■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

老人介護施設を自前で建てようと奮闘する人たちの勇気をもらえるノンフィクション。  鹿子裕文 著 「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
鹿子 裕文 著


おしっこまみれ、ごみまみれのお年寄りのための居場所を作ろうと奮起した女性と、
その企みに巻き込まれた人々の勇気の出るノンフィクション。








宅老所 よりあい」は福岡にある老人介護施設。
当初はデイサービスとしてスタートするがやがて、
本格的な介護施設へ変わって行く。

本当の介護ができる施設、
老人たちが気兼ねなくすごせる場所をつくろうと奮闘した人たちの物語がこの本だ。

著者は、フリーの編集者で「よりあい」の代表の一人、村瀬孝生さんの本の出版のため、
出版社から依頼を受け、「よりあい」に足しげく通うようになる。
そして、それがきっかけでもう一人の代表である下村恵美子さんと親しくなり、
「よりあい」の世話人のひとりとして様々な活動の手伝うことになる。


「よりあい」の発端は下村さんが大場ノブヲさんという
明治生まれの老婦人の話を聞いたことからだった。
大場さんは夫をなくしてから一人暮らしで、
何から何まで自分でやって来たのだが、ぼけてからは、
風呂に入らなくなり、下は垂れ流し状態で、体は異臭を放つようになっていた。
下村さんがその部屋を訪ねるとおしっこまみれ、ごみまみれ。
本人は「誰だ! 何しに来た!」と威勢はいいのだが、
部屋中ものすごいにおいで、どこか施設に入れてもらえないかと
知り合いの介護関係者に連絡するも、
そんな老婆を預かると他の利用者に迷惑だと言われ、
簡単に断られてしまう。

「けっ! ばあさま一人の面倒もみきらんで、なんが福祉か! 
がんが介護か! なんが専門職か! 馬鹿にしくさって!」


怒った下村さんは、それならば、自分たちで大場さんの居場所を作ろう
とデイサービスを始める。
義憤にかられた下村さんの姿に感動せずにはいられなかった。

ところどころに挿入される下村さんのエピソードがホッとさせるし、
面白かった。
谷川俊太郎さんとのイベントでのやりとりとか最高。

下村さんの強烈なキャラクターが親しみやすくて、
過酷な介護の話でも軽く読める。


当初は借家や間借りで運営していたが、
様々な事情で自前の建物が必要と考え、
方々にあたり、頭をさげ、協力をお願いして資金を調達する。
土地を購入し、補助金を申請し、
建築にようやくこぎつけることができる。

困難の末、2015年4月、自分たちの居場所である建物が完成し、
開所することとなる。

常に赤字続きの「よりあい」は資金調達のため介護以外の活動も多い。
ジャムを手作りして売っていたり、Tシャツ、トートバッグも売っている。
近くでイベントがあれば焼きそばの屋台を出したり、
募金箱を商店街や公民館なんかに置かせてもらったり。

そして著者が責任者を務める雑誌「ヨレヨレ」も資金調達の一環でスタートする。
(介護現場の現実を伝える「ヨレヨレ」は好評だそうだ)


キレイごとではすまない介護の現場と日常を描いているが、
著者の語りが軽いので楽しく読んだ。
それでも、介護の過酷な労働環境で人手不足が解消されない状況はひしひしと伝わってくる。

人間を相手にしているのだから、
数字や効率を優先しているように感じる今の介護の状況も伝わってくる。


現実として「よりあい」から離れて行く人たちのところも興味深い。
「よりあい」に共感し、世話人になって熱く介護を語っていた人が、
資金調達の地道な活動に参加せず、やがて来なくなる人たち。

登場人物がどの人もゆるい感じで魅力的だった。
著者の描き方もいいのだろうが。

この本全体を包んでいる何とも言えないやさしさ。

過酷な介護現場を笑い飛ばして、
毎日生きていこうとする下村さんの姿に、
少なからず勇気をもらった。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






スポンサーサイト

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 14:53:17 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国と朴政権と闘って勝った、産経新聞・元ソウル支局長のノンフィクション   加藤達也 著 「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争」

「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争」
加藤 達也 著

朴大統領の名誉を棄損したということで、
訴えられた産経新聞・元ソウル支局長が、
裁判と一連の騒動を振り返ったノンフィクション。
反日無罪の韓国の実態は、法治国家とは程遠い、
世論に左右される不安定な国だった。





