■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人気のリンカーンライムシリーズ最新刊。 今回は被害者に入れ墨を入れる殺人犯と対決。  ジェフリー・ディヴァー 著  池田真紀子 訳 「スキン・コレクター」
「スキン・コレクター」
ジェフリー・ディーヴァー 著
池田 真紀子 訳


著者の代名詞、リンカーン・ライムシリーズ第11作。
今作も読者を、心底楽しませてくれる一級のエンタメ作品でした。





ジェフリー・ディーヴァーの新作はなるべく読むようにしています。
どっぷりとエンタメ作品に浸れるので、
読書の楽しみを感じられます。


事故で半身不随になった元ニューヨーク市警の警部、リンカーン・ライム。
現在はその幅広い知識と鋭い洞察力をかわれて、
ニューヨーク市警のコンサルタントとして、
犯罪捜査に協力している。
というか、犯罪捜査をほぼ指揮している。
ファンにはおなじみのリンカーン・ライムシリーズ。


今回の相手は、被害者にタトゥー彫って、
その施術の際に針にインクとともに毒をつけて
殺すという特異な犯行を行う人物。

最初に発見された被害者の遺体には、「the second」と入れ墨は彫られていた。
そしてその文字を囲むように独特の波模様。

犯人はどんな意図があって入れ墨を彫るのか。
この文字は一体何を意味しているのか。
次の犯罪についてのメッセージなのか。


入れ墨を彫る犯人。
捜査の過程で、アメリカにおける入れ墨の現状が書かれていて、
とても興味深かった。
入れ墨だけでなく、皮膚にダメージを与えて、
形を変えたり、印を刻んだりすることも行われているらしい。
ボディーモディフィケーションと言われるらしい。

また、様々な毒を犯行に用いる犯人なので、
いろんな毒についての特徴なんかも出てきて、
それも興味深かった。
(例えば日本のフグ毒のテトロドトキシン。
外国人は毒の危険を知りながらフグを食べる日本人を相当物好きだと思っているらしい。)




現場に残された微細証拠をもとに、犯人に迫るライムとそのチーム。
やがて、半身不随になった事故後にライムが初めて解決した殺人事件の犯人、
ボーン・コレクターの影響をうけ、参考にしていることが分かり、
その後、犯人の最終目的が浮かび上がってくる。

ジェフリー・ディーヴァーならではのどんでん返しも健在。
後半はラストに向けて、犯人や犯行についての事実が次々と明らかになり、
ひきつけられっぱなしでした。


前半にちりばめられた伏線が結末に大きくかかわってくる。
読者(リンカーンも惑わされるが)をミスリードするエピソードも出てくるので、
身構えて読んでいても結局は意表を突かれてしまう。

おそらくは現実のアメリカの社会を反映して描かれていると思われる、
組織や団体の記述がとても興味深い。

ミリシア。

ネットで調べると民兵組織とでてくるが、
本作ではキリスト教原理主義のテロ組織の団体の一つとして登場する。
かなり偏った考えで、
キリスト教やキリスト教徒以外を迫害するような考えが団体の基本になっていて、
実際のアメリカで、もし実在するならとても怖いと思ってしまった。



過去に解決した事件、ボーン・コレクターやウォッチメイカーの事件がかかわっているので、
できれば作品順に読んだ方がより楽しめると思うが、
読んでいなくても十分楽しめます。


たっぷりのページ数で、
しかも上下2段。
いつものことながら、十分に楽しませていただきました。









いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】








スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

エンタテイメント | 19:39:29 | Trackback(0) | Comments(0)
警察学校が舞台の物語   長岡弘樹 著 「教場」
「教場
長岡弘樹 著 


警察官を目指す人のための警察学校が舞台の連作短編集。ある意味、
警察小説の一種といっていいかもしれません。



教場教場
(2013/06/19)
長岡 弘樹

商品詳細を見る




教場とは警察学校の教室とか授業される場所の意味。
警察関係者以外はほとんど知ることのない、警察学校を取り上げて、
さまざまな物語に仕上げている。

警察学校を志望する若者の動機を知るだけでも、
いろんなドラマが隠されているんじゃないかと
わくわくしながら読み始めました。

実際の警察学校を取材して書かれているのだろう。
年齢や経歴がさまざまな人間が警察を目指している。
幼少時に警官に世話になり、警官を目指す者。
大事な人を亡くし、その事件を捜査しようと警官を目指す者。

