■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日韓友好は幻想      松木國俊 著 「こうして捏造された韓国「千年の恨み」
「こうして捏造された韓国「千年の恨み」
松木國俊 著


日本に対する韓国の対応をまとめている本です。
知れば知るほど隣国の嘘と欺瞞に怒りがわく一冊です。


こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
(2014/06/13)
松木國俊

商品詳細を見る



著者はソウルに駐在経験のある元商社マン。

朝日新聞の「従軍慰安婦」問題や度重なる韓国大統領の反日の言動で、
高まっている嫌韓ムード。

改めて韓国について知りたいと思い読んでみました。
嫌韓ブームにのって、この手の本は結構出版されているので、
あまり熱くならないように気をつけて読みましたが、
それでも怒りが次々とわいてきました。

韓国を併合して日本のやり方を押し付け、
強制連行で労働させられ、慰安婦にさせられた・・・。
日本でも根付いているこのイメージが、
嘘だというのが改めて時間させられた。

細かい点については読んでもらうとして、
日本の防衛のためとはいえ、
韓国併合後に韓国で実施したあれやこれやの政策が、
何ともすばらしいことか。

戦後も有形・無形、いろいろな形で援助をしている日本。
それにも関わらず、一切日本に感謝せず、
いまだにあることないこと、世界中に日本の悪口を言いふらす韓国。

竹島を一方的に占領した経緯と、
その後の日本の漁師や漁船を拿捕して、
なかなか開放せず、
それを人質として日韓交渉の材料にしていたという箇所は、
本当に腹が立って腹が立って仕方がなかった。

島根県が竹島の日を制定したのも、
こんな韓国の横暴があったためだと納得した。

あまり事情をしらずに軽々しく日韓友好なんて口にする
偽善的な政治家や地方議員には、
ぜひこの本を読んでもらいたい。

何から何まで日本がよかったとは言わないが、
戦前の日本と日本人のほうが、
余程しっかりしていたんだなぁと実感。

韓国と敵対する必要はないが、
無理に仲良くする必要はないと思った。
必要最低限に付き合い、
次に金融危機に陥ったら、絶対に援助はしないでもらいたい。

それにしても韓国の反日は酷すぎる。
何かうまくいかないことがあればすべて日本のせいにする。
日本がなければ、韓国はこんなに発展していなかったのは、
目に見えているのに・・・。
韓国にひどいことをしたから、
日本が韓国に金を出すのは当然だと、
韓国人は思っているらしいが・・・。
そのためにも反日を世界に喧伝して、
永久に日本が韓国に頭が上がらないようにしている。

韓国の反日はもう救いようがないので、
北朝鮮ときちんと交渉して、
北朝鮮を親日にして、
北朝鮮を通して韓国を脱反日(親日)にした方が、
現実的なのではないかと考えてしまった。



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
(2014/06/13)
松木國俊

商品詳細を見る




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

韓国 | 23:17:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。