■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
辛い悲しい恋愛を引きずる女 沼田まほかる著「彼女がその名を知らない鳥たち」
初めて読む作家の本です。

いつも初めて読むときは、ドキドキもんですよ。
だってつまらなければ、次からはもう読まないし、時間のムダだと自己嫌悪にもなってしまう。
構えて読むだけに、他の本よりは評価のハードルは自然と高くなってしまう。

さぁ、この本はどうだったのか。

沼田まほかる

「彼女がその名を知らない鳥たち」

の感想です。

彼女がその名を知らない鳥たち 彼女がその名を知らない鳥たち
沼田 まほかる (2006/10)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


信頼する書評家の豊崎由美さんが薦めるこの本。

あまり期待しないで読みました。
内容もほとんど知らずに、物語の中へと船出しました。

著者の経歴がすごい。

1948年大阪生まれ。主婦、僧侶、会社経営などを経て、初めて書いた長編、「九月が永遠に続けば」にて第5回ホラーサスペンス大賞、大賞を受賞。

そ、そ、僧侶って・・。
しかもペンネームが「まほかる」って・・。

とにかく、本の中身はどうだったのか。

いやー、よかった。素晴らしかったです。

物語は、過去に深く傷ついた恋愛の経験を持つ無職の北原十和子が、同居している佐野陣治に嫌悪感を抱き、新たな恋愛をして、今の居心地のわるい生活から抜け出そうとするって話なんだけど・・・。

まず、表現が的確で巧み。
そして、人間の描写がうまかった。
特に、主人公の十和子と同居している佐野陣治の描写がいいよ。この男がどれだけ気持ち悪いか、どうぞ味わってください。
恋愛や情事の書き方がきらびやかで輝いているっていう単純じゃないのがいいね。
猥雑で薄汚れている感じ。シミやしわのある人生。
さすが、人生経験豊富なだけある。

それからセックスの描写。うまいよ。うますぎるよ。
冷静でいて、なおかつ、情熱を感じる描写。
(渡辺淳一先生もちょっとは、勉強してほしいね)

まず読み始めて、うまい作家にいつも感じる独特の感覚を味わった。
それは、「なんかこの先に深くて暗い穴のような闇がある」
そういう感じです。

この先に何かある。

何かあるはず。
そう思いながら、どんどん引き込まれました。
実際、ラストに近づくにつれて、ある事実が明らかになっていく。

とにかくこの著者は、心理描写がうまいよ。
うますぎるよ。
ジンジン来たよ。いやー、うなるね。

人物の描写もすごいよ。
主人公の十和子が同居している年上の男の佐野陣治。
こいつのキモいかんじがすごいよ。
十和子じゃなくてもイライラしてくる。
十和子にまとわりついてくるように仕事中に何度も電話してくるし・・。
(このまとわりつくしつこさがラストに効いてくるんだけど)
それから、この大阪弁。
もう、ほんと読んでいてうんざりしたね。
大阪弁の図々しさ、心を踏みにじる感じ。
ほんとしばらく聞きたくないって思ったね。

ラストに向けて、十和子は新たな恋愛でもっといい生活を夢見るのだが、その行くてに陣治が立ちはだかってくる・・・。

少しずつわかってくる、さまざまな事の真相に驚き、ラストは何とも言いようがない。

求めあう。支えあう。
人が人を好きになるってなんなのかね。
見た目?実利?
一体何なんだよ。
ほんと考えさせられる。これこそ、「業」ってことなのかね。
・・それでも、人を好きになる。
ああ・・・、切ないね。
切ないよ・・・・。
だって、どっちかっていうと、陣治の気持ちに近いもん、俺。

恋愛の神秘と本当の愛情に気づかされる一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

小説 | 23:41:36 | Trackback(6) | Comments(7)
コメント
この人の文章力が素晴らしい、扱っているテーマは暗い男女間の愛憎劇ですが、いつのまにかグイグイ引き込まれました。トラックバックさせていただきます。
2007-01-25 木 03:14:37 | URL | tonton3 [編集]
こんにちわ
ホントに人物描写が素敵・・・というか怖かった作品でした。
私は我慢しきれずにラストから読んだので陣治がすごくいい男に見えて仕方なかったんです^^
人が人を好きになる。
説明難しいですよね・・・
2007-01-25 木 11:39:31 | URL | musagoro [編集]
TBありがとうございました!
僧侶!!気づいてませんでした。
でもなんかもっとたくさんの人が注目して読まれてもいい本のような気がします。なかなかのヒットでした!
2007-01-25 木 17:58:24 | URL | chiekoa [編集]
タウムさん、こんばんは。はじめまして。

