■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
現場からの静かな報告。 蜂巣敦著「殺人現場を歩く2」
この本の内容は・・・。

タイトル、そのまんまです。

それ以上でも以下でもありません。

蜂巣敦

殺人現場を歩く2」

の感想です。

殺人現場を歩く2 undercurrent 殺人現場を歩く2 undercurrent
蜂巣 敦 (2006/07/21)
ミリオン出版
この商品の詳細を見る


事件もののノンフィクションが大好物な身としては、ご馳走そのもののような本です。
人が殺された場所を訪れて、写真とともにその現場の印象を記しています。

記憶に残っている事件もあれば、まったく忘れてしまったものもある。
普通に生活していると、次から次へと流される事件報道で忘れられていく事件を立ち止まって、振り返るのにはちょうどいい。

全部で20の事件現場のルポルタージュ。
考えただけでなんか胸が詰まりそうだが、ひとつひとつの事件を取り上げた分量が短く、内容もあっさりしているので、想像よりもさらっと読める。

この「あっさり」がキーワード。
事件をあまり深く掘り下げないし、被害者、加害者、それぞれがほとんどイニシャルで綴られている。
ちょっと事件とそれに関わった人間と距離をおき過ぎている感じがするが、人間同士の関係が希薄になった現代ではこのぐらいがぴったりなのかも・・・。

未解決事件もあって、心が痛むこともあった。
現場写真は、何も言われなければ殺人が起こった場所だとは気づかないだろう。
普通の住宅街だったり、道だったり、日本のどこにでもある風景の一部なのだ。
しかし、間違いなくそこで、人が人を殺している。

静かで、色彩のない写真。
それだけに、被害者の悲鳴、流れたであろう血が頭に浮かび上がってきてしまった。

犯罪は多かれ少なかれ現代社会の歪みを写しだしていると思う。
事件を振り返り、見つめなおすことは次に進むためにやるべきとても大事なステップだと思うのだ。
住みよい社会をつくるために・・。

ニュースだけでは分からなかった事件の姿に気づく一冊です。

殺人現場を歩く2 undercurrent 殺人現場を歩く2 undercurrent
蜂巣 敦 (2006/07/21)
ミリオン出版
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 20:11:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。