■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
老人の人生初めての胸が焦がれるような恋 ガルシア・マルケス著「わが悲しき娼婦たちの思い出」
ガルシア・マルケス

「百年の孤独」が代表作の作家で、その内容はとにかく難解で常人には理解できず、挫折するひとが多いと聞く。

この著者の本は今回が初めて。
ガルシア・マルケスが苦手の人でも大丈夫という書評に惹かれて読んでみました。

ガルシア・マルケス

「わが悲しき娼婦たちの思い出」

の感想でございます。

わが悲しき娼婦たちの思い出 わが悲しき娼婦たちの思い出
ガブリエル・ガルシア=マルケス (2006/09/28)
新潮社
この商品の詳細を見る


あとがきでも書いているけど、出だしの一行が何ともつかむね。それがこの小説の内容を示していて、なおかつ、どうなるのか先を読みたくなってしまう。

「満九十歳の誕生日に、うら若い処女を狂ったように愛して、自分の誕生祝いにしようと考えた」

そうです。このままです。
しかし、渡辺淳一ばりの官能描写はなく、添い寝してその少女の姿や存在そのものを堪能するって感じ。(あったとしてもあんなに安っぽくないか・・・)
枯れた親父のエロティシズムだな。

この小説を書いたとき、マルケスは70代後半だっていうから、男っていくつになってもかわらないんだね。

ただスケベなだけな小説だけじゃなくて、年老いた男が自らの人生を振り返り、そして、少女へと思いを寄せていく様子はやはりいいなと思った。
長く生きていれば、それなりにいろいろあるんだな。

この歳にして初めて感じるときめき
心からの愛情。

ラストにかけて、ちょっとハラハラさせるところもあるし、ほんとに普通に楽しみました。

ガルシア・マルケスに挫折した人もこれなら大丈夫だとおもいますよ。はい。
それほど長くないし・・・・。

老人の恋愛に切なくなる一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 22:16:00 | Trackback(3) | Comments(3)
コメント
コメントどもです!
コメントどもです!けど、TBは着ていませんでしたよ?
ひょっとしてエラーが出たのでしょうか?

「わが悲しき娼婦たちの思い出」 なかなかでしたよね
次はぜひ「百年の孤独」をどうぞ
たぶん、世間の評よりもはるかに読みやすいと思いますよ
たしかに同じ名前が多すぎて、一時的にパニックになりますがすぐに慣れます
段落がなかなか来なくて、行を見失うのも慣れれば平気です
(「族長の秋」なんて平気で段落なしが永遠に続きますw)
それさえOKなら、歴史的傑作の評価にたがいなしの逸品ですよ
2007-01-17 水 10:04:15 | URL | あむ [編集]
こんばんは。

あう、「百年の孤独」について書き込もうと思っていた事を、
既にあむさんが書き込んでおられました。
難解な事はないですので、他の本も読んでみてください。
2007-01-17 水 19:59:06 | URL | dada2 [編集]
コメント ありがとうございます
> あむ さん

そうなんですか、いろんなところで難解だと聞いていて、実際、途中で挫折したという人もいたものですから・・・。
折角ならこの作家の代表作も読まなくては・・と思いました。
ありがとうございます。

>dada2さん

ありがとうございます。

「百年の孤独」
食わず嫌いで、まったく本を手に取らずにイメージだけで難解だといっていました。
オススメのコメントでぜひぜひ読みたくなりました。
2007-01-17 水 22:40:18 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『わが悲しき娼婦たちの思い出』 ガブリエル・ガルシ=マルケス
本屋で悩まずにレジに持っていく本が見つかった日は嫌なことがあってもすぐに忘れられます。 問題はそれがあまりない事ですが、ガブリエル・ガルシア=マルケスの久しぶりの新刊を見つけて2日間で読んでしまいました。 嬉しいことに新潮社からは「全小説」のシリーズで過去 2007-01-17 Wed 09:34:18 | 表参道 high&low
わが悲しき娼婦たちの思い出@G・ガルシア=マルケス
著:ガブリエル・ガルシア=マルケス 訳:木村 榮一出版社:新潮社定価:1890円(税込み)わが悲しき娼婦たちの思い出livedoor BOOKSで購入書評データ私が文字通り乙女であった頃、G・ガルシア=マルケスの『エレンディラ~』の物語に出会った。G・ガルシア=マルケスの描... 2007-01-17 Wed 19:49:06 | どちらでもいい
ガルシア・マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』
 ガルシア・マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』(木村栄一訳、新潮社)。 90歳の誕生日に処女と淫らな夜を過ごしたいと願う男の物語である。男は実際に14歳の少女を娼婦館の女主人から紹介してもらう。読者の好奇心をひっぱりまわすストーリーテリングの巧みさがガル 2007-01-18 Thu 10:47:19 | 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。