問題とされた記事は、韓国の朝鮮日報の記事を引用し、
セウォル号事件の騒動中に朴大統領の消息が一時不明となり、
親しい男と会っていたのではないかという疑惑を取り上げたもの。
しかも、日本向けのWEBページで日本語で書かれたものだった。

そのWEBの記事を韓国のニュースサイトが韓国語に訳して
掲載していたものが名誉棄損とされたのだ。

驚いたのは韓国では名誉棄損で訴えるのは第三者でも可能であるということ。
今回裁判所に訴えたのは朴大統領ではなく、韓国の三つの政治団体。
のちのち明らかになるがこの団体は、
実際の加藤元支局長の記事を一切読んでおらず、
その記事を翻訳して伝えたニュースサイトの情報のみで訴えていた。

日本ではとても考えられないことばかりで、
日本の裁判所は相手にしないと思うのだが、
加藤元支局長は起訴されて、長い間出国を禁止されてしまう。

外国のジャーナリストを出国禁止にして、
その記事の内容で裁判にかけることは民主国家ではとてもありえないそうだ。
でもそれが起こるのが韓国なのだ。

内容の引用元の記事が掲載された朝鮮日報は、
一切その責任をとわれていないのも不可解。
その記事を書いた記者の言動も加藤元支局長に責任があるようにふるまい、
とてもまともな報道記者とは思えない。


こんな些細なことでなぜ裁判にかけられたのか。
それは日頃から韓国に批判的な記事を書いていた、
産経新聞とその責任者の加藤元支局長を狙い撃ちにしたのではないかと思われる。

実際、朴大統領が加藤元支局長に対して処罰を望まないと、
希望して、談話等を表明すれば裁判は行われなかったそうだ。
おそらく、朴大統領の気持ちを忖度した側近や幹部が、
政治団体を利用して産経新聞を懲らしめようと
訴えさせたのが実態のようだ。

ご存じの方も多いと思うが、
結果から言うと、加藤元支局長は無罪放免となり、
無事、日本に帰国している。

しかし、長引く裁判と、
身の危険を感じながらの韓国での生活の実態など、
読めば読むほど腹が立つ内容ばかり。

加藤元支局長と産経新聞には、韓国の政権担当者等が、
何度も謝罪のコメントをだしてはどうかと打診してくる。
そうすれば、韓国政府も善処すると匂わしながら・・・。
それに対し、加藤元支局長と産経新聞は謝罪等のコメントを
一切拒み、裁判で決着をつけることを選択する。
それは、もちろん一切、名誉棄損していないという信念があったことも理由だが、
日本を貶め続けてきた韓国のやり口を熟知していたからだ。
もし妥協して何らかのコメントを発表していたら、
それを利用され、産経と加藤が負けを認めたと捻じ曲げて、
声高に宣言されてしまうのが容易に想像できたのだ。

長く険しい判決までの裁判を闘い抜いた加藤元支局長の姿は、
感動してしまう。
そして単純に尊敬してしまう。
自分なら途中で妥協していたかもしれない。

韓国の政治や官僚が世論に左右され、
場合によっては法律をも簡単に捻じ曲げてしまう、
とても不安定で怖い国ということを改めて実感した。

ひとつ救いだったのは、加藤元支局長の周りの韓国人は、
この裁判がいかに不当かを話し、
加藤元支局長の苦労を労う人が多かったそうだ。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 13:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)
70年前の教え子を今も気にかけている元教師の女性の姿にただただ感動する一冊。 西谷 格 著 「この手紙、とどけ!」
「この手紙、どどけ!」
西谷 格 著




日本統治時代の台湾。
台湾のこどもたちに勉強を教える日本人教師。


戦後、日本人は台湾を引き上げ、
その後に蒋介石とその軍隊がやってきて統治を始める。


時を経て、教え子たちの今が気になった元教師の106歳の女性が、
台湾に宛てて手紙を書く。
しかし、今の住所とは違っていて、
手紙は宛先不明で郵便局で保管されることになる。
普通ならここで終わってしまうところだが、
ここからが奇跡が起こる。
日本からの手紙が気になった郵便局員たちが、
手紙の受取人を配達先で聞き込みして調べ、
家族のもとに届ける。

