■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
道警シリーズ第三弾 佐々木譲著「警察庁からきた男」
ついこの間読んだ「制服捜査」

なかなか良い駐在さんの小説だったなぁ・・・と感慨に浸ったいたら、道警シリーズの新作が出たということで早速読んでみました。

佐々木譲著

「警察庁から来た男」


の感想です。

警察庁から来た男 警察庁から来た男
佐々木 譲 (2006/12)
角川春樹事務所
この商品の詳細を見る



未読なんですが、「うたう警官」の続編的な作品だと思います。

道警の裏金疑惑を内部告発し、今は、警察学校の総務係営繕担当に左遷された津久井が主人公。

警察庁長官官房監察官室、藤川。
彼は、道警の人権を無視した職務怠慢や怪しい転落死亡事故を事件性なしと、捜査しなかった事が、海外メディアに道警と裏世界との癒着と報道されたことで、内部を監察に道警に乗り込んでくる。

藤川は、内部監査の協力を津久井に要請する。

仲間を売ったとして、津久井は多くの警官からは白い目で見られていた。しかし、津久井に賛同する仲間も少なからずいた。
津久井は道警のため、真面目に働いている警官達のためと、藤川からの要請を受ける。


職務怠慢と転落事故。
二つの事件には何か共通する事があるのか。
裏の社会と関連しているのか。
担当している人間はまったくの別の警官と捜査官。

資料から見ても、職務や私生活に問題のある警察官達ではない。

藤川と津久井。そしてそのほかの協力者達。
彼らは、組織を守ろうとする道警の中で、癒着の事実を突き止められるのだろうか。
癒着しているとすれば組織的なものしか考えられない。
とすれば、その組織とは・・・。

ストーリーとしはこんな感じ・・・。


前半、人物がいろいろでてきて、場面もいろいろ出てきて、物語に入るまでちょっと時間がかかるかも・・。
でも、一度、内部監査の話が始まると面白いよー。
どんどん引き込まれた。

どうも警察内部に、情報を裏の社会に流す人物がいるとわかってから、えさを撒いて罠をかけたり、資料をあたって癒着している組織の存在を突き止めたり・・・。

興奮したよ。

ところどころに読者をひきつける伏線もありつつ、物語は最後まで息をつかせぬ感じで進むよ。

おそらくは現実に似たようなことがあったのかも・・。
警察内部が、まるで津久井たちと一緒に行動しているかのように臨場感たっぷりで描かれている。

キャリアとノンキャリア。
定年後の再就職。
裏金。
階級。

いろいろな警察の事情も盛り込みながら、ラストは、津久井と藤川が真相へと迫るのだ。

ベテラン作家だけあってうまいですよ。飽きさせない。
ホント、ぐいぐいラストに向けて引っ張っていく。

正義と悪。
どこで分けるか、ホントに微妙だと思う。
職務怠慢はいけないけど、ちょっとぐらいなら癒着は良いんじゃないの。お互いもちつもたれつってことで・・・。

だから、津久井から追及される側になんか同情しました。
彼らにもいろんな事情があるんじゃないの、そんなカタイこと言わないでって・・・。
でも、度が過ぎるのはまずいけど。
公務員である警察官がベンツに乗っていたり、高級マンションにすんでいたり。

実際の北海道警察がどうなのか、今度はノンフィクションを読んでみたくなりました。
特に、この本に何度も出てくる「郡司事件」について・・。

どれだけ道警は腐敗していたのかな。

でも、真面目に法と秩序の番人をしている人がほとんどだと思う。
あまり、嫌なお巡りさんに会ったことないし・・。

警察の内部を垣間見られる一冊です。
警察庁から来た男 警察庁から来た男
佐々木 譲 (2006/12)
角川春樹事務所
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

エンタテイメント | 09:54:51 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
コメントありがとうございます。このシリーズに限らず佐々木譲さんの作品はスピード感があっておもしろいですよね。私も北海道在住なのですが、郡司事件=稲葉事件はかなり報道されて昔はよくニュースでやっていました。
2007-05-12 土 20:15:58 | URL | ぶらんこ乗り [編集]
TBさせていただきました。
機会があれば、是非『うたう警官』をお読み下さい。
こちらはスケールが大きくて、更にスピード感もあり
ドキドキハラハラさせられますよ~。
ドラマにすると面白いのにな…と思いましたし。
2007-05-12 土 21:02:06 | URL | naru [編集]
ご訪問・トラバありがとうございます。たまに訪問させてもらいます。
よろしく!
2007-05-13 日 19:31:07 | URL | sishunzi [編集]
コメント ありがとうございます
>ぶらんこ乗りさん

機会があれば稲葉事件のノンフィクションを読んでみようと思っています。

> naru さん

「うたう警官」
読もう読もうとは思っているのですが・・・。
なかなか読めずにいます。
そのうち必ず読みたいと思います。

>sishunziさん

ぜひぜひ、またおいでください。
2007-05-25 金 22:32:17 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

佐々木譲『警察庁から来た男』
「うたう警官」に続く、道警シリーズ第2弾。 2007-05-12 Sat 20:59:50 | 待ち合わせは本屋さんで

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。