■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
硫黄島二部作 日本編 「硫黄島からの手紙」
クリント・イーストウッド監督作。硫黄島二部作の日本編がいよいよ公開されました。

公開初日、しかも一回目の上映に行ってきました。

映画

硫黄島からの手紙」

の感想です。




川崎のチネチッタにて鑑賞。
シネコンの先駆け的な映画館でシートが快適。
やわらかくて、劇場が階段上になっているから前の人も気にならない。

さすがに注目作だけあって、超満員。
やはり、若い人は少なく、年齢層は高めでした。

硫黄島での日米決戦までを描くのだが、一兵卒や士官、上官それぞれの葛藤を描いている。

硫黄島がアメリカに堕ちれば、本土空爆の発着場になるため、日本にとっては何が何でもアメリカを食い止めねばならなかった。
その決戦の指揮を任されたのが、栗林忠道中将。渡辺謙が演じている。





硫黄島の任務に着くということは、生きて帰れない覚悟であったはず。
アメリカへの留学経験もあった知性派の将校は、根性や無意味な日本軍の伝統を重視する士官たちに反発されながらも、合理的な考えで決戦への準備を整えていく。

その戦術が、洞窟を島全体に掘っての徹底抗戦だった。
この戦術で日本軍は兵器の物量をはるかに上回る米軍に一月にわたり戦い続けたのだ。

この硫黄島には、もうひとり有名人がいた。
それは、映画のなかでは伊原剛志が演じたバロン西こと西竹一中佐だ。





彼は、馬術の名手でロサンゼルスオリンピックの馬術競技で優勝して、世界にもその名を知られた人物だった。
ただ、自由奔放な性格が軍から嫌われ、硫黄島へと送られたといわれている。
映画の中でも、馬とともに駆け巡る姿が描かれている。

324563view004.jpg


壮絶な硫黄島での決戦。

銃弾と砲火の飛び交う混乱。
たとえ、絶望しか見えていなくても栗林中将率いる日本軍は、最後まで勇敢に戦った。
その姿と追い詰められていく様子に、心が張り裂けるようになり、心の底から感動を覚えた。

泥と砂と血と汗にまみれ、最後の最後までよく戦った。
個人的に胸に浮かぶ、国家への不満、戦争に感じる矛盾や葛藤を抱えて戦った日本軍の一人一人に心を打たれずにはいられなかった。

悲惨な惨状を映画は押さえた演出で、観客に訴えかける。
燻し銀のイーストウッドの技だね。

自分達の理由がしっかりあったとおもうのだが、この硫黄島の
日本人の魂の物語を、アメリカ人が作ったことに驚くし、なぜ日本が作れないのかと悔しくてしょうがない。
アメリカの懐の深さにあらためて感動した。
(いまだにあの戦争は、一方的に日本だけが悪かったといっている日本人が山の様にいるし・・。当時の日本人、政治家や軍人は、現代のぬるま湯に浸かった日本人よりよっぽど国や世界や平和のことを考えていたのに、「批判できる立場か」と単純に思ってしまうんだなぁ・・・)

一兵卒、下士官、上官、それぞれの抱える想いを、戦争は容赦なく打ち砕いていく。
無念だったろう。やりたい事だったあったろう。

その想いを感じるだけに、いま、その犠牲の上に成り立っている日本や日本人は、英霊に感謝し、慰霊するべきだよな。
(靖国神社に行くとか行かないを議論していること自体がはずかしいよ)

出演している俳優は、誰もが満足できる演技だったと思う。
特に中村獅童の憎たらしさは光っていたな・・。
バロン西のはつらつとしている感じも良かった。

戦争の悲しみと守るべきもののために命を懸ける人々の姿に感動せずにはいられない一作です。

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子 (2005/07/28)
新潮社
この商品の詳細を見る


栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 硫黄島からの手紙
栗林 忠道、半藤 一利 他 (2006/08)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男 栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
(2006/10)
宝島社
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:硫黄島二部作 - ジャンル:映画

映画 | 13:14:52 | Trackback(4) | Comments(5)
コメント
やはり、近作で重要で問題なのは、アメリカの監督さんが作ったという事。ラストサムライとは違い、真摯にアメリカと日本の過去のケンカを取り上げ、極フェアな形で描いてくれたという部分。

これをもし、アメリカ側を日本監督。日本側をアメリカ監督で合作出来ていたら、どういう作品になっていただろうか・・・と思ったりしました。
2006-12-10 日 14:00:21 | URL | BILL [編集]
参考になりました
はじめまして。

~日本人の魂の物語を、アメリカ人が作ったことに驚くし、なぜ日本が作れないのかと悔しくてしょうがない。
アメリカの懐の深さにあらためて感動した。 ~


私も同感です。
硫黄島関連の日本映画がいくつかあったと思うので、
良作があればご報告いたします。

2006-12-10 日 14:47:47 | URL | bob [編集]
お邪魔します。映画の内容を詳しく纏められているのに感服しました。
もう1回観に行こうと思っています。
2006-12-10 日 15:20:56 | URL | ぺこちゃん [編集]
コメント ありがとうございます
>BILLさん

本当に冷静かつ巧みに日本の軍人達の苦悩をよく表現してくれたと思います。

>bob さん

ありがとうございます。
ぜひぜひ、よろしくお願いします。

>ぺこちゃんさん

何とも恐縮です。
ホントに素晴らしいと思いました。
2006-12-14 木 21:21:51 | URL | タウム [編集]
あまり大泣きする映画ではなかったけど、いい映画でした。

歴史認識するには、こんな映画をきちんと観ておく必要性を感じます。
「戦争」という現実を知るために。
2006-12-18 月 21:55:20 | URL | juzji [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「硫黄島からの手紙」
 あれ?「手紙」ってまだ上映してるんだ? TVの音だけ聞いていると一瞬そう思う 2006-12-10 Sun 13:53:49 | みんなシネマいいのに!
硫黄島からの手紙
 いやー…良かったー。何て言うんでしょうかね、この見終わった後の気持ちって。一言では表せないけど『戦争のない社会』物凄く大事にしなきゃいけないのだね。過去の教訓を生かすのは、せめてもの俺たちの責務。そう思いました。見に行ったのはいつも.... 2006-12-10 Sun 23:49:03 | RED IT BE…the red light was my mind
硫黄島からの手紙
 硫黄島。現在東京都小笠原村に属する。父島よりもさらに南方、東京とサイパン島のちょうど間に位置している。太平洋戦争では、アメリカ軍に対する前線防衛基地として、激烈な持久戦が繰り広げられた。 「硫黄島からの手紙」は、サヴァイヴァルの物語でもある。身ごもった 2006-12-10 Sun 23:52:38 | 響の言葉
YouTube動画渡辺謙が「硫黄島からの手紙」で000
これまで、急性骨髄性白血病やその再発、C型肝炎ウィルスの感染といった病をみごとに克服して渡辺謙は現在大活躍中です。 2006-12-12 Tue 13:07:37 | YouTube動画芸能界の000

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。