■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

現代のアメリカの父と息子 映画「トランスアメリカ」
主演のフェリシティー・ホフマン

この映画の演技で、昨年のアカデミー賞、主演女優(!)賞にノミネートされました。

公開時に観たいと思いながら観れなかった作品。
DVDでやっと鑑賞しました。

映画

トランスアメリカ

の感想です。
トランスアメリカ トランスアメリカ
フェリシティ・ハフマン (2007/01/27)
松竹
この商品の詳細を見る


主演のフェリシティー・ホフマンが演じた役が特殊なんです。

長年、男の体と女のこころの性別のズレに悩んでいる性同一性障害のブリー。
念願の性転換手術を数日後に控えたある日、自分の息子という若者の保釈保証人になってほしいと留置所から連絡がある。
自分とは関係ないとやり過ごそうとするのだが、カウンセラーの担当医に、過去の自分を乗り越えない限り性転換手術の同意書のサインはできないといわれ、仕方なく若者を留置所に迎えに行く。
出てきた若者、トビーは、薄汚れ、見るからに不遇な人生を送って来たと分かる。
ブリーは、トビーの話を聞き、学生時代に一度だけ女性と関係を持ったときにできたと、思い当たる。

それから、トビーをロス・アンゼルスまで送り届ける旅に父と子は出るのだが・・・。

女になろうとしている男・・の役を本物の女が演じている。

この映画、公開された時にホフマンの演技がなんてうまい俳優なんだと
絶賛され、実際のホフマンが女だと知ってびっくりした人も居たんだそうです。

それだけに、女っぽい男(?)、男っぽい女(?)がハマッテました。

まず、その化粧。
うまいね。

なんというか、あの厚塗り感。
いかにも化粧してますって感じのおばさんが気張ったときのメイクが普通の女じゃない雰囲気をかもし出していました。

それから、時折見せる男としてのしぐさ。

息子の部屋に行って、自分の学生時代のまだ男だったときの写真を見せられてがっくりして、股を広げるところはいかにも男って感じだった。

決して、エンターテイメントとして楽しめる作品ではないけど、いろいろな想いが浮かんでくる。

人間の個性って一体なんなのかって事とか。

性別が違ったら自分は違う人間で何か変わるのか。
性別がその人の価値や存在意義を決めるのか。

キリスト教文化のアメリカでは、性転換に対する考えも厳しいのだろうな。
実際、何でもありの自由の国としてのイメージがあるけど、同性愛なんかに対する社会的圧力強くて、結構、保守的らしいし・・・。

ゲイが街中をパレードして、差別をなくそうって訴えているけど、あれだけパフォーマンスをしなければならないほど社会では拒絶されているんだと思う。
(有名なメジャーリーガーも明らかに同性愛者なのに、社会からの批判にさらされて、自分は同性愛者じゃないといわせられていたのを思い出す)

日本をはじめ、東洋は比較的同性愛者に対しては寛容だといわれている。
いまじゃ、テレビで同性愛者のことを見ない日はないしね・・・。
バラエティー番組だと、一カマ・一デブ・一ハーフって定番になりつつあるし・・・。

現代のアメリカの問題点を他にもいろいろ描いている。

息子が義父から受けていた性的虐待。
貧困、ドラッグ、ネイティブアメリカンなんかのマイノリティー、
宗教、家族・・・・・。

一握りの大富豪がいる一方で、様々な問題がひしめいているんだな。
アメリカ。

息子を演じている、ケビン・ゼガーズ。
リバー・フェニックスの再来といわれているらしいです。
たしかに、ちょっととんがっていて、だけど、心の奥底に優しさを秘めている少年って感じがよくでていたと思う。

ジャニーズファンの人には、人気がでそうな顔だな。
日本で公開される次回作はどんなもんかによるけど・・。

ラストは、アメリカ映画っぽくないフェイド・アウトって感じの終わり方。無理やりオチとかハッピーエンドにしなかったのは良かったとおもう。・・・だけど、ちょっと物足りなさを感じてしまった。

ちなみにフェリシティー・ホフマンの旦那は、俳優のウィリアム・H・メイシーなんだって。知ってた?
今回、初めて知りましたよ。
この映画では、プロデュサーとして名を連ねています。

フェリシティー・ホフマンが本物の女ってことは、あの放尿シーンのちんちんは特殊メイクかなにかかな。
誰かの吹き替えか?


