■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
酒と女と暴力 ジエイムズ・カルロス・ブレイク著 「荒ぶる血」
このミス2位の作品です。

この著者はまったくの初めて読みました。

そのタイトル、いいじゃない。興奮するよ。
なんか体中の血が騒ぐって感じだよ。

今日は、ジェイムズ・カルロス・ブレイク

「荒ぶる血」

の感想です。

荒ぶる血 荒ぶる血
ジェイムズ・カルロス ブレイク (2006/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


タイトルからも何となく分かるとおり、ハードボイルド、男の世界を描いている。

メキシコ革命のときの殺し屋の血を引く、ジミー。
今は、アメリカでマフィアのマセオ兄弟の下で、殺し屋として働いている。
二人は、スロットマシーンをいろんな店において、使用料を取って組織の収入にあてている。
ジミーの仕事は、仲間のブランドやLQとマシーンの収入をごまかした店の主人を改心させるために、手や足の指をつぶしに行ったり、マセオ兄弟の島に勝ってにマシーンを置いた別の組織の人間達を襲撃したり・・・。

秩序がない時代のアメリカ。
力だけが秩序だった時代のアメリカ。

少しでも怯んだり、弱みを見せるとすぐ誰かにつけいれられる。そんな、緊張感が常に付きまとう。

運命の女、ダニエラがジミーがいる町にやってきて、二人は出会い、すぐに惹かれあう。
しかし、ダニエラはメキシコで農場を経営するセサールに拉致されて、かこわれていた内縁の妻だった。
その歳の離れた夫と、息の詰まるようの生活に嫌気がさしたダニエラは夫の元を抜け出し、親戚のいるアメリカに来ていたのだ。
しかし、セサールの手下がダニエラを探しにやってきて、ジミーのいない間に連れたいかれてしまうのだ。

いくつもの時代が登場し、出てくる人物も多いよ。
だから、最初はなかなか入りこめないだな、これが。

ただ、ひとつひとつの場面は読み応えがあるよ。
うまいし、興奮した。

ダニエラと出会うのが、小説の半分くらいのところ。
それまでがちょっと、長く感じた。
でもそれからはもう、すごいよ。

ジミーの生い立ちやこれまでの人生の回想はあるし、敵対する組織の人間の襲撃の出張はあるし、ダニエラとのラブシーンもあるし・・・。
そして、ラストは期待を裏切らないね。

男を描いた小説だから、もう、飲む打つ買うは当たり前。
でもそれだけじゃなくて、家族への愛情、友情、絆、そんなしびれる要素もちゃんと盛り込まれている。

壮絶な銃撃シーンがあると思うと、家族との悲しい別れがあり、逃避行があったり、いつも馬鹿を言い合っているLQとブランドの粋な優しさがあったり・・・・。

ジミーの辛い過去も語られて、野生的で、無頼な生き方しかできない運命のようなものを感じる。

いいなぁ。
やっぱ、男に生まれたら喧嘩に強くて、いい女を手に入れなきゃ、生きてる価値ないのかも・・・。
無理とは分かっていても、こんな無頼にあこがれるよ。

この人は描写もいいよ。
ダニエラとジミーは海で泳ぐんだけど、月夜の海の様子やダニエラの美しさが心に沁みたよ。素晴らしかった。

内容盛りだくさんだし、読んで損はないと思いますよ。

登場人物が多くて、途中でわけわかんなくなったけど・・。
人物表にもない人も結構いるんで・・。

強い男とその生き方にしびれる一冊です。

荒ぶる血 荒ぶる血
ジェイムズ・カルロス ブレイク (2006/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 00:27:41 | Trackback(2) | Comments(4)
コメント
ありがとうございました!
コメントありがとうございました!
TBの方はこちらの方が調子悪いのか反映されておりません(涙)。

この作品、最初はとっつきにくい部分はありますが、中盤以降はグッと非ひきこまれますね。
この著者の「無頼の掟」の方は読まれましたでしょうか?
まだでしたら是非そちらも手に取ってみて下さい。
そちらも男の世界を描かれていて、特にラストシーンはしびれますよ!
2007-03-25 日 22:46:05 | URL | しゃお [編集]
コメント ありがとうございます
>しゃおさん

時代が行ったり、来たりでちょっと集中できないですよね。
でも、読み終わると読みどこら満載だった気がして、ずっしりと充実感に包まれました。
2007-03-25 日 23:13:22 | URL | タウム [編集]
ご無沙汰してます。
現実にこんな奴らがいたらたまったものじゃありませんが、物語世界では実にカッコいい。
我々はその物語世界で活躍する男達の言動に惹かれ、その虚構世界から得た思考を、場合によっては現実世界に形を変えてフィードバックしてしまうことがあります(私だけ?)。。。カルロス・ブレイクが描く世界には、そんなコトがたくさん出てくるように感じます。
2007-03-25 日 23:55:38 | URL | nanika [編集]
コメント ありがとうございます
>nanikaさん

現実世界にフィードバック・・。
しますよ、します。勝手に勇ましくなっちゃいますもん。
2007-04-02 月 19:35:47 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『荒ぶる血』 ジェイムズ・カルロス・ブレイク
著者:ジェイムズ・カルロス・ブレイク,  訳:加賀山 卓朗 『荒ぶる血』 (文春文庫) ジミー・ヤングブラッド。マセオ兄弟というギャングが支配する街“ガルヴェストン”で、そのボスの片割れであるローズから最も信頼される殺し屋。暴力と硝煙の中で自分の中 2007-03-25 Sun 22:42:20 | 固ゆで卵で行こう!
『荒ぶる血』
? 荒ぶる血 ジェイムズ・カルロス・ブレイク/著、 加賀山 卓朗/訳、 文春文庫先日読んだばかりの 『無頼の掟』 の余韻を残したまま、続けて第2作も読んでみた。登場人物や展開は異なるが、今作もまた、犯罪に手を染める男たちの物語だ。主人公や 2007-03-25 Sun 23:45:54 | 本だけ読んで暮らせたら

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。