■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「日本文学ふいんき語り」
気鋭のゲームクリエイターの三人が近代文学の名作から、最近のベストセラーまで、勝手気ままに語り倒し、最後にゲーム化の構想を練るという対談本、それが、

日本文学ふいんき語り

日本文学ふいんき語り 日本文学ふいんき語り
麻野 一哉、飯田 和敏 他 (2005/11/30)
双葉社
この商品の詳細を見る


であります。(「ふいんき」は2ちゃんねる発のネット用語で、間違いではありません。念のため・・・)

著者は、麻野一哉、飯田和敏、米光一成の三人。
ゲームに詳しい人には、おなじみの人なのかも知れませんが、ゲームをほとんどやらない私はまったく存じ上げない方々でした。

ゲーム、漫画、ネットのオタク的なのりで一冊の本を語るため、引用やたとえがマニアック。(ちなみに私は漫画もほとんど読まないので・・・)

しかし、何よりもいいのは堅苦しくない。三人の掛け合いが楽しく最後まで飽きません。(わからない言葉は註もあるし・・)

取り上げているのは、
「こころ」「羅生門」「痴人の愛」「人間失格」「金閣寺」
「世界の中心で、愛を叫ぶ」「電車男」等など

三人の個性とゲームクリエイターの視点が興味深く、各章のラストのゲーム化のところは、悪ノリが加速していき、悪ガキ三人に変身します。

太宰の「人間失格」に「ゲラゲラ笑った

乱歩がいなかったら、『リング』も『らせん』も『ドラクエ』もなかった。

江戸川乱歩賞もない

最終的に三人に共通するのは、文豪の作品は、面白いということ。

ゲームに夢中の人も、文学ファンの人もこの本で、近代日本文学の新たな魅力を発見してください。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード






スポンサーサイト

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

対談 | 13:03:42 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。