■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アメリカのオタクにびっくり  パトリック・マシアス著 「オタク・イン・USA ~愛と誤解のAnime輸入史」
いまや世界中で、日本の漫画やアニメが楽しまれているのは誰もが知るところ。

しかし、今日の本を読むとアメリカにおいて日本のマンガアニメが、どう扱われて、どう受けとめられていたかが良くわかる。
ちょっと、マニアックだけど・・・。

というわけで、今日は

パトリック・マシアス著

オタク・イン・USA

               愛と誤解のAnime輸入史

の感想です。

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
パトリック・マシアス (2006/08/09)
太田出版
この商品の詳細を見る


著者は、俺と一緒の1972年生まれ。
アメリカのカリフォルニア、サクラメントで子供のころから日本のアニメに魅せられ、大人になったいまはアニメや漫画専門のライターとして働いている。
日本にも、何度も来ていてそのオタク的知識は日本人でも叶わないよ。
だって、アキハバラは素晴らしい町だっていってたし、メイド喫茶とか大好きらしいよ。

まず、アメリカの学校にもタイプとかグループがあるってことを改めて思い知らされた。
日本だと、スポーツマンタイプ、ガリ勉タイプ、オタク、文化系、体育会系、といった感じの種類。
それがアメリカだと、ジョックス(スポーツマン)やナード(ガリ勉)やギーグ(オタク、機械マニア)というもの。

しかし、最近はギーグのことをOTAKUとよぶらしい。
そう呼ばれることに本人達は誇りをもっているっていうんだから、ほんと不思議だよ。

外人は日本のことなんてちっとも興味がないと思っていたけど、それも古い話なんだな。まぁ、日本に興味があるのは、一部のひとだけだと思うけど・・・。

自由で、夢と希望に溢れた国・・・アメリカ。
しかし、それは幻想だってことに日本人もそろそろ気づかなくちゃダメでしょ。
日本だって、いいところもあるし、アメリカにもある。
単純に西洋コンプレックスで何も考えずに向こうのやり方なんかを取り入れるのは間違いだよ。
だって、あの、自由の先進国、アメリカ国民の著者がこんな事をこの本の中でいっているんだよ。

「世界のオタクたちが日本のオタク文化とファースト・コンタクトするきっかけはそれぞれ違うけれど、根っこの部分には共通するものがあると思う。つまり、彼らはみんな生まれてからずっと自分をとりまく環境、支配的な文化にたいして不満があって、そこからの脱出を日本製のファンタジーに求めたんだ。・・・・(略)・・・アメリカ文化も・・保守的になっちまって他人と違うことを夢見る者にとっては劣悪な状況だ。ジョックスとチアリーダーの支配、厳しいセックスのモラル、教条主義的な善悪二元論、そんな抑圧的な価値観からの解放された自由な考え方をアニメマンガは教えてくれた。もはや日本人はナードではなく、クールな伝道師だ。・・・・」
ちょっと、信じられる?
日本のアニメには、アメリカにはない解放的な自由があるってよ。
日本を知らないのは日本だけってことか・・・。

日本は窮屈そうに見えるけど、もう既に結構自由なのかもよ。
少なくてもアニメやマンガの世界は・・・。

そのアメリカ人である著者の価値観だけで眼からウロコだったね。

そのほか、ガッチャマンやマジンガーZ、ガンダム、エヴァンゲリオン、セーラームーン、ゴジラなんかがどうアメリカで紹介されたかを詳細に綴っている。

多くは、文化の壁を考慮して切り刻まれ、新しいシーンを追加したりしてアメリカ用に加工してある。
それは、アメリカ人に受け入れられるように暴力やセックス描写を極力削除するためでもあるのだが・・・。

それにしても、日本って暴力やセックスの表現にそんなに寛容なのかね。アメリカ人がそういうんだから、そうかも知れないけど。
内側にいると分からないよ。

後半には、ごく最近のアメリカのOTAKUの世界が描かれている。
特に、インターネットの普及で仲間を探しやすくなって、新たなコミュニティーができたりしている。
コスプレ姿を公開したり、新たな商売を始める人やマニアックな趣味をネットに載せたりしているOTAKUたち。

何から何まで、日本のアニメが成功するわけでもないし、企業の思惑で日本のオリジナルとはもうかけ離れたしまっているものもあったり、そのへんは文化の壁とか、予想もできない展開をしている作品もある。

ハリウッドも日本のアニメの実写化にむけて次々と映画化権を買いあさっているらしい。

ルパンも実写になるらしいし・・・。


いずれにしても、マンガやアニメがもう日本の大きな文化として世界に広がったのを実感できる。
もっと、大事にして、誇りにしてもいいかもね。

まぁ、日本を褒めてるからちょっとのぼせ上がるけど、日本のマンガ家もハリウッド映画とか外国の映画なんかに影響を受けてるし、それぞれが影響し合っていいものや新しいものができるんだろうね。

日本のアニメやマンガがどうアメリカで受け入れられているかがよく分かる一冊です。

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
パトリック・マシアス (2006/08/09)
太田出版
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 21:21:58 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マジンガーZ『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪作の漫画、およびそれを原作とする東映動画のアニメ作品。その作中で主人公が乗り込む巨大ロボットの名称でもある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article 2007-07-29 Sun 16:59:37 | このマンガが読みたい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。