物語ではいろいろな人間が登場するが、
だいたいの傾向として、同期や先輩・後輩の足を引っ張り、
貶めようとする結末にちょっとがっかり。
後味が悪い物語が多かったと思う。
閉鎖空間で競争させられると、
自ずとこういう風になるのかも知れないが、
それでももっと違った毛色の物語もほしかった。

警察学校を舞台にそこで学ぶ学生の物語なのだが、
そこに裏の主役として毎回登場するのが、
臨時教官としてやってきた風間。
前面には出てこないが、学生の一人を情報屋にして、
自分が受け持つ学生たちの動きを把握している。
不気味な存在として書かれているが、
その分、いまひとつせまってくる感じがなかった。

生ぬるい感動の話を作り出せるほど、
警察学校はやさしい場所ではないのだろうが、
これ程、悪意に満ちている場所ではないと思ってしまった。

読んでいてちょっと想像してしまったのは、
柳広司著「ジョーカーゲーム」。
不気味な存在として裏の結城を浮かび上がらせる感じに、
この本を想像してしまった。




教場教場
(2013/06/19)
長岡 弘樹

商品詳細を見る



いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エンタテイメント | 01:00:06 | Trackback(0) | Comments(0)
高校生探偵の日常ミステリー    東川篤哉 著 「放課後はミステリーとともに」
「放課後はミステリーとともに」

東川篤哉 著


「謎解きはディナーのあとで」が大ベストセラーの著者の作品。
ベストセラーではなく、この本を先に読んでみました。




放課後はミステリーとともに放課後はミステリーとともに
(2011/02/18)
東川 篤哉

商品詳細を見る



ブームにのっかって手にした本のなで、
ミステリーという以外ほとんど知らずによみました。

一言でいうと、
手軽な読み物という感じでした。




霧ヶ峰涼という探偵部に所属する高校生が活躍する
日常系ミステリーの連作短編小説です。

霧ヶ峰涼・・・。
エアコンみたいな名前。
この件が随所にでてきます。
読者を楽しませようと、アットホームな雰囲気で
物語が進んでいきます。


教室から逃走した窃盗犯が消えた謎。
週刊誌に狙われた芸能人。
砂場で襲われた陸上部部員。
コーヒーに毒を混入された老人。

などなど高校生の日常で出会ったちょっとした謎を、解き明かします。
いい意味で切実さのなさが、なごみます。

日常系ミステリーですので、人が死んだりはしません
あしからず。
たまにはこういう何気ないミステリーもいいもんですね。
そういえばこんな小説を読んだの久しぶりだなぁと実感。

読んでいて思い出したのは、北村薫さんの作品「空飛ぶ馬 」とか「夜の蝉」

涼しくなるこれからの季節には、こんななごむ作品がぴったりだと思います。


欲を言えば、探偵の魅力ある相棒が登場してもよかったかな。






放課後はミステリーとともに放課後はミステリーとともに
(2011/02/18)
東川 篤哉

商品詳細を見る







まるごとダイズ炭酸飲料・大豆サイダー≪SOYSH≫


地域限定の「プリッツ」「コロン」は職場のお土産にピッタリ!



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはありませんか?
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】







テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エンタテイメント | 00:30:09 | Trackback(2) | Comments(0)
スコットランドの田舎で起きる連続殺人 D.M.デヴァイン著 「五番目のコード」
「五番目のコード」

D.M.デヴァイン著
野中 千恵子 訳



久しぶりの本格ミステリー。
著者の作品は「悪魔はすぐそこに」以来、2冊目。
どんな事件が起こるのか、わくわくしながら読みました。
さすがに評判がいい作者だけあって、
最後まで楽しませてくれました。



五番目のコード (創元推理文庫)五番目のコード (創元推理文庫)
(2011/01/27)
D・M・ディヴァイン

商品詳細を見る



舞台はスコットランドの地方都市。
事件はとあるパーティが終わったあとに起こる。
会場からの帰り道。
女教師が何者かに襲われ、かたわらに葬儀社のカードが落ちていた。
かろうじて教師は一命を取り留める。

事件の捜査にあたる警察。
そしてそこに登場するのは有能な新聞記者のビールド。
警察からは、容疑者の一人とみられるが、
取材を通してやがて真相にたどり着く。

スコットランドという場所と、
少し前に書かれたという時間。

現代の日本で読んでいると、独特の不思議な感覚を感じた。

主人公のビールドはかつては有名な新聞社にいたが、
わけあって今は地方の新聞社に勤めている。
正義感に燃える新聞記者らしく、
権力や社内の上司にも媚びない。

しかし、唯一、今の新聞社の直属の上司だけは、
ビールドに目をかけてくれている。
しかし、この上司もやがて事件に巻き込まれる。


ビールドの新聞記者としての報われないいらだちと、
長年恋する女性がいながら、
別の女性と半同棲のような親密な関係を築いている様子。
中年になりかけの独身の男の、
中途半端で不安定な立場がよく描かれていると思った。

このビールドの感覚は現代の日本の問題とよくつながっているように思う。

そして、事件に真相にせまっていくと、
男女の恋愛や結婚という切実な問題が浮かび上がってくる。

いつの時代も恋愛とか結婚とか
単純にしあわせなことばかりじゃないとよくわかる。
(嫉妬のエネルギーは強大なんだなぁと改めて実感)

ところどころに挿入される犯人の手記。

結末の真相が明らかになる場面。

ミステリーとしての読者を飽きさせないような、
読みどころもたくさんある。



五番目のコード
  • D・M・ディヴァイン
  • 東京創元社
  • 987円
Amazonで購入
書評



ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

まるごとダイズ炭酸飲料・大豆サイダー≪SOYSH≫


地域限定の「プリッツ」「コロン」は職場のお土産にピッタリ!



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはありませんか?
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エンタテイメント | 14:24:48 | Trackback(0) | Comments(0)
大ベストセラーの貧乏本 田村裕 著 「ホームレス中学生」
田村裕 著

ホームレス中学生


言わずとしれた大ベストセラー本。

“味の向こう側”とか“公園でくらしていた”とか“友達にふりかけを持ってきてもらった”など笑いのネタとして既にテレビで著者の境遇は知っていたが、それらすべてがひとつにつながるのはなかなか面白かった。

ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る



売れている本だからとなんとなく馬鹿にしていたが、面白く読んだ。途中、何度も涙が出てきた。それは著者の死んだ母親への深い愛情。細かい思い出の数々が綴られていて、貧乏に苦しみ、空腹で気が変になりそうになっても母のことを考えて、パンを万引きするのを思いとどまったなど・・・。

夏休みの一月間。本当に中学生が公園で暮らすことができるのだろうかと疑ったりしたが・・・。

文章も独特のわかりやすい文学表現で、著者の個性を現していた。(本人が書いているとすれば・・)
そして、ただの感動本のようなきれいごとで終わっていないのがいい。兄や姉との喧嘩。家出。中学や高校での遅刻など結構だらしないところもされけだしている。

本の中でも書いているが、父の存在や父への思いがあっさりとしか書かれていない。まったく父には恨みはないと・・・。でもいくらなんでも「解散・・・」で子供の面倒をまったく見ない父親は責められてしかるべき。自分が面倒を見れないなら、行政に相談でもすればいいのに。
たまたま幸運にも著者は立派に育ったが、そうでなければ人間不信になって極悪非道な犯罪を犯していたかも知れない。そうならなかったのは、いつもやさしかった母の存在。

そんなにやさしい母なら、どんな人なのか会ってみたいと強烈に思った。
自分が悪いわけでもないのに“ごめんね”といつも謝ってばかりいた母。その母が自慢できるような大人になることが著者の目標なのだ。

最後に、母への手紙のような文章が綴られている。
ちょっと感動的なんだけど、いくらなんでもこれはやりすぎ。おそらく編集者の構成なんだろうけども、狙いすぎだよ。ちょっと蛇足だったかな。


分量も多くないし、今時の中学生が読んでもいいかも。カルチャーショックをうけるかも知れないけど。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エンタテイメント | 00:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。