■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アメリカの通信傍受の実態  グレン・グリーンウォルド 著 「暴露 スノーデンが私に託したファイル」
「暴露 スノーデンが私に託したファイル」
グレン・グリーンウォルド 著

アメリカの政府組織、NSAがネットや電話など大規模な情報収集の実態を
暴露した事件に関わったジャーナリストによるノンフィクション。
アメリカやイギリスの国家とジャーナリズムの現状に愕然とする一冊です。


暴露:スノーデンが私に託したファイル暴露:スノーデンが私に託したファイル
(2014/05/14)
グレン・グリーンウォルド

商品詳細を見る



著者は、スノーデンが持ち出した政府機関のファイルを預けたジャーナリスト。

タイトルからすると全編、暴露の顛末が描かれていると思いきや、
それは前半だけで、後半は暴露したファイルの内容や、暴露後のメディアや政府の反応、そして、
スノーデンや著者へのメディアの批判や攻撃の様子が書かれている。
そして、アメリカやイギリスの現在の新聞や放送局がいかに政府におもねった報道をしているかを
批判的に嘆いている。


冒頭、著者に謎の人物がメールを通して接触してくる様子が描かれている。
重要な情報を持っているが、
そのやり取りの前にメールを暗号化するソフトウェアをインストールするように薦める。
専門的な知識が必要なので、暗号化ソフトの導入を著者はしばらく放っておく。
その後、そのインストールをすすめる人物がスノーデンだった。

ネットや電話での内容がすべて政府の情報機関に傍受されている事実を知っているだけに、
スノーデンはじかに会って、暴露の内容を伝えたいと主張する。

少しずつ明らかになる、スノーデンの持ち出したファイルの中身に、
著者はすくなからず報道をためらってしまう。
相手が政府ということで、報道後の自分をとりまく環境が一変することを想像する。

スノーデンファイルの内容を報道する媒体は、著者が寄稿している新聞「ガーディアン」
に決めるが、いよいよ記事を載せる段になってガーディアン側が躊躇する。
顧問弁護士が記事掲載を違法に問われる可能性があると判断したため。

ファイルを公表したら、
早い段階でスノーデンは当事者として名乗りでる決意をしていたので、
一刻も早く記事を掲載する必要があった。

記事が掲載されると、想像どおり、想像以上の騒ぎになる。
何しろ、有名ネット企業(フェイスブック、グーグル、ヤフー)がこぞって、
通信傍受に協力していて、その対象が全アメリカ国民(全世界の国民)だったのだから。
自分のメールやネットも監視されていたかもしれない・・・と誰もが思っただろう。

暴露後、スノーデンは一切メディアの取材を受けなかったので、
著者が多くのニュースショーなどのインタビューを受けて、
スノーデンの考えや立場を代弁した。

記事掲載直後は、著者やスノーデンの決断を賞賛するメディアだったが、
暴露の興奮が一段落すると、風向きが変わり、
スノーデンの人格を否定する報道も多くなる。

また、スノーデンの暴露に加担したとして著者を違法行為を犯しているとする
発言や報道も多くなる。

さらに、著者のパートナーがイギリスの空港で反テロを名目に、
当局に拘束される事態となり、
暴走する国家権力の恐ろしさを感じる。

本ほ後半はこの政府におもねる体制側のメディアやジャーナリストを批判している。
ジャーナリストの本質は一体何なのか。
体制側のジャーナリストに対する著者の怒りが感じられる。


一般人が監視され、プライバシーが蔑ろにされる社会は、
一体どういうふうになるのかを解説しているのも興味深い。
中には、メールや電話を傍受されてもまったく問題にしない
と主張するコラムニストもいた。

日本よりも報道の自由が守られ、メディアの規制がゆるいと考えていたアメリカ。
大メディアの実際は現政権の顔色やご機嫌をうかがいながらの報道が多いということに
単純におどろいた。

もっとも透明性の高い政府の実現を掲げて当選したオバマが、
ブッシュ時代よりもさらに監視を強めていたという事実も興味深かった。



暴露:スノーデンが私に託したファイル暴露:スノーデンが私に託したファイル
(2014/05/14)
グレン・グリーンウォルド

商品詳細を見る




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





スポンサーサイト

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 00:58:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。