■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

夫が失踪した女 川上弘美著 「真鶴」
独特の文章。

現実的でありながら、なんとなく、現実とは違う世界にいる登場人物達。


著者の本は、なぜか、好きなんです、「センセイの鞄」を読んでから。

著者の本は、「センセイの鞄」「ニシノユキヒコの恋と冒険」「古道具 中野商店」「夜の公園」に続いて、5冊目です。

というわけで、川上弘美

真鶴

の感想です。

真鶴 真鶴
川上 弘美 (2006/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


著者の小説は本当に独特。

ぶっきら棒で、味気ない描写。それでいて、印象的。
登場人物も、つかみどころがない感じ。
激しい人や熱い人は、まず出てこない。
汗や体臭も感じさせない。それだけに、存在感を感じない。
セックス描写もほかの作家のように、ぐっとくるようには書かずにあっさり、さらっと描くんだ。
だけど、その透明感というか軽量感みたいなものがたまらなく魅力的なんですよ。

男なのに、なぜか、この作家にハマッてます。


母と娘と3人で暮らしている物書きの京。
12年前、突然、夫が失踪している。
現在は青茲という編集者と不倫関係にある。

何かに引き寄せられるように、京は真鶴失踪した夫の足跡を見つけに、何度も出かけていく。
この世のものではないものと会話をしたり、ありそうもない幻想をみたり・・・・。

「21:00」というなぞのメモを日記にのこしていた夫。
時が経って、娘が成長しても夫の礼の記憶に苦しむ京。

自分ではない、ほかの女といた礼の姿。
確かに見たあの記憶は、幻想だったのか。

事件なのか、事故なのか、駆け落ちなのか。
答えの見つからない疑問だけに、京は悩む。
自分に何か、夫を失踪させるような理由があるのか・・・。

いつもの川上節って感じで、古風な言い回しや言葉が随所に織り込まれている。
それから、この著者の魅力のひとつ、日常の、庶民的な食べ物の描写も出てくる。

鯵のたたき定食
イカの塩辛
ワンタン麺
雑煮
杏仁豆腐・・・


夫の失踪に意外と傷ついていた京。

人生のコマを次に進むために、一段上がるために、真鶴での時間は欠かせないステップだったのか。

あるいは、もう既に直りかけている傷にたいする、京の名残惜しさからの行動だったのか。

深く傷ついたとき、必要以上に落ち込むのもいけないが、無理して立ち直るのも考え物なのだろう。
しっかり、時間をかけて自分の心を再生させる。

・・・肝に銘じておきます。

とりあえずは、真鶴に行ってみたくなりましたよ、やっぱり。
なんか変なものが付いてこないことを祈りながら・・。

川上弘美ワールドにどっぷりと浸かれる一冊です。

真鶴 真鶴
川上 弘美 (2006/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

小説 | 20:16:33 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

川上弘美の「真鶴」を読んだ!
「真鶴」のカバーと表紙ブックカバーは白地に深紅の明朝体で大きく「真鶴」とあり、度肝を抜かれます。中身を取り出し、本の表紙はと言うと、「すもも」の絵だけしか描いていない表紙が出てきます。ブックカバーと表紙はあまりにも対照的です。装画は高島野十郎の「すも 2007-04-08 Sun 21:27:33 | とんとん・にっき

FC2Ad