■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第135回芥川賞受賞作 伊藤たかみ著「八月の路上に捨てる」
芥川賞受賞作。

著者は、作家の角田光代のダンナでもある。

夫婦で、直木賞・芥川賞の受賞ははじめてらしいです。

今日は、伊藤たかみ

「八月の路上に捨てる」
の感想です。

八月の路上に捨てる 八月の路上に捨てる
伊藤 たかみ (2006/08/26)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


著者の略歴を見ると、意外と作家としてキャリアが長いと思った。

95年に大学在学中に、デビューし、文藝賞を受賞している。
それから、いろんな児童向けの本を書き、賞をもらったりしている。
芥川賞も今回が3回目の候補で受賞。
まあ、それだけ実力がある作家って事かな。

表題作のほかに、短編の「貝からみる風景」も収録。
どっちかっていうとこっちの方が、俺としてはすきだったな。

書評なんかを書いている男が、日課としているのが行き着けのスーパーの「お客様の声」のコーナー。

毎日、客から店への様々な苦情やら要望なんかが手書きで書かれている。そして、店側からの回答を書き加ええはりだしてある。

いろんな人間がいるなぁ、と主人公の淳一はいい気分転換になっている様子。
そのうち、ひとつだけ気になる投書があり、「風太郎スナック」なるものをどうして販売しなくなったのかという怒りのもの。

店側の回答は、そのような商品はとりあつかってないと書かれている。

それでも、次の日には、確かにこの店で買ったと投書が書かれている。
子供が泣いて困っているとまで書いてたりして・・・。

夫婦で、その投書をした人物を妄想し合うんだ。

スーパーの投書はないけど、神社でぶら下がっている絵馬を見ることはある。あれって、結構楽しいよ。

○○大学に合格できますように・・・とか、母の病気が早く良くなりますように・・・だとか、なかには宝くじが当たりますように・・なんてのもあって世の中いろんな願いがあるもんだと、感心したのを思い出す。

しかも、絵馬はやっぱり手書きっていうのが、また、一層味わい深くしている。だって、その字の書き方、大きさ、使っている筆記具の種類なんかでその人物を何となくイメージしてるから・・・・。


表題作も悪くはないよ。

自動販売機に飲み物を補充するしごとをしている、フリーターの敦。
職場を異動することになった先輩社員の水城さんとの最後の同行の日。
その先輩に求められて、離婚までの経緯を語る。

その日の二人の働きっぷりを織り交ぜながら、結婚して、やがて、心がずれて互いにその存在がうざったくなって行く過程が丁寧に書かれている。
女房が卑屈になり、すこし精神を病んできて、とても自分では支えきれなくなり、たまたま出会った美容師の女と不倫する。
そして、敦は離婚を申しでる。

それとは、対照的に、今日でこの仕事が最後の先輩は、再婚を決意していた。
それぞれ年代や性別や立場はちがうが、みずからの人生において大切な決断をしたもの同士が、正直に語りあう。

異性について、結婚について、離婚について。
真面目すぎず、ふざけすぎず、ごくありふれた感じが良かった。

特に違和感なく読めました。
これって結構重要だと思うんだよな。

読みながら何となく、すわりのわるい表現があったりするともうその先に進む気力がなくなってくるから・・。

分量も少ないし、休日とか、ちょっと長い移動のときに読むには最適。


離婚の大変さを実感する一冊です。

八月の路上に捨てる 八月の路上に捨てる
伊藤 たかみ (2006/08/26)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

小説 | 01:02:36 | Trackback(3) | Comments(7)
コメント
63歳のオジサンも素直に読めました。
今度の芥川賞『ひとり日和』よりはるかに前向きな人間像に好感をおぼえます。
『ひとり日和』をどう読まれるでしょうか。
2007-03-22 木 17:35:41 | URL | よっちゃん [編集]
コメント ありがとうございます
>よっちゃんさん

「ひとり日和」・・・。
未読です・・・・。すいません。おまけに読書スケジュールがこの先5冊まで決定しておりましてしばらくは読むことはないと思いますが、ぜひ読ませていただきます。

ちなみにこちらからコメントを残そうと思うのですが、どうも相性が悪いらしくダメです。
勝手にTBすることになりますが、迷惑でしたらどうぞ削除してください。
2007-03-22 木 19:05:16 | URL | タウム [編集]
こんにちは。
感想読ませていただきました^^
確かに読みやすい小説でしたよね。
内容に関しては、なんだか、2人の幼さばかりが印象に残ってしまっています。
こちらからもTBさせていただきました。
2007-03-23 金 07:23:51 | URL | TRK [編集]
こんにちは
タウムさん、こんにちは!
出かけていたので、遅れてしまってすいません!
>表題作のほかに、短編の「貝からみる風景」も収録。
どっちかっていうとこっちの方が、俺としてはすきだったな。
 私もです。でも、表題作も、読みやすくて悪くなかったです☆
私は奥さんの角田さんのファンなので、どこかこの伊藤さんにも
通じる何か?を感じる様な気がしました
2007-03-25 日 14:22:57 | URL | latifa [編集]
コメント ありがとうございます
>TRKさん

TBありがとうございます。
次回作も読みたいと思います。

>latifa さん

たしかに夫婦でどこか通じる感じがあるような気がします。
意識しなければ、そのまま通りすぎてしまうような小さな傷をすくいあげているところなんかは・・・。
2007-03-25 日 23:10:43 | URL | タウム [編集]
こんにちは
はじめまして。
TBありがとうございました!
私は、文藝春秋のほうで読んでしまったのでもう一つの
作品を読んでいないのですが、良さそうですね。
興味を持ちました!
2007-03-27 火 09:11:05 | URL | non [編集]
コメント ありがとうございます
> non さん

さらっと読める小説で、意外と良かったです。
ぜひ・・。
2007-04-02 月 19:24:49 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

伊藤たかみの「八月の路上に捨てる」を読む!
とりあえず「選評」でも、と思って読んだら、さっそく、山田詠美、「相変わらず、いかすことを言う姐さんだなー、と感心してしまいました」とあり、そして「って、どなただか解っちゃいますよね」と、書いてたりもしています。 なにしろ、一気に読んでしまいましたよ、第13 2007-03-22 Thu 10:31:40 | とんとん・にっき
八月の路上に捨てる / 伊藤たかみ
第135回芥川賞受賞作であるこの作品が、文藝春秋に掲載されていたので読んでみました。文藝春秋 2006年 09月号 [雑誌]文藝春秋 2006-08-10売り上げランキング : 23969Amazonで詳しく見る by G-T 2007-03-23 Fri 07:18:41 | GOKURAKU Days
芥川賞の伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」「ぎぶそん」の感想
今年の芥川賞を受賞された「八月の路上に捨てる」を読んでみました。以前にもちょっと書きましたが、伊藤たかみさんは、私が最近お気に入りの作家さんの「角田光代」さんの旦那様だそう。伊藤たかみさんの「ぎぶそん」という小説から先に読んで、次に、この「八月の路上に捨 2007-03-25 Sun 14:20:15 | ポコアポコヤ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。