TBコメントありがとうございました(あ、TBが反映されてなかったのでよろしければもう一度送っていただけると大変嬉しいですm(__)m)

沼田さん、僧侶だったんですね…知らんかった。

佐野本当に気持ち悪かったですね。私は主人公のがもっと嫌だったですが。
ラストには本当に驚きました。
2007-01-25 木 19:30:15 | URL | ちきちき [編集]
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
沼田まほかるさんって、僧侶もされていたんですね。驚きです。
それだけに深い作品でしたね~
陣治の描写の上手さに、私は嫌悪感を募らせたんですが、陣治の行動の裏が分かったときは衝撃でした。
2007-01-25 木 20:07:49 | URL | エビノート [編集]
 コメントありがとうございます。

本当に、不思議な本でしたね、
どこか自分にも、かけている物や、探している物があるから
あの主人公の彷徨い感に違和感がありrつつも
最後まで読んでしまったのかも
2007-01-27 土 07:30:21 | URL | area-info管理人 [編集]
コメント ありがとうございます
>tonton3さん

ホントにこの文章良かったです。
2作目とはとても思えませんでした。

>musagoroさん

陣治の気持ちの悪さ。
それがラストにホントに効いてきて、ジーンとしました。

>chiekoaさん

そうですね。もっと多くの人に読んでほしいです。
アイルケよりはこっちの方がオススメなんですけどね。

>ちきちきさん

ラストは、陣治の深い愛情が心にグッときますね。
とてもまねできないですけど・・・。

>エビノートさん

最近の安易な恋愛小説より、とても大切にしたい作品です。
人間の裏の部分、心の奥底の欲望。
いろいろ考えさせられました。

>area-info管理人さん

主人公の不安定な心理。
それが結末に関わって来て、うまいと思いました。
2007-01-29 月 08:34:43 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

沼田まほかるの「彼女がその名を知らない鳥たち」を読んだ!
十和子は淋しさから、飲み会で出会ったうだつの上がらない中年男・陣治と関係を持ち、なんとなく一緒に暮らすようになる。ある日、陣治の部屋で、昔の男から贈られたピアスを発見する。何故ここに…。十和子が選んだ驚くべき行動とは!壊れかけた女、人生をあきらめた男 2007-01-25 Thu 03:07:30 | とんとん・にっき
「彼女がその名を知らない鳥たち」
彼女がその名を知らない鳥たち沼田 まほかるあんまりにも怖くて(ラストが気になって)最初の30ページくらいでラスト30ページくらいを読みました。たぶん、ラストを先に読んでなければドキドキがすっごい事になってたと思います。主人公がどんなひどいことをされて黒崎 2007-01-25 Thu 11:36:52 | 柚子すき毎日
彼女がその名を知らない鳥たち
 またまた、ライターの豊崎由美さん推薦の本ということで読んでみる。  自分を捨て... 2007-01-25 Thu 11:51:41 | ひとりごとと対話のはざま
彼女がその名を知らない鳥たち [沼田まほかる]
彼女がその名を知らない鳥たち沼田 まほかる 幻冬舎 2006-10八年も前に別れた男、黒崎のことを忘れられない十和子。淋しさから、会社の飲み会で出会ったうだつの上がらない中年男・陣治と関係を持ち、一緒に暮らすようになる。共に暮らしながらも諍いの絶えない日々を送る 2007-01-25 Thu 17:57:31 | + ChiekoaLibrary +
彼女がその名を知らない鳥たち
『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田まほかる(幻冬舎)十和子は淋しさから、飲み会で出会ったうだつの上がらない中年男・陣治と関係を持ち、なんとなく一緒に暮らすようになる。ある日、陣治の部屋で、昔の男から贈られたピアスを発見する。何故ここに…。十和子が選んだ 2007-01-25 Thu 19:24:43 | ぼちぼち。
彼女がその名を知らない鳥たち 〔沼田まほかる〕
彼女がその名を知らない鳥たち≪内容≫十和子は淋しさから、飲み会で出会ったうだつの上がらない中年男・陣治と関係を持ち、なんとなく一緒に暮らすようになる。ある日、陣治の部屋で、昔の男から贈られたピアスを発見する。何故ここに…。十和子が選んだ驚くべ.... 2007-01-25 Thu 20:04:51 | まったり読書日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。