■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
貧しかった少年の波乱万丈の人生  ポール・オースター著 「ミスター・ヴァーティゴ」
ポール・オースター。

小説好きには、いわずと知れた現代アメリカ文学の旗手。
先日「ティンブクトゥ」を読んだばかりですが、何せその作品には定評がある作家ですので、間をおかずに読んでみました。

ポール・オースター著

「ミスター・ヴァーティゴ」

の感想です。

ミスター・ヴァーティゴ ミスター・ヴァーティゴ
ポール オースター (2001/12)
新潮社
この商品の詳細を見る


まずは、ご覧の表紙が印象的。
これは、原書と同じだそうで、アメリカのマンガ家の作品だそうだ。
何となく童話的というか児童文学的な雰囲気を感じるが、実際、そういう空気を感じた。

逆さまになっているのが、語り手で主人公のウォルト。
そして、なんか不気味で怪しい男が、ウォルトの人生を大きく左右することになる“師匠”ことイェフーディー。

冒頭からいきなり引き込まれるよ。

「十二のとき、俺ははじめて水の上を歩いた」

みなし児だったウォルトがイェフーディーに拾われて、ともに生活し成長していくって話。

でも単純に絆とか感動とかの話じゃないよ。
だって、いきなりウォルトに、お前はケダモノ同然で人間としてはゼロだが、自分についてくれば空を飛べるようにしてやる・・・っていきなりそこまで言うのかって辛辣な言葉をぶつける。しかも、9歳のガキに・・。

でも、当のウォルトも負けてはいないよ。
そんな人間いるわけねぇだろ、おっさんって言い返すから。

まぁ、とりあえずはこの怪しいおっさんにウォルトはついていくんだ。
でも、待っていたのは荒地の一軒家の農場での家畜の世話。
当然、ウォルトは何度もその家から逃げ出すのだが、そのたびになぜか師匠に連れ戻されてしまう。
そのうち、ウォルトは師匠を見る目が変わってきて、空を飛ぶ練習に専念していく。

様々な出会いそして、別れも描かれていて、それも、この少年の成長に影響を与えている。

マザー・スー
イソップ
ミセス・ウィザースプーン

読み終わってみるとなんていい日々だったのかと自分のことのように感慨にふけってしまう。

スリム伯父という身内が、運命を大きく揺さぶることになったりして、決して長さを感じさせない。

それから、アメリカの歴史も一緒に描かれている。
時代は20世紀前半から戦後にかけての激動の時。

KKKや世界恐慌、第二次世界大戦。

その歴史に翻弄されるんだよ。
しかも、無残な形で・・・・。

いろんなことがある人生。いいこと、悪いこと、どうでもいいこと。
それを全部含めて人生なんだ。

どんなことがあっても、とりあえず人生は続くし、どうにか生きていかれる。
たまには、深く傷つき、ひどく落ち込むこともあるだろうけど・・・。

まぁ、人生、何とかなるもんだ。

そんな、力強いメッセージが心地良かった。

自分の人生の最後の最後、しみじみと幸せだったと感じられる人生。
そう、なれたらいいなぁ。

まだ、この先、いろいろあるだろうけど、この本にちょっとエールを送られた感じがした。
ほっと安心できるような・・。

訳者があとがきで書いているように、イキのある語りで、辛辣で残酷で現実的な内容もなんかちょっと軽い感じに読めるので、全編とおしてまったくたるみみたいなものを感じませんでした。

読み始めてすぐに、この物語がいとおしく感じて、すこしも離れていたくなかったです。
途中、悲しい別れのときは、ホントにジーンとして、あれだけ粗野で野卑だったウォルトが良くぞここまで成長してくれたと涙がでそうでした。

一人の人生を掘り起こせば、どんな人にでも、いろいろあるでしょ。
それを、じっくり味わった感じ。
でも、これだけ波乱万丈なひとはそうはいないけど・・・。


生きていく勇気を感じ、人生について想いを馳せる一冊です。


ミスター・ヴァーティゴ
  • 著:ポール オースター
  • 出版社:新潮社
  • 定価:740円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く



ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

スポンサーサイト


テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 23:22:09 | Trackback(5) | Comments(4)
コメント
はじめまして
コメントを失礼します。
中古品の情報を集めていて、こちらのサイトの
記事を紹介させていただきましたので、ご連絡
させていただきました。
該当の記事は
http://oldtsubo.blog100.fc2.com/blog-entry-7.html
になります。
2007-04-17 火 00:35:50 | URL | 中古のつぼ [編集]
タウムさん☆おはようございます。
昨日はジャッキー・ロビンソンデーでした。
イソップが今生きていれば、あんな目には遭わなかったのになぁ!
こんなに面白い作品を書いているポール・オースターをこれから注目していきたいって思います。
2007-04-17 火 08:02:20 | URL | Roko [編集]
TB&コメント、ありがとうございました。

つらい時も幸福な時も永遠に続くことはなく、何があっても一つ一つ受け止めて、力いっぱい前へ進んでいく感じがたまらない小説でした。
励まされますよね。

本好きの方と知り合えて嬉しいです。
これからも寄らせていただきますね。
2007-04-20 金 12:13:57 | URL | naocco8 [編集]
コメント ありがとうございます
>Rokoさん

イソップとやっと心と心が通った矢先の、あの悲劇。
当時は、あんなことが当たり前にあったのだとすると、本当に恐ろしくなります。


> naocco8 さん

本当に前向きなメッセージで、勇気付けられました。
ぜひぜひ、またお越しください。
そして、オススメの本がありましたら教えてさい。

2007-04-21 土 00:30:53 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『ミスター・ヴァーティゴ』 ポール オースター
著:ポール オースター 訳:柴田 元幸 出版社:新潮社 定価:740円(税込み 2007-04-17 Tue 07:58:27 | ついてる日記?
ポール オースター『ミスター・ヴァーティゴ』
私のお気に入りの作家の一人であるポール オースターを久しぶりに読んだ。 彼の小説... 2007-04-18 Wed 21:28:39 | 土偶StaticRoute
ミスター・ヴァーティゴ
ミスター・ヴァーティゴポール オースター Paul Auster 柴田 元幸 / 新潮社ここ何年か、好きな作家の本ばかり何度も繰り返し読んできましたが、角田さんの本と出会ったところから、久しぶりにいろいろな作家の本を読んでいます。これまでポール・オースターは、いわゆるニュ 2007-04-20 Fri 12:04:27 | 雨は止まない
ポール・オースター著『ミスター・ヴァーティゴ』
早く読みたいと思いつつなかなか読む時間を作れなかったんだけど、やっと読み終えました。ミスター・ヴァーティゴポール オースター Paul Auster 柴田 元幸 ひとりの少年の物語がアメリカ社会に寄り添い跳ね返され、暗部を直視することであらたなリアリティーを獲得したファ 2007-04-20 Fri 18:08:49 | Come Talk to Me
ミスター・ヴァーティゴ@ポール オースター
ミスター・ヴァーティゴポール オースター新潮社740円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/海外純文学_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();なんとも不思議な手触りの作品でした。とてもいびつででも魅力に溢れていて、思い切りぎゅーっとこの作品にしがみついてみ 2007-05-08 Tue 23:11:47 | どちらでもいい

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。