性別、親子、家族について深く考えさせられ、現代社会の生きにくさを実感させられる一作です。


トランスアメリカ トランスアメリカ
フェリシティ・ハフマン (2007/01/27)
松竹
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:DVD - ジャンル:映画

DVD | 12:53:50 | Trackback(5) | Comments(8)
コメント
コメントありがとうございました
こんにちわ。コメント&TBありがとうございました。
うちはスパム対策で「言及リンクを含まないトラックバック制限」設定をしておりますので、残念ながらTBは反映されておりませんでした。申し訳ありません。

「トランスアメリカ」私は劇場で見ましたが、何度もじっくり見るのならばDVDの方がいいかもしれませんね。
扱ってるテーマは重いものばかりだけれど、暗くならずに楽しめる映画だったので、入門編として色々な問題を考えるきっかけに出来そうです。
2007-02-10 土 15:01:28 | URL | 宮城 [編集]
はじめまして。
こんにちは!
アメリカの抱える問題をさりげなく盛り込んで
なおかつ観客を楽しませてくれる脚本に感動しました。
ホフマン、すごかったですねー。
私も実は男かと思って途中まで見てました。
あの微妙なファッションもおかしかったですねー。
通販でしか買わない、という設定なので
あのように体に合わない服なのだそうですよ。
ケビンくんにはやられましたー。
2007-02-10 土 16:19:51 | URL | あさこ [編集]
TBありがとうございました。
本当に、タウム様のおっしゃる通り、彼女の演技にも脱帽しました。
私恥ずかしながら、作品を見て後から彼女だと知りました。
どこかで見たことあるけど、誰だっけ?・・・男性だと思っていたから思い出せるわけもありませんでした(笑)

とても深い映画ですね。
2007-02-10 土 16:35:02 | URL | aco [編集]
こんばんわ!コメント&TBありがとうございます!

フェリシティ・ホフマン、、、彼女って女だったんですね。ボクは見てる間ずっとおっさんだと思ってました(笑)。
それにしても色々と考えさせられました!
2007-02-11 日 01:25:07 | URL | あっしゅ [編集]
拙ブログへのコメントありがとうございました。
TBは、当方とくに制限しておりませんが、反映されておりません。なぜでしょう?(当方から他のブログにTBを送っても相手方に反映されないことも時々あります)
さて、私はこの映画を昨年8月に映画館で見て、とても奥深さを感じました。楽しいロードムービーなのですが、心の琴線に触れるテーマが盛り込まれていましたね。
タウムさんの記事で、半年前に見た映画のディテールが思い出されました。
2007-02-11 日 10:37:33 | URL | 悠歩 [編集]
コメント ありがとうございます
>宮城さん

確かに、深刻な問題が結構ありましたが、決して暗くはなかったですね。
なかなか味わい深かったと思います。

>あさこさん

通販でしか服を買わない・・・。
そうなんですか。本編でそう描写されてたのでしょうか。
見逃したのかな。
この監督の次回作も見たいと思いました。

>acoさん

何も予備知識を持たずに観るのが映画を存分に楽しむ方法だとおもいますが、どうしても映画評なんかをみてしまうんで、この主演の人が女だということを知りながらみてしまいました。
それでも、素晴らしい演技だと思いました。

>あっしゅさん

女なんですよ。
結構有名らしいです。
印象に残る作品でした。

>悠歩さん

TBもう一度挑戦してみます。
映画館で見たかったですね。
味わいもまた違ったものになったかもしれません。
2007-02-11 日 11:31:59 | URL | タウム [編集]
はじめまして。トラックバックありがとうございました。

とても重たい問題を重たくしすぎずに描いてくれたことが、
逆にアメリカの抱えている問題を考えさせてくれるきっかけを
与えてくれているように感じました。

フェリシティ・ハフマンの演技は、さすが!の一言ですね。
最近だと、ドラマの「デスパレートな妻たち」に出演してますが、
男顔だけれども元はキレイな女優さんですよね。

映画館で鑑賞したので、次は自宅で
まったりと飲みながらじっくり鑑賞したいです。
2007-02-13 火 09:55:44 | URL | 皇子 [編集]
今晩は
申し訳ありません。先に違う記事をTBしてしまいました。お手数をおかけしますが削除願います。
親子の情を描いたいい映画でした。

2007-02-26 月 18:54:42 | URL | ゴブリン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トランスアメリカ
映画「トランスアメリカ」を見てきました。完全に女性になる為の性転換手術を1週間後に控えた主人公が、自分が男性だった頃に出来た息子の存在を突然知らされたことで始まる旅。男性であることも父親であることも隠し 2007-02-10 Sat 15:03:37 | イバラ日記
トランスアメリカ
この映画は7月に関東の実家に帰ったときに母が「よかったわよぉ。」と言ってたので 2007-02-10 Sat 16:14:51 | とっさの絵日記
「トランスアメリカ」
 (原題:Transamerica)性転換手術直前のおっさんの前に、昔自分が“正真正銘の男”であった頃に出来た息子が突然現れ、一緒に旅をするハメになる・・・・というアイデア“だけ”で作られた映画のように思える。筋書きはあまり練られていない。 そもそも、息子が男娼であ 2007-02-10 Sat 19:58:20 | 元・副会長のCinema Days
トランスアメリカ
  評価:★6点(満点10点) 2005年 103min 監督:ダンカン・タッカー主演:フェリシティ・ハフマン ケヴィン・ゼガーズ フィオヌラ・フラナガン本当の父と息子でも、決して言えない秘密がある、、、。  ↑人気ブログ... 2007-02-11 Sun 01:26:29 | Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
トランスアメリカ
mixiの日記にも感想を書いたけれどもネタバレなしだったので、こちらはネタバレも 2007-02-13 Tue 09:46:23 | Prince Line 玉座への1歩

FC2Ad