■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
野望はやがて汚れて・・・ 映画「オール・ザ・キングス・メン」
ひさしぶりの映画です。

久しぶりに映画館に行ったきました。

上映時間が待たないものってことでこの映画です。

まぁ、何となくネットで内容は調べていきましたが・・・。


「オール・ザ・キングズ・メン」

の感想を・・・。

1001542_02.jpg



主演は役人から州知事へとのし上がる役をやっているショーン・ペン
そして、その州知事を取材する新聞記者にジュード・ロー。

そのほか、ケイト・ウィンスレットがヒロインで出演している。

この作品は、実話をもとにした小説の映画化だそうで、さらにリメイクでもあるそうですよ。
まったく知りませんでした。


時代は、戦後。場所はルイジアナ州。

政治家の汚職や癒着に批判的だった一役人のウィリー。
彼の告発した小学校校舎の杜撰な工事が、やがて事故で小学生が3人死ぬという形で証明され、ウィリーは世間の注目を集める。

そして、州の役人にすすめられるままに州知事へと立候補するのだが、政治に絡む様々な思惑があり、ウィリーは票を割らせるために立候補させられたのだ。
新聞記者のジャックにそれを知らされたウィリーは、予定されていた選挙演説原稿を破り捨て、自らの言葉で民衆に話し始め、多くの人の心をとらえることになり、州知事に当選するのだが・・・。

貧しい人達を救うために立ち上がった、志はやがて汚れた野望へとかわっていくのだ。


1001542_01.jpg


この映画が今の日本で公開される意義は大きいように思った。
貧困層と富裕層の対立。
知事と新聞記者もその代表として描かれるのだが、そのたちばが微妙に変わっていって、逆の立場のようになる。

汚職にまみれる貧困な家庭生まれの知事。
知事へと肩入れし、身内を犠牲にする富裕層出身の新聞記者。

ショーン・ペンジュード・ロウも良いですね。
地味だけど、安心してみていられました。

やがて、知事となり様々な権力を手中にしていく様。
その尊大で傲慢な様子はショーン・ペンにぴったり。
うまかったです。

ただ、この悲劇、人間の葛藤を盛り上げるためにちょっとやりすぎなほどに音楽が鳴り続けます。

1001542_03.jpg



この時代は映像的に、見栄えがするのかも知れないが、もう既にどこかで見たような感じであまり真新しい感じはしなかった。

埋葬のシーンは雨、射殺されたシーンの血、銃撃シーンのスローモーション。

いいんだよ。いいんだけど、新しくないんだよ。

まぁ、贅沢を言わなければ十分楽しめますね。

人間の弱さと政治に渦巻く思惑を思い知らされる一作です。

オール・ザ・キングスメン オール・ザ・キングスメン
ブロデリック・クロフォード (2003/03/21)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


すべて王の臣 新装版 すべて王の臣 新装版
ロバート・ペン・ウォーレン (2007/03)
白水社
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | 22:26:54 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

オール・ザ・キングスメン
4月7日(土) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4料金:1200円(レイトショー料金) パンフ:600円すごい昔の映画のリメイク。その昔の映画だが、製作時に政治的なことから、日本で公開されず、日本公開されたのは、1976年のことだという。よってもって政治的な映画らしい。っ 2007-04-14 Sat 23:13:31 | ダイターンクラッシュ!!
★★ 『オール・ザ・キングスメン』
2006年。 Columbia. "ALL THE KING'S MEN". スティーヴン・ザイリアン監督。ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、ジェ 2007-04-15 Sun 09:48:20 | 映画の感想文日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。