は、刺激的。

その監督が、なみなみならぬ力をいれて作ったという新作をみてまいりました。

映画

「ブラック・ブック」

の感想です。

S


第二次大戦時のオランダ。

ナチスドイツに占領され、ユダヤ人は迫害され、ドイツ兵は傍若無人に振舞う。
そんな状況に反発して、密かにレジスタンスとしてドイツに対抗しているグループもいる。

主人公のラヘル・シュタインはユダヤ人で、家族をドイツ兵に殺され、その後レジスタンスのグループと行動をともにしてドイツ兵へと復讐を狙う。

ユダヤ人の特徴を隠し、ドイツの指令部に潜入して盗聴器を仕掛ける。
その任務の途中、ドイツ人将校と恋に落ちる。
裏切りと陰謀の渦巻く時代で、恋と人生は大きく揺れ動いていく。


戦争映画なのだが、一人のユダヤ人の目線で描いていて、なんとも緊張感があった。

戦場のピアニストはユダヤ人の話だけど、隠れて逃げていかに生き残るかって話だったけど、こっちは積極的に行動して敵に一泡吹かせてやろうって話だからサスペンスがありますよ。

隠し持った武器が見つかりそうになったり、自分がユダヤ人だということがばれて窮地に陥ったり・・。

戦時中の混乱。
誰もが、自分だけのことを考え、私腹を肥やしたり、責任を押し付けたり、そして、仲間をうったり・・・。

一体、何を信用すればいいのか、わからない時代。
そりゃ、人の心も荒むよ。

そのあたりの混乱に翻弄される様子が本当に胸に来るよ。
日本人も同じようなことを体験したんだろうな。

物語としてもドンドン進むから、ぜんぜん飽きなかった。

ハリウッドとは違い、ちゃんとお金をかけている大作の雰囲気なんだけど、残虐なシーンもエッチなシーンもしっかり描いているように感じた。
不自然におっぱいが見えなかったりするのがなかった。

主人公を演じる女優、カリス・ファン・ハウテン。
結構美人でしたよ。
全身をさらけ出しての演技でした。
歌って、おどけているところは本当にかわいかったです。

ナチスへの恨みつらみだけじゃなく、最後の最後に、戦争を繰り返す愚かな人間を描いていたのが印象に残った。


戦時下での混乱で翻弄される人々の姿が胸にグットくる一作です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 09:23:09 | Trackback(5) | Comments(4)
コメント
タウムさん、こんにちは
そうそう、ラストが非常に良かったですよね。
また彼女は受難の日々を過ごすことになる…

サスペンスとしても良くできていて、尺は長かったけど見応えありました。
2007-05-03 木 09:57:10 | URL | りお [編集]
コメント ありがとうございます
>りおさん

サスペンスとしても良くできていました。
最後に意外な黒幕的な人物も判明したりして、最後まで飽きさせませんでしたね。
2007-05-03 木 21:44:31 | URL | タウム [編集]
タウムさん☆こんばんは。

コメントありがとうございますー。
面白い作品はつくづく長さがあっても気にならないものだなーと実感しました。
ポールバーホーベン作品、なんだかんだいってもけっこう好きなんですが
今回はこの女優さん、すごく良かったです♪
2007-05-04 金 01:24:48 | URL | mig [編集]
コメント、ありがとうございます
>migさん

主演女優のカリス・ファン・ハウテン。
良かったです。特に歌っているシーンはかわいらしかったです。
ナチスがやりたい放題の状況で力強く生き抜こうとする感じがよく出ていたと思います。

2007-05-06 日 09:51:52 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブラックブック
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ブラックブック/ZWARTBOEK2006年/オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー/144分監督: ポール・ヴァーホーヴェン出演: カリス・ファン・ハウテン/トム・ホフマン/セバスチャン・コッホ/デレク・デ・リント公式サイト... 2007-05-03 Thu 09:54:17 | Addicted to the Movie and Reading!
「ブラック・ブック」映画感想
ドイツ占領下のオランダでナチの将校とユダヤ人女性の愛憎を描いた、ブラックブック( 2007-05-03 Thu 15:34:45 | Wilderlandwandar
ブラックブック/カリス・ファン・ハウテン
けっこう話題の大作だと思ってたんだけど上映してるとこは意外と少ないんですよね。私は川崎のチネチッタで観たんだけど小さいキャパの劇場が割り当てられていたせいかかなりの盛況ぶりでしたよ。春休み映画としては他の作品に集客力で劣るのかな?確かに子供向けアニメって 2007-05-03 Thu 22:35:09 | カノンな日々
ブラック・ブック/ BLACK BOOK
『ショーガール』{/fuki_suki/}で、ゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)(愛すべき(たぶん)"最悪"映画賞)受賞経験アリの、ポール・バーホーベン監督の久々の最新作!!なんだかんだ言ってもわたし、ポール・バーホーベン作品好きだなぁ{/hearts_pink/}監督 2007-05-04 Fri 01:26:01 | 我想一個人映画美的女人blog
映画「ブラックブック」
 ポール・バーホーベン監督の新作「ブラックブック」を見てきました。名作だと思いま 2007-05-04 Fri 10:05:57 | ロック詩人・辻元よしふみのブログ

FC2Ad