■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無差別殺人と嘘つき女 宮部みゆき著「名もなき毒」
久しぶりの宮部みゆき

「誰か」以来のめぐり合わせ。

これは、おそらく「誰か」の続編でしょうね。
この、逆玉の輿の設定は読んだ記憶がある。うん、たしか。

ということで、宮部みゆき

名もなき毒

の感想です。


名もなき毒 名もなき毒
宮部 みゆき (2006/08)
幻冬舎
この商品の詳細を見る



読後の最初の感想は、「長い!」ってこと。

とにかく長い。

新聞連載だからなのか、話がほんとにゆっくりと進む。
まぁ、じっくりといろんなことを書き込んで、宮部ワールドが好きな人にはこたえられないだろうけど。
大概、俺も宮部ファンだと思ってたけど、ちょっとこの長さ、長さを感じさせる内容には、疲れましたよ。

大企業体の今多コンツェルンの総帥、今多嘉親。
主人公の杉村二郎はこの嘉親と愛人の娘、菜穂子と結婚。
出版社をやめて、現在は今多グループの広報誌編集部に勤務している。
逆玉ってやつだね。

この、うらやましい杉村二郎が、事件や問題を解決するって話。
決して、頭脳明晰でスパスパ難問を解決するっていうような爽快さはなく、普通に生活して考えて、ちょっと二郎が動くと真相がわかるってかんじ。

全体的に、優しい。優しいよ。
まぁ、いい意味で宮部ワールド炸裂っていう印象ですね。

この主人公がまた、いい人なのよ。
怒らないし、穏やかで、著者本人をあらわしているような人柄。
「宥める」って言葉が何度も出てくる。
いつも宥めてばっかりジャン。この男。
それだけ、いつも冷静なんだね。

そして、暇。
社内報の編集はもちろんしているんだけど、まったく関係ない相談事を引き受けたりして、どんだけ暇なんだよ。

この格差社会からは羨ましい身分だよ。

現代の世相を結構取り込んでいて、いろいろ出てきますよ。

リフォーム

いじめ

老人介護

ワーキングプア

シックハウス症候群

土壌汚染


などなど・・・。


庶民を描くのがうまい著者。
今回も、普通に暮らす庶民を描くのだが、主人公は違う。
何せ、巨大企業体の総帥の娘婿だから、杉村家は、庶民とはちょっと違って、所々にセレブ感が漂う。

例えば、
家政婦が登場したり、年末の大掃除は業者に頼んだり。

世間を騒がせる無差別殺人と、編集部をクビになった女が引き起こす問題を交互に描いて引っ張っていくのだが・・。
それでも、長いよ。
ラストは、この両方の問題が一気に解決って感じだけど、もっと短くてもよかった。
新聞連載だから仕方ないかも知れないけど・・・・。

唯一良かったのは、編集部をクビになった女のイカレっぷり。
嘘はつくわ、傲慢だわ、最悪。
不思議なのはこんな女が競争を勝ち抜いて、編集部に採用されたこと。
ちょっと矛盾しているよ。
いくらなんでも気づくでしょ。こんなにいやな女なら・・・。

宮部ファンがじっくり宮部ワールドに浸るにはうってつけ。

誰もが持つ、名もなき毒
現代社会の生きにくさ。辛さ。理不尽さ。
そんなことを考えさせる一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

エンタテイメント | 13:42:39 | Trackback(9) | Comments(10)
コメント
こんにちは。タウムさん。

>現代社会の生きにくさ。辛さ。理不尽さ。

まさにそんな作品でしたよね。
読後はいろんな事を考えさせられました。

さすが宮部さんです。
2007-03-17 土 15:18:25 | URL | ゆう [編集]
トラバ有り難う御座いました^^

たしかに「長い」ですよね(笑)
2007-03-17 土 20:32:24 | URL | 加代子 [編集]
>ゆうさん

現代日本が抱える問題がいろいろ盛りこまれていて、考えさせられました。

>加代子さん

また、こちらからもお邪魔します・・・。
2007-03-17 土 22:07:19 | URL | タウム [編集]
TBありがとうございました
現代の世相をうまくとりいえたお話でした。
さすが宮部さんですね。
2007-03-18 日 11:00:13 | URL | 花 [編集]
こんにちは
そうですよねー。

確かに、主人公のセレブっぷりには、ちょっとね。

仕事も気楽そうだし……、でもセレブはセレブで大変そうな
ところもあって、
うらやましいような、そうでないようね。

でも名もなき毒ってタイトルにドキッっとしました。
はじめは宮部さんの作品だから、
すいすいと何気なく読んでいたのですが、
読み終わったあとに、タイトルを見る……、
なるほどそういうことか、と感心しました。

そういった意味では、GOODな作品でした。

追伸:TBありがとうです。
   これからもお互いに頑張っていけるとうれしいです(^^)
2007-03-18 日 18:17:36 | URL | ゆうすけ [編集]
TBありがとうございました♪
私はあまり長いとは感じませんでした。
ただどうしても探偵役の杉村がお金持ちの道楽のような感じで探偵気分を楽しんでいるように見えてしまってそこがちょっと馴染めなかったです。(^^;
2007-03-18 日 19:55:53 | URL | 板栗香 [編集]
優しいけれど、同じくらい毒もある作品でした、私にとっては…。いろんなこと考えちゃってうっかり読後に暗い気持ちに…(笑)。本一冊でこれだけ人の気持ちを揺さぶれる、宮部さんにはほんと脱帽です。
2007-03-19 月 11:58:29 | URL | chiekoa [編集]
コメント ありがとうございます
>ゆうすけ さん

気長にむりせずに更新しようと思いますので、これからも宜しくお願いします。また、関連のことがあったらTBさせていただきます。

>板栗香さん

たしかに切実な感じはしなかったですね。なんかほんわかする感じで・・・。それが魅力なのかも知れませんが・・・。

>chiekoa

第一線で活躍している作家だけあって、簡単には終わらせないという意地を感じました。
社会が少しでも良くなればという希望みたいな物を・・・。
2007-03-22 木 18:57:05 | URL | タウム [編集]
はじめまして
自分も宮部さん好きな一人です。

すごいイメージの湧く本の紹介されてて、
本選びの参考になります☆

またちょくちょくお邪魔します!
2007-03-23 金 23:50:11 | URL | すがぬま [編集]
コメント ありがとうございます
>すがぬまさん

ぜひぜひ、またのお越しをお待ちしております。
2007-03-25 日 23:14:36 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

名もなき毒 宮部みゆき
青酸カリによって毒殺されるという連続殺人事件が発生。ひょんなきっかけで、今多コンツェルンで社内報を編集している杉村三郎は、事件に隠された真相を探る事となった。現代に潜んだ問題を絡めながら、無差別連続殺人事件の真相を探る長編ミステリー。ミステリーの... 2007-03-17 Sat 15:19:27 | かみさまの贈りもの~読書日記~
名もなき毒*宮部みゆき
☆☆☆☆・ 名もなき毒宮部 みゆき (2006/08)幻冬舎 この商品の詳細を見るどこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシ 2007-03-17 Sat 16:35:33 | +++ こんな一冊 +++
「名もなき毒」宮部みゆき
扱うテーマは暗いものの、悪意を理解することのできない悲哀というより、理解していきたいという前向きな気持ちを感じる分、落ち込んだりすることなく読めました。どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三.. 2007-03-17 Sat 18:04:00 | 読書とジャンプ
名もなき毒
宮部 みゆき 名もなき毒 [要旨]どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無 2007-03-17 Sat 21:15:27 | 乱読日記
名もなき毒 毒の複雑な意味
名もなき毒 感想☆☆☆☆ 宮部みゆき 幻冬舎 やっと読みました、「名もなき毒」。 杉浦三郎さんが主人公になる 「誰か」の続編だったとはつゆ知らず。 前作「誰か」の事件の話や、 人物設定などがかなり引き継がれているので、 未読の方はぜひ「誰か」からどうぞ。 2007-03-17 Sat 21:58:41 | ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 
偶然が重なりすぎ 「名もなき毒」
評価:70点名もなき毒幻冬舎このアイテムの詳細を見る小説の感想100作品目。宮部みゆきの新作。安定した面白さではあります。「名もなき毒」というタイトル・テーマも中々よいですね。様々な事件が絡むのは面白いのですが、ちょっと偶然が重なりすぎかな?って気がします 2007-03-18 Sun 00:33:35 | 平気の平左
名もなき毒
名もなき毒宮部みゆき  幻冬舎 2006年8月 連続無差別毒殺事件の4人目の被害者が出る。今多コンツェルンの私生児菜穂子の婿である杉田は、社内報の仕事をしていた。そこでアルバイトをしていた原田いずみが、満足な仕事ができない上におこりっぽいので、彼女を 2007-03-18 Sun 10:56:22 | <花>の本と映画の感想
宮部みゆき  名もなき毒
名もなき毒宮部 みゆきどこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父 2007-03-18 Sun 19:52:42 | マロンカフェ ~のんびり読書~
名もなき毒 [宮部みゆき]
名もなき毒宮部 みゆき 幻冬舎 2006-08義父が会長を務める財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。期 2007-03-19 Mon 11:56:35 | + ChiekoaLibrary +

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。