■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サリンを撒いた同級生 伊東乾著「さよなら、サイレント・ネイビー 地下鉄に乗った同級生」
さよなら、サイレントネイビー。

なんとも惹きつけるタイトルじゃないですか!
(このタイトルの意味は巻末で著者が説明してます)

第四回開高健ノンフィクション賞受賞作

「さよなら、サイレント・ネイビー」

の感想です。

さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生 さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生
伊東 乾 (2006/11)
集英社
この商品の詳細を見る


著者は音楽家で、東大の理学系の大学院に通っていた経歴を持つ。
現在は東大の助教授をやっている。

理論家でありながら感情的な表現や芸術的な素養も持ち合わせている、言ってみれば秀才だね。
うらやましい限り。

それだけにこの本の内容も実に学際的。
いろいろな研究や学問的な要素を含んでいる。
だってこんな言葉聞いたことある?

アフォーダンス

ゲージ対称性

統一理論


いかにも難しそうだけど、根っからの文系の俺でも読めたんで、だれでも読めると思いますよ。

というのも、著者と年下の女子大生との会話が随所に織り込まれ、著者がこの女子大生に入り組んだ科学や研究の話を説いているので、すごくわかりやすかった。
(まぁ、勝ってに想像すると、この本に出てくる女子大生は実在してないと思うな。・・・なんか存在感があまりなかった)

地下鉄サリン事件

この世にも恐ろしい凶悪事件の実行者の一人。豊田享。
彼は、東大の理学部を卒業し、同大の物理学系の大学院に進学し、そこに在学中に出家している。

著者は、この豊田とは学友だった。
というか、親友の一人だった。

東大のなかでも物理学の大学院はかなりの秀才しか進学できないらしい。

そんな、秀才の豊田がなんでオウムなんかに入信したんだよ?
なんで、サリンを撒いたんだよ?
 
報道されている豊田享像と自分が知っている豊田とはまったくちがっている。

著者はこの大きな疑問、戸惑いを解き明かすために、いろいろと調べ始める。
その知的冒険の過程が丁寧に書かれている。
様々な学者に会い、自ら実験し、資料をあたり、サリンが作られたオウムの施設があった場所に行く。

1 なぜ、人々はオウムや麻原彰晃に心酔したのか?
2 なぜ、若者はオウムでの「修行」に惹かれたのか?
3 なぜ、未来あるエリート科学者の卵が、あんな荒唐無稽な教団に走ってしまったのか?
4 マインドコントロールされて犯行に及んだとき実行者はどういう意識だったのか?
5 人々をオウムに駆り立てた本質的エネルギー源は何か?
6 宗教と科学の間の明確な矛盾を彼らはどう考えていたのか?
7 再発防止のために最初にしなければならないことは何か?



この7つの問いに自ら答えを出していく。

その過程で、社会の矛盾や納得できないことをいろいろと綴っている。
例えば、裁判の判決とか・・・。

とにかくいろんな研究や資料が出てきて、本当に勉強になった。
脳が刺激を受けたときに、考えるよりもすぐ感情で反応するって所は面白かった。
エネルギーを生命維持に使わなければいけないから、生物的な本能としての反応をする。
そのほか、あるわあるわ、いろんな考えのオンパレード。
東大の人たちは凡人には考えもつかないことに頭を使ってるんですなぁーと感心。

まぁ、著者の言いたいことはいろいろあるけど、とりあえずこんな感じ。


自ら出家したから責任あるって裁判では豊田のことを言うけど、出家って言ったって薬とか飲まされてマインドコントロールされてたんだから、ほとんど拉致と一緒で、麻原は信者を騙すのに、マインドコントロールをうまく使っていて、オウムの富士山総本部は、うまく県境にあって、なにかあって警察におわれることがあっても、静岡、山梨、どちら側にも逃げれるようになっていて、アンダーグラウンドでオウムについて書いている村上春樹は何も分かっちゃいなくて、視覚より聴覚のほうが、マインドコントロールに適していて、だから、玉音放送であんだけ日本人があっさり降伏して、今も昔もマインドコントロールに引っかかる構図は一緒で、日本人は忘れやすいからまったく過去から学んでいなくて、自分だけはマインドコントロールにはかからないと思っている・・・・・・・

って感じです。

戦争の時の日本人とオウムの信者を一緒にするのはいくらなんでも乱暴だと思うけどな・・・。

一方は、国のために命を捧げた英霊で、
もう一方は、インチキ宗教に騙されてサリン撒いた犯罪者なんだから。
それから、ナチスと旧日本軍の比較も左翼の人がよく言うことをまだ言ってるよ、この人も・・・。
ナチスは戦争をしたから、あれだけ糾弾されたんじゃないよ。
日本の戦争とナチスの責任を同罪に扱うのも乱暴すぎる。

(ユダヤ人をこの世から抹殺しようと、ホロコーストを実行したからナチスは世界中からいまだに非難されているんだ。
まぁ、言うまでもないが、日本は当時の国際連盟で民族差別をなくすべきだと主張し、満州は五族協和の理想によって建国されたんだから、正にユダヤとはまったく逆。杉原千畝だったいるし・・・。)

最後に著者が声高に主張するのは、これだけの歴史的なテロ行為を犯した犯罪者を死刑にしてしまっていいのかということ。

それは、後世の日本や世界の人々のために、この罪人から罪を犯すにいたったまでの経緯なんかを、どんな些細なことでも、何から何まで聞き出して残すべきだという考え。再発防止のためにも・・・・。

こんな貴重な犯罪の情報源を、一時の感情の高ぶりから、ヒステリックに死刑にするのは、近代化社会、グローバル化する世界では、ダメだよ・・・。
豊田を生かしておこうよ。



ごもっともなご意見だと思う。
確かに、秀才がなぜインチキ宗教にはまったのか、また、オウム真理教が次々とエリート研究者を入信させるためにどんな戦略をとったのか、それは、キッチリ残しておいたほうがいいと思う。


でも、それだと、遺族や被害者の不満は高まると思う。
死刑が廃止されて、終身刑ができたとしても、正に、泣くに泣けないでしょ。被害者は、志の半ばでいきなり人生を奪われ、犯罪者である加害者は、一生、命が保証されるんだから・・。

ちょっと、俺には判断つきません。
多分、自分の身内が殺されたら、一刻も早く加害者の人間を、死んでほしいと思うだろうし・・・・。
難しい・・・。
 
いやー、でもいろいろ考えさせられたし、教えてもらったから読後は充実感に包まれました。

知らなかったことが山ほど詰まった一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

スポンサーサイト


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 21:23:54 | Trackback(4) | Comments(5)
コメント
TBありがとうございます
 TBからきました。私も読書(特にノンフィクション)好きです。
 私が思うに著者は、戦時にあれだけ国に忠誠を誓っていたのが、あっさりと思想的に対極のアメリカ民主主義を受け入れたあたりがマインドコントロールの様に思えたのではないかと思っています。いまは民主主義が普遍的な価値観ですが、「正しい政治体制」っていうのもいってみれば宗教のようなものだと言いたいのではないかと。
 「それでもボクはやってない」ご覧になったんですね。私は、裁判には必ず冤罪の可能性を孕む以上、死刑には慎重であるべきだと思っています。最近だと、袴田事件で裁判官が無罪にすべきだったという発言もあったのがとても印象的です。
2007-03-02 金 23:11:12 | URL | 中村音楽工房 [編集]
TBありがとうございました
友人を助けたい,なぜ凶行に及んだのかを解明したい,という気持ちが書かせた本ですね.何もしなければ死刑が確定してしまう状況での,裁判所への上申書の分身なだけに,裁判官に考えさせる糸口になり得ることの全てに,徹底的に論を立てたのでしょう.

確かに遺族の心情は理解できますが,死刑の是非をそこでとらえると暴力になる危険がありますね.生かしておくことが社会にとって有害かという視点で考えるべきではないでしょうか.

ところで,豊田被告は未確定ですが,すでに確定した死刑囚の数がついに100人を超えた現実を,どう考えればいいのでしょうね.
2007-03-03 土 00:08:49 | URL | Globe [編集]
TBありがとうございました
映画「あなたになら言える秘密のこと」をみていたら読んだばかりのこの本を思い出しました。
2007-03-03 土 03:49:46 | URL | ねこのひたい [編集]
コメント ありがとうございます
>中村音楽工房さん

著者の主張は、よく理解できます。マインドコントロールの分かりやすい例として戦時中の日本を引き出したのだと理解していますが・・・。
とにかくいろんな考えが綴られていたので、脳みそが刺激されてのがわかりました。

>Globe さん

死刑・・・・。
どう考えれば正直分かりません。
冤罪の可能性はありますが、やはり、人間の残酷な部分を社会として持っていてもいいかなと思います。
やりきれない事件も続いていますし・・・。

>ねこのひたいさん

映画・・・。
まったく知りませんでした。参考にさせていただきます。
2007-03-04 日 02:21:22 | URL | タウム [編集]
TBありがとうございました。
はじめまして、トラックバックありがとうございました。
オウム事件について、村上春樹の『アンダーグラウンド』『約束された場所で』、森達也監督のドキュメンタリー映画『A』『A2』につづいてこの本を読みました。
このあと藤原新也の『黄泉の犬』という本をよみ、麻原被告と水俣病の関係などが指摘され、非常に興味深かったので、もし未読でしたらおすすめします。オウム事件を考える上で、以上の6作品が自分にとってマスターピースになっています。
2007-03-04 日 02:42:31 | URL | tsuyoshi [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同級生が地下鉄サリン実行犯だった『さよなら、サイレント・ネイビー』
地下鉄サリン事件が起こったころ、わたしは、ちょうど事件現場となった、神谷町駅近辺の会社に勤務していた。 2007-03-03 Sat 11:45:06 | お気楽SOHO人の今日はこんな日
[オウム]について
オウムオウム鸚鵡。オウム目の鳥類|鳥のこと。基本的にインコと同じ足をしており、冠羽を持った鳥のことを指す。(''Om'',''Aum'')ヒンドゥー教や後期仏教などで用いられる聖なる言葉。「ॐ」、「唵」(おん)とも書く。オーム (聖音)を参照のこと。また「阿吽( 2007-03-03 Sat 11:45:20 | 動物辞典
『さよなら、サイレント・ネイビー』
本屋で目にした瞬間に、「これは読もう」と思う本がたまにあるけれど、この本がそうだ... 2007-03-04 Sun 02:44:44 | その日を摘め
大学院大学院(だいがくいん)とは、大学(短期大学を除く)の課程の上に設けられ、大学(短期大学を除く)を卒業した人|者、およびこれと同等以上の学力を有すると認められた者を対象に、学術の理論および応用を教育研究|教授研究し、文化の進展に寄与することを目的とする 2007-10-02 Tue 14:45:30 | 学ぶ・教える・教育についての言葉

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。