それから、元教師と教え子たちの時をこえた文通が始まる。

この出来事は、台湾のメディアでとりあげられ、
日本でも一部の新聞でとりあげられたそうだ。


著者は、手紙を教え子の家族のもとへ届けた郵便局員をたずね、
元教え子たちをたずねている。

日本からきたのだから何か大事な手紙なのだろう・・・と、
宛先不明の教え子の住所を調べあげ、
届けた郵便局員たちに感動してしまう。
その心意気に。

そして、数人の教え子の話を聞き、
当時の台湾の様子、学校での生活の様子などが語られる。

日本語の教育をうけていた80歳前後の教え子たちは、
今も流暢な日本語を話し、綺麗な日本語の文字を書いている。
ところどころに、教え子たちの直筆の手紙の画像が載っていて、
それを見ているとなぜか涙がとまらなかった。

日本統治時代の日本人たちはおおむね公平で、まじめで、
規律正しかったと多くの教え子が話す。
楽しかった思い出、厳しく指導された思い出。
話すようすが見えてくるような感じで、
当時の学校様子や雰囲気を想像してしまう。

それぞれの教え子たちの戦後の人生を回想しているのも興味深い。
戦後やってきた国民党軍の傍若無人ぶりに、
日本統治時代を恋しくなる人がほとんどだったそうだ。
貧しかった台湾が、発展していく姿が、
そのまま教え子たちの人生に重なっていく。
事業を起こしたり、仕事についたり、
数々の苦労を重ねながら年を重ねる姿にも感動してしまう。

戦後の台湾では、反日教育がおこなわれ、
日本統治時代に対して否定的な人も多いという。

直接、日本統治を経験した人達が感謝し、
そうでない人が否定するというのも印象に残る。

国民党軍があまりにひどかったので、
日本統治時代がよく見えたというだけかもしれないが。


先生と教え子の交流が深く感動するのはなぜなのか。
それは真心と真心のによるものだからではないか。
70年たっても教え子の健康をこころから心配する女性の姿、
70年前のことをいまでも感謝する80歳の教え子たち。
時がたってもまったくかわらない絆に、
心から感動してしまった。
今の日本からみてなんとうらやましい時代だったのか。

戦前が悪で、戦後が善というありふれた価値観が
いかに陳腐で間違っているかと思い知らされる。
 



  いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
  ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
  本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ livedoor RECYCLE
古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 16:28:00 | Trackback(0) | Comments(0)
連鎖する十代の殺人。    一橋文哉 著  「人を、殺してみたかった 名古屋大学女子学生・殺人事件の真相」
「人を、殺してみたかった 名古屋大学女子学生・殺人事件の真相」
一橋 文哉 著



日本中を震撼させた、
名門大学の女子学生が起こした殺人事件のノンフィクション。
犯罪を起こした少年少女は更生できるという前提の今の法体系や更生プログラムが、
限界を迎えているという現状を強く実感しました







名門の名古屋大学の女子学生が知り合いの女性を自宅アパートで殺害した事件。

事件と犯人の女子学生について知れば知るほど、
どうして犯行に及んだのか、
ますますわからなくなりました。


女子学生は仙台出身。
仕事で毎日忙しくしている母親と、
研究に没頭し、仕事らしい仕事をしない父親の、
すこしゆがんだ家庭でそれまでを過ごしている。
仕事をしない父親に母親は厳しくあたっていたらしい。
そんな息苦しい環境から逃れるために、
名古屋大学に進学したそうだ。

化学や薬物に魅せられていた高校時代。
そのころすでに同級生に毒をもり、
失明状態にする事件を起こしている。
しかし事件は体面を気にする学校と、
警察の捜査怠慢でうやむやになってしまう。

また女子学生は動物を実験台にして毒の効能を試したりしている。

すでに異常な兆候はいろいろなところで現れていた。
同級生が失明した事件がもっと捜査されていれば、
新たな被害者は出なかったかもしれない。


動物を殺したりする兆候は、
神戸の酒鬼薔薇少年でも確認されていて、
共通している。


この女子学生が特徴的なのは、
過去に人を殺した(殺そうとした)若い殺人者たちを
崇めたてているところだ。
酒鬼薔薇はもちろん、秋葉原で車を暴走させた男や、
静岡で母親に毒ももった少女など、
事件について詳しく調べて、
その人物にあこがれ、自分を重ね合わせている。

大学に入り、一人暮らしになってからは、
SNSに毒のことなど
さまざまなつぶやきを書き込んでいることにも
驚いてしまう。
自由を手に入れた女子学生は、
妄想を現実にして人を殺してしまう。
計画的なようであり、場当たり的でもある、
幼稚で中途半端な犯行。


