■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
罪を犯す障害者の姿 山本譲司著「累犯障害者」
著者の本は、「獄窓記」に続いて2冊目です。

「獄窓記」でも触れられていた、罪を犯した障害者についての本です。考えただけで、ちょっとこころが重くなるけど・・。

今日は、山本譲司

累犯障害者

    獄の中の不条理

の感想です。

累犯障害者 累犯障害者
山本 譲司 (2006/09/14)
新潮社
この商品の詳細を見る


♪ここで~、一緒に~、死ねたらいいと~、
 すがる涙の意地らしさ~

山本譲司って言ったって、演歌歌手じゃないよ。
(字が違うけど・・・)

多分、知っているとおもいますが、著者は、元民主党の衆議院議員。
秘書給与を誤魔化して実刑判決を受け、1年以上、服役していた。
獄中、著者は障害者の姿を目の当たりにして、日本の福祉行政の矛盾を痛感して、出所後、福祉関係の仕事をしている。

まず、その事実だけで著者の人柄が何となく分かる。
確かに秘書給与を別のことに使ったのは悪かったけど、控訴すればおそらく執行猶予がつくといわれていたのを、自らの罪を反省して実刑判決を受け入れて、刑務所に入ったのだ。

同じ罪を犯しながら、平気な顔して国政に復帰した人に見習ってほしいよ。

障害者といっても、主に、知的障害者と聾唖者の犯罪を取り上げている。

まず、問題なのは、マスコミの姿勢。

レッサーパンダ帽の男の殺人事件。

何となく記憶している人もいると思うけど、この犯人の常軌を逸した行動とその目立つ恰好は、当時マスコミで散々騒がれたよね。
しかし、その後、この犯人がどういう人間でどういう生い立ちだったのかはほとんど報道されなかった。

なぜか・・・。

それは、このレッサーパンダ帽の犯人が、知的障害者だったから。
新聞やテレビは、差別を助長する恐れがあると判断してか、特定の団体からの抗議を恐れてか、パッタリと報道しなくなる。

差別をするのはいけないけど、起きていることを隠すのはまずいでしょ。
みんなで考えれば、事件が起きた原因や問題を解決できる知恵が出てくるかもしれないし・・。

同じように、犯人逮捕後に報道がされなくなった事件がある。
下関駅舎放火事件がそれだ。

この事件でも、逮捕された犯人は知的障害者だった。

この二つの事件に共通するのは、犯人が社会からはじき出され、獄中にしか居場所がないということ。
つまり、犯罪を犯さなければ生きていかれなかったのだ。

レッサーパンダの男は逮捕時、29歳だった。高等養護学校卒業後、就職するがいじめなどで職場になじめず、すぐ辞めている。
そして、放浪生活が始まる。

殺人事件を起こす前にも、窃盗などで何度も逮捕され、服役もしていた。
出所後も、生活は安定せず、また犯罪を繰り返していたのだ。

下関駅舎に放火した男の場合は、もっと根が深い。
逮捕されたときの歳は74歳。
これまで、10回にわたって服役している。
成人後、約50年を獄中ですごしていたことになる。
彼もまた、世間や社会からはじき出され居場所がなかったのだ。

この犯人と、著者は刑務所で面会している。
そこで、刑務所に戻るために駅に放火したと聞く。
刑務所のほうが、獄中だけが、この老人の安住の地だったのだ。
犯人は語る。

「外では楽しいこと、なーんもなかった。外には一人も知り合いがおらんけど、刑務所はいっぱい友達ができるけん嬉しか。そいから、歌手がくる慰問が面白かたい」

福祉や社会復帰、更生が名ばかりだと実感させられる。
ちゃんと福祉が機能し、こういう人たちにちゃんと手を差し伸べられていたら、女子大生も死ななくてすんだし、下関も焼けずに済んだんだ。

そのほか、聾唖者教育の矛盾。特異な聾唖者同士の関係やその社会。知的障害者の売春。そして、障害者年金をあてにして、障害者を食い物にする暴力団・・など、知らなかったことや驚くようなことが書かれている。

一体、今まで当局者は何をやってきたのかと腹が立ってくる。
本当に障害者のことを考えているのか。

この国で、障害を持って生まれたら、犯罪を犯さなければ生きていけなくなるのか。

この現状をしったら誰もが、政治や行政の怠慢を痛感すると思う。
税金をこういう人たちに使わないで、何に使うというのか。

ラストの方に、かすかに希望の光が見えるような記述がある。
著者が、法務省の役人の前で自身の経験で得た刑務所の矛盾点や改善点を講義する。
そして、国も刑務所改革にやっと乗り出したのだ。
新たな、知的障害者用の施設もできるらしい。

それでも障害者がしっかり生活できる社会は程遠いとおもう。
著者の熱意でぜひ実現してもらいたい。
そして、どん底を味わった著者にもう一度国政に復帰してもらいたい。
その方がいろいろと改革できるのではないか。

障害者を取り巻く環境と歪な福祉行政に驚き、腹が立つ一冊です。


累犯障害者
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く




ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 21:00:39 | Trackback(6) | Comments(8)
コメント
コメント&TBありがとうございます。
障害者に関心を持っていただきありがとうございます。
障碍のある人の犯罪発生率が高いのではないこと、犯罪被害者になることのほうが圧倒的に多いことをご承知でしょうが、あえて言わせてください。
2007-02-23 金 22:23:12 | URL | crvmainyohoo [編集]
コメントTBありがとうございます
訪問ありがとうございました。
他の方の読書ブログから次に読む本を探すこともよくあるので、
ぜひ参考にさせてください。
2007-02-23 金 23:56:37 | URL | use04246 [編集]
おひさしぶしです^^
おひさしぶりです。
この本は色々なことを考えさせてくれる良い本ですよね。
私も以前に記事にしているのでTBさせていただきました。
またレッサーパンダ事件に焦点を当てたこれまた良書である
「自閉症裁判」もTBさせていただきました。
他にもこの手の本なら「そして殺人者は野に放たれる」や
「狂気と犯罪 なぜ日本は世界一の精神病国家となったのか」や
「刑法39条は削除せよ! 是か非か」あたりもオススメです^^
2007-02-25 日 09:55:35 | URL | シン@偽哲学者 [編集]
コメント ありがとうございます
>シン@偽哲学者さん

TBありがとうございます。
「そして殺人者・・・」は、読みました。
犯罪者に腹が立ち、精神鑑定の胡散臭さに初めて気づかされました。
ほかの2冊、参考にさせていただきます。
2007-02-25 日 22:39:46 | URL | タウム [編集]
こんばんは!
TBデータがどっかいっちゃってるのか、反映されていないようです。

自分もTBさせていただきます。
2007-02-27 火 23:58:26 | URL | momochichi [編集]
コメント ありがとうございます
> crvmainyohooさん

おっしゃるとおり、障害者が被害者なることのほうが多いと考えています。なにか、誤解をまねく表現をしていたなら、訂正させて下さい。
障害者を持っていてもいなくても、人間的で文化的な生活ができることを望みます。


>use04246 さん

よろしかったら、参考にしてください。
こちらも参考にさせていただきます。
2007-02-28 水 00:49:40 | URL | タウム [編集]
コメントありがとうございました。
おっしゃるとおり、こころの重くなる1冊でした。考えることが多くて。
こちらからもTBさせていただきます。
2007-02-28 水 23:16:02 | URL | きし [編集]
>きし さん

TBありがとうございます。
本当にいろいろと考えさせられました。
2007-03-04 日 02:24:54 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

累犯障害者 獄の中の不条理
ここ数日、寝屋川の事件をめぐり「広汎性発達障害」と「犯罪」についてにわかに脚光を 2007-02-25 Sun 09:49:39 | シンさんの偽哲学の小部屋
『累犯障害者-獄の中の不条理-』山本譲司
著:山本 譲司出版社:新潮社定価:1470円(税込み)累犯障害者livedoor BOOKSで購入書評データ★★★★★「山本さん、俺たち障害者はね、生まれたときから罰を受けているようなもんなんだよ。だから罰を受ける場所は、どこだっていいんだ。どうせ帰る場所もないし……。ま 2007-02-25 Sun 23:18:57 | ほんだらけ
『累犯障害者』(新潮社)著:山本 譲司
著:山本 譲司出版社:新潮社定価:1470円(税込み)累犯障害者livedoor BOOKSで購入書評データ 元国会議員であった著者は、秘書給与詐取で刑務所に収監された過去を持つ。収監された際、著者は塀の中で様々な障害者と接触を持ち、障害者の犯罪に注目するようになる。この 2007-02-26 Mon 17:19:26 | B級鑑定士-アンチγGDP
『累犯障害者 -獄の中の不条理-』 by 山本譲司
「読書」というのは、実に面白いと思う。なかなか経験できないスリルやサスペンスを疑 2007-02-27 Tue 23:16:30 | みかん星人の幻覚
累犯障害者@山本譲司
こういうジャンルの読み物は結構好きな事もあり、刑務所事情とかも多少の知識はありました。医療刑務所に入れる(入れられるではありません)受刑者は相当なレベルの病気でなければ入れない事や、収容者超過が見過ごされている現状、受刑者の扱われ方の国際比較など... 2007-02-28 Wed 00:04:37 | ディ・モールトな日々
山本譲司 【累犯障害者 獄の中の不条理】
何故本を読むか。その答えのひとつには「知らなかったことを知るため」があると思う。 2007-02-28 Wed 23:17:22 | ゆっくりと世界が沈む水辺で

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。