■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

翻訳家による日本語の考察 柳瀬尚紀著 「日本語は天才である」
ジョニー・デップ主演でヒットした、映画「チャーリーとチョコレート工場」

今日の本の著者は、その原作「チョコレート工場の秘密」の翻訳者で、日本語に対するエッセイがその内容。

柳瀬尚紀

「日本語は天才である」

日本語は天才である 日本語は天才である
柳瀬 尚紀 (2007/02/24)
新潮社
この商品の詳細を見る


長年の翻訳家生活で感じた、日本語が天才だということを例をあげて説明している本です。

冒頭、なぜ日本語は天才であるかと感じた理由を事細かに説明しています。
英語の言葉遊びや駄洒落的表現を翻訳するのに、日本語でも、原文の楽しさやおかしさを壊さないように翻訳して表現することができるということです。

それ程、翻訳について考えていなかったのでこの辺の記述は、納得できませんでした。
なんか、無理やり対応させても物語の流れを壊しては意味ないし・・・。
なんだったら、原文と訳文を両方書いてくれれば、それでいいとおもうのだが・・・。

その後の日本語の考察は面白かったです。
様々な文献から専門家の意見を、引っ張ってきて、自分の考えを補っています。
それだけに、納得できることばかり。

漢字を日本語の文字として取りいれて行った時の戸惑いや困難。
罵倒表現が日本語にいかに少ないか。
ルビについて。
「お」の表現について。

面白かったのは、方言について書かれているところ、そして、「七」をナナと読むのは間違いなんじゃないかというところ。

著者は、北海道の根室出身。
故郷の方言で文章を書いていますが、うれしいことに8割くらいは解説なしでわかりました。
秋田出身の自分としては、著者に親近感が湧きました。

方言の翻訳ものっていますが、微妙に意味が違う。
この意味の違いをわかるのは何となくうれしい。
改めて、自分も心の基本は田舎の文化でできていると実感しました。

それから「七」について。
著者はどうやら将棋についての専門家でもあるらしく、新聞に対局の観戦記を書いたりしています。
そのときに感じた違和感。それが、「七」の読み方。
「七段」をナナダン、「七冠王」をナナカンオウとNHKのアナウンサーが連呼したこと。
正しくは、「シチダン」と「シチカンオウ」なのだ。
そのほか、世の中に蔓延する「ナナ」病を警告している。
しかし、日本語は間違いや言い違いがそのまま表現として一般化する言語だから、まぁ、それもまたいいかって自嘲的な文章ものっけています。

著者の人柄がわかるような、程よい軽さがある文章で、結構、いい事を言っているのにまったく堅苦しさを感じませんでした。

最後の最後に載っている「いろは歌」についてのところも面白かった。
日本語の48文字全部を一回だけ使って文章をつくるというもの。
有名なのはあの
「いろはにほへとちりぬるをわか・・・・・」
です。

これがまた、言っている内容が素晴らしく高尚じゃないですか。
人生についての哲学的な教訓。

同じことを英語でやろうとすると、狐が犬を飛び越えた・・みたいな文章になるんです。

それを読んで俺も実感しましたよ。

やっぱ日本語は天才だ。

日本語の懐の深さと積み重ねられた歴史を実感する一冊です。

日本語は天才である 日本語は天才である
柳瀬 尚紀 (2007/02/24)
新潮社
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エッセイ | 19:37:17 | Trackback(2) | Comments(3)
コメント
易しく判りやすい内容でしたが、おっしゃっていることはナカナカに深く、日本語の面白さを理解するのも、私には大変だなと思いました。
2007-07-03 火 23:57:13 | URL | nanika [編集]
コメントいただいたびんごです。
日本語ってホント柔軟なんだなあと感じます。柳瀬氏にとってみれば面白くてたまらない言語なのでしょう。裏を返せば使い方こなしが難しいということでしょうか。
ところで、拙blogにTB送られた件ですが、当方リンクなしTBをリジェクトしておりましたので、受信できておりません。しばらくの間その設定を解除していますので、ご面倒でなければ再送して下さい。
2007-07-04 水 21:45:08 | URL | びんご [編集]
コメント ありがとうございます
>nanikaさん

言葉遊びだけかと思いきや、日本語の歴史の深さを感じさせるないようでしたね。

>びんご さん

日本語と日々付き合っている著者だけあって、いろんな角度からいろいろと考えているなと感心しました。
TB、もう一度チャレンジさせていただきました。

2007-07-06 金 10:20:51 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『日本語は天才である』
『日本語は天才である』  柳瀬 尚紀/著  新潮社(2007) この著者、J・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』・『ユリシーズ』、ロアルド・ダール作品などの翻訳者である。英語、日本語の超一流プロフェッショナル。ジョイスを翻訳したのだから、この 2007-07-03 Tue 23:41:02 | 本だけ読んで暮らせたら
日本語は天才である 柳瀬尚紀
種明かしから入る。タイトルは石川啄木の自伝的小説「雲は天才である」をもじったものだ。著者があとがきでその事に触れている。ならば啄木の著書もそうだが、タイトルが単なる陳述ではなく一種のレトリックである事は明らかだ。 近年の日本語ブームに乗って〈美しい〉日 2007-07-05 Thu 00:46:37 | カンガルーは荒野を夢見る

FC2Ad