殺人者にあこがれる心理。
どうしても理解できない。

恐ろしいのは、十代が起こす猟奇殺人事件は、
確実に連鎖しているという事実。
ネットの発達が少なからず影響していると思う。
今後も新たな殺人者が、現れるだろう。
取返しがつかない事をする前に、
まわりのおとなが気付ければいいのだが。


女子学生の殺されたのは、
宗教の勧誘に訪れた、エホバの証人の教徒の老婦人。
老婦人に対しては普通に対応していた女子学生だが、
実際は熱心な勧誘に反感を感じていたようだ。

優等生だったという女子学生。
家庭環境の影響なのか。
親への反発からなのか。


現代の若い殺人者は少年法や刑罰などを、
よく知っていて、
その上で犯行に及んでいるというもの恐ろしい。

そんな若者の凶悪な犯罪に、
現在の法体系や処罰のシステムが合わなくなってきていると、
著者は警告している。
若者は更生できると考える現在の少年法。

酒鬼薔薇が本を書いたり、
ネットでヌードをさらしたりしている事実を知ると、
著者の警告が的を射ているように感じる。











いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
もがき続ける中東の国々   田原 牧 著 「ジャスミンの残り香  アラブの春が変えたもの」
「ジャスミンの残り香 アラブの春が変えたもの」
田原 牧 著



理想の社会を目指して、もがき続ける中東の国々の今の姿。










若い頃に中東の大学に留学していたという著者。
アラブの春で中東がどう変わったかを知るために、
中東を訪れて、その状況を報告している。


日本人から見ると、複雑に入り組んでいるように見える中東の国々とその情勢。
本書を読んでもそれがすっきりと解消されるわけではない。
(むしろもっと混乱するかも・・・それはないか)
とにかくいろんな派閥や氏族やグループが乱立していて、
それらの利害関係が複雑に絡み合って、
今の中東の情勢を理解するのは専門家でも難しいかもしれない。

著者はその中東の国々の報道される姿とは別の姿を
市井の人々の声も紹介しながら伝えている。
レポートの合間に、中東に関する考察や、
これまでの中東の国々の対立なんかの解説もあり、
その辺はとても参考になる。

ただ、専門用語や中東独特の表現が混じっていて、
文章としてはかなり読みにくかった。
(単語をメモしながら読み進むと理解しやすいかも)

日本でよく聞く単語も著者のこだわりで、
ちょっと違って表記されていたり。

スンニ派  ⇒ スンナ派
アラファト ⇒ アラファート
カダフィー ⇒ カッザーフィー
ヒズボラ  ⇒ ヒズブッラー

ちょっとしたことだが、なんか気になってしまった。
表記としては著者の方が近いのかもしれないが。


大規模なデモの民衆の力が独裁政権に終止符をうたせることにつながったが、
少し前の日本の反原発のデモと比較して失望しているところも印象に残る。

誰もが(中東の人だろうが日本人だろうが)等しく、
もっといい社会を目指しているのは同じだと思うが、
中東の人たちの今を変えようとか、
自分たちの理想を現実にしようとして、
常に行動しているその情熱にただただ感心してしまう。
格差や貧富の差が激しいことから来るのかもしれないが、
反原発の気運が高まったと思いきや、
結局まるくおさまってしまう日本人とは大きく違う。
日々の生活を投げ出しても、
今を変えようとするその原動力は何なのか。
どこから来るのかをもっと知りたいと思った。


独裁政権が倒れて初めてわかった中東の混乱。
独裁政権がそれまであった、
軋轢や確執を抑えていたのだと思うと、
少し複雑な気持ちになる。
それでも、多くの市井の人々は革命を起こしてよかったと口にしていた。
以前より生活が苦しくなっても、
そう言える中東の人々の覚悟がうらやましい。

何のために生きるのか。
幸福とは何なのか。

物があふれた日本で、
中東の人々の姿に触れると、
否が応でもそれらを考えさせられる。


アラブの春は革命だったのか。
そもそも革命とは何なのか。
これまでの革命で成功した革命はあるのか。
そんなことも深く考えさせれれる。

革命とはプロレタリアートが行政機関と全国家機関とを破壊して、
それと武装した労働者からなる新しい機関と取り換えることにある

レーニン



革命とは自由の創設のことであり、
自由が姿を現すことのできる空間を保障する政治体の創設のことである

ハンナ・アーレント




著者が日本がデモや運動で激しかった時代の息吹を
受け継いでいることが伝わってきた。
そして中東の人々の熱い生き方への憧憬のまなざしが、
文章のあちらこちらからにじみ出ているように感じた。









いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 13:29:19 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad