■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

意外と内容充実  小栗左多里 トニー・ラズロ著 「ダーリンの頭ン中」
この著者の本って、結構売れましたよね。

「ダーリンは外国人」シリーズ。

その「姉妹本」がこの本ですよ。
根がへそ曲がりなもんでなんか騒がれてると手に取ろうと思わないんですよ。
タイトルに「ダーリン・・」ってあるからには、さぞや鳥肌が立つようなのろけ話満載だろうって勝手に判断して・・・。

でも、意外でした。

今日は、小栗左多里トニー・ラズロ

ダーリンの頭ン中 英語と語学

の感想です。
ダーリンの頭ン中 ダーリンの頭ン中
小栗 左多里、トニー・ラズロ 他 (2005/03/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


副題に「英語と語学」とあるように、外人のダンナと暮らして感じる映画と日本語の違いやその裏にある文化の違いについて描いているエッセイマンガです。

イメージだけで、もっとやわらかい内容かと思いきや、ちゃんとしてました。
著者が疑問に思うこともしっかりとして、いいところをついていて、その疑問を受けてダンナが答えることも的を得ていて、いろいろ考えさせる内容と来ている。

おまけに小難しいことを言っている割には、読みやすい。
このマンガが、いまどきのなごみ系のマンガで、読んでいてもぜんぜん胃にもたれないのでいつまでも読めてしまうんです。
人気なのもよくわかりました。

(普通のマンガは絵や描写がどぎつくて、読んでいてすごく疲れてしまうたちなんです・・・)

単純に「へー・・・」とうなってしまうトリビア満載。
「トリビア」という言葉の語源も載ってるし。

シンデレラの意外な意味

朝鮮語と日本語の類似点

日本の恥ずかしい“マンション”名

外国名がどの外国語を元にしたものか

意外にむずかしい日本語の発音

「ザ」を「ジ」と言い換えなくてもいい!?


そのほか、興味深いものばかり。
すんなり読めて、その上内容もしっかりしている。

巻末にこの外人のダンナが学者と対談しているのがのっているので本人が写真で載っていた。
マンガのキャラクターを味わったあとに、リアルな毛むくじゃらの外人の親父にちょっと幻滅。
できれば出さないでほしかたなぁ・・・。
まぁ、著者の目にはマンガのように写っていたんだろうな。
作者としての思惑もあるだろうが・・・。


明らかに日本語と英語の違いを描いているのに、副題が「英語と語学」だって・・・。
「英語」と「日本語」でいいじゃん。

「国語」と「日本語」ついてのコラムも書かれてあって、底辺に日本についての反感が静かに流れている印象もうけた・・。

ダーリンの頭ン中 ダーリンの頭ン中
小栗 左多里、トニー・ラズロ 他 (2005/03/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


日本語と他の言語について考えさせられる一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

漫画 | 20:34:31 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして
ご訪問ありがとうございます。
たくさん読んでいらっしゃるんですね。
参考にさせていただきます。

わたしはこのダンナのキャラがなかなか好きです。
2007-05-27 日 21:00:00 | URL | おざく [編集]
コメント ありがとうございます
>おざくさん

このシリーズが人気なのもわかります。
気軽に読めるのに、結構、考えさせられたりします・・・。
2007-06-03 日 21:50:20 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad