■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戦時下の呉の庶民の物語 こうの史代 「この世界の片隅で」
「この世界の片隅に」

こうの史代 著


こうの史代さんの本を読むのは、「夕凪の街 桜の国」につづいて2冊目です。
久しぶりの漫画で少し戸惑いながらも、漫画ならではの表現に吸い込まれました。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
(2008/01/12)
こうの 史代

商品詳細を見る



上・中・下の三冊の作品です。
戦時下の広島と呉を舞台に、年頃の少女のすずが結婚して夫の家族と暮らし
敗戦をむかえるまでを当時の生活の様子を交えながら描きます。

戦争と聞いただけで何か敬遠しそうだけど、
ただただ悲惨というよくある反戦の物語だけで終わっていないところが
この作品のすごいところ。


すずと結婚する夫の、そして義父・義母、義理の姉との暮らし。
ふわふわとして少しおっとりしているすずの性格は、決して順調ではない新しい環境で、
まわりの人を和ませてしまう。
読んでいるこっちも和んでしまう。

最初は怖い存在だった義理の姉が、やがてやさしくなり、すずを受け入れるようになるのは
面白いしグッとくる。

絵が得意なすずは時に絵で人と仲良くなったり、また、絵で憲兵ににらまれたり。
山あり、谷ありの人生や日々のくらしを情感たっぷりに描いていて、読んでいて心が洗われる。

慎ましい庶民の生活や暮らし知恵や節約の様子。
戦時下でも、人々の暮らしはあり、そこには笑いやゆとりもあった描いている。
黒や灰色で塗りつぶしているような戦争もののドキュメンタリーより、
よほどこの作品のほうが真実を描いていると感じた。

人の愚かさと人の尊さ。
生々しく卑しく感じるほどの生と、すぐ間近にある死。
否応なしに人生について考えてしまう。




わたしのこの世界で出会ったすべては

わたしの笑うまなじりに

涙する鼻の奥に

寄せる眉間に

ふり仰ぐ頸に宿っている




マンガ独特の表現に魅了されるし、
読みどころ満載で、各方面から絶賛されているのも納得の作品。

誰にでもオススメできる名作です。


この世界の片隅に(上中下巻)
Amazonで購入
書評/歴史・記録(NF)


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

漫画 | 23:41:57 | Trackback(0) | Comments(0)
在日特権という在日朝鮮人・韓国人の横暴  山野車輪 著 「嫌韓流 4」
山野車輪 著

「嫌韓流 4」


その内容から、出版が危ぶまれた「嫌韓流」

すでに4冊目になるんですね。

韓国・朝鮮についての認識を改めさせたシリーズ。

今回は、在日朝鮮人・韓国人について深く掘り下げています。


マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック)マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック)
(2009/04/30)
山野 車輪

商品詳細を見る



今作は、在日特権と呼ばれる在日朝鮮人・韓国人に有利に

変えられていえる日本の社会保障に詳しく書かれている。

その在日特権がどうして在日に付与されるにいたったか。

歴史的経緯にも触れている。

知れば知るほど、腹が立ってくる。

自分たちは戦時中に朝鮮半島から強制的に連れてこられた被害者だと

デマを声高に宣伝し、

団体で役所に押し寄せるなど圧力をかけまくり、

獲得していったのです。

そのほか、在日の地方参政権についても書かれています。

このままで行くと国民固有の権利である選挙権も在日に付与される可能性が高いです。

民主党政権が誕生すると、

間違いなく在日に選挙権が与えられるでしょう。

付録の織原城二との裁判についてもよみ応えがある。


国民の知らないうちに、

日本の政治や社会保障が

これだけがゆがめられているのかと

驚かされる一冊。



ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

漫画 | 23:09:43 | Trackback(0) | Comments(0)
家族がうつ病になったら・・・ 細川貂々著 「ツレがうつになりまして。」
前からうつ病についての本を読もうと思っていたんです。
そしたら、ちょうどいいのがありましたよ。

漫画ですけどね。

朝のNHKの番組で今日、紹介されてもいました。

細川貂々

「ツレがうつになりまして。」

の感想です。
ツレがうつになりまして。 ツレがうつになりまして。
細川 貂々 (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


会社員のダンナがうつ病になり、会社をやめて、病気と向き合い、受け入れていくまでの一年を綴ったエッセイ漫画です。

いまどきの女性漫画家のエッセイですから、切実な問題なのに軽く、コメディーっぽく描かれています。

実際は、夫婦にとってこの本で伝えられないほどに大きな壁だったのかも知れない。

何事に対してもやる気がなくなって、食欲がなくなり、眠れなくなり、今まで難なくこなしていたことができなくなり、それで更に自分に自信がなくなり、自分なんか世の中にまったく必要とされていないんじゃないかと思って、死にたくなってしまうという病気。

著者のダンナは、まぁ普通の会社員だったのだが、リストラをきっかけとして仕事量が増え、完璧に仕事をこなそうとして失敗が続き、やがてうつになっていったらしい。

どちらかというと完璧主義者がなりやすいそうだが、誰でもこの病気になる可能性はあるのだ。
このダンナ、毎週、曜日でつけるネクタイが決まっていて、曜日で使う入浴剤もきまっていたんだって。
なんかそれだけでもすごい。

薬もあるにはあるのだが、何せ、心や気持ちの病気だけあってそう簡単には治らないらしい。

ちょっとしたことが心の重しとなり、ちょっとした言葉が心に負担となる。
回りの人ができることといえば、負担にならないように見守ること。
簡単そうだけど、この見守ることができないんだ。
とくに、こっちが忙しかったり、問題を抱えていたりしたら、やつあたりしてしまうから。
「毎日、毎日、寝てばかりいて・・・」

その一言が、症状をさらに悪くしたりするんだ。

今まで普通にやっていたことをやめたり、やらなくなったりするのだから、それだけでも本人にとってはかなりショックらしい。
仕事に向かう人の姿をみて、今の自分とかさねて、自分を責めたり・・。

ちょっとした知識も、書かれている。
例えば、うつの症状が天気の影響を受けやすいということ。
天気がいい日は、精神も安定しているが、雨になるとふさぎ込むらしい。それが、台風になると・・・・もっとひどくなる。
だから、天気予報で症状がわかるらしいです。

よくなったり悪くなったりを繰り返して、やがて、病気とうまく付き合うようになっていければ・・・。
そんな感じで、治療にもかなりの時間がかかる。

また、社会の理解がないと単なる怠け病と判断されてしまうから、そこも考えなければならない。
意外と身近にうつ病の人がいるかも知れない。

最後におまけとして、夫婦の大事な“息子”のイグアナのエッセイが載っていた。これが、結構かわいいんだ。
ほんとに爬虫類がこんなに人になつくのか疑問だけど・・。
できれば、このイグアナでもう一冊書いてほしいな。
それだけ、著者の漫画は心地よくて読みやすかったです。

うつの病気と家族の大変さが実感できる一冊です。

ツレがうつになりまして。 ツレがうつになりまして。
細川 貂々 (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

漫画 | 21:28:53 | Trackback(2) | Comments(4)
意外と内容充実  小栗左多里 トニー・ラズロ著 「ダーリンの頭ン中」
この著者の本って、結構売れましたよね。

「ダーリンは外国人」シリーズ。

その「姉妹本」がこの本ですよ。
根がへそ曲がりなもんでなんか騒がれてると手に取ろうと思わないんですよ。
タイトルに「ダーリン・・」ってあるからには、さぞや鳥肌が立つようなのろけ話満載だろうって勝手に判断して・・・。

でも、意外でした。

今日は、小栗左多里トニー・ラズロ

ダーリンの頭ン中 英語と語学

の感想です。
ダーリンの頭ン中 ダーリンの頭ン中
小栗 左多里、トニー・ラズロ 他 (2005/03/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


副題に「英語と語学」とあるように、外人のダンナと暮らして感じる映画と日本語の違いやその裏にある文化の違いについて描いているエッセイマンガです。

イメージだけで、もっとやわらかい内容かと思いきや、ちゃんとしてました。
著者が疑問に思うこともしっかりとして、いいところをついていて、その疑問を受けてダンナが答えることも的を得ていて、いろいろ考えさせる内容と来ている。

おまけに小難しいことを言っている割には、読みやすい。
このマンガが、いまどきのなごみ系のマンガで、読んでいてもぜんぜん胃にもたれないのでいつまでも読めてしまうんです。
人気なのもよくわかりました。

(普通のマンガは絵や描写がどぎつくて、読んでいてすごく疲れてしまうたちなんです・・・)

単純に「へー・・・」とうなってしまうトリビア満載。
「トリビア」という言葉の語源も載ってるし。

シンデレラの意外な意味

朝鮮語と日本語の類似点

日本の恥ずかしい“マンション”名

外国名がどの外国語を元にしたものか

意外にむずかしい日本語の発音

「ザ」を「ジ」と言い換えなくてもいい!?


そのほか、興味深いものばかり。
すんなり読めて、その上内容もしっかりしている。

巻末にこの外人のダンナが学者と対談しているのがのっているので本人が写真で載っていた。
マンガのキャラクターを味わったあとに、リアルな毛むくじゃらの外人の親父にちょっと幻滅。
できれば出さないでほしかたなぁ・・・。
まぁ、著者の目にはマンガのように写っていたんだろうな。
作者としての思惑もあるだろうが・・・。


明らかに日本語と英語の違いを描いているのに、副題が「英語と語学」だって・・・。
「英語」と「日本語」でいいじゃん。

「国語」と「日本語」ついてのコラムも書かれてあって、底辺に日本についての反感が静かに流れている印象もうけた・・。

ダーリンの頭ン中 ダーリンの頭ン中
小栗 左多里、トニー・ラズロ 他 (2005/03/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


日本語と他の言語について考えさせられる一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

漫画 | 20:34:31 | Trackback(0) | Comments(2)
原爆が残した傷跡  こうの史代「夕凪の街桜の国」
わしズムの最新号の巻頭に、この作者の漫画が載っていて、なんとも独特の作風に興味をもち、評判のこの本を読んでみました。

ということで、今日は

こうの史代夕凪の街桜の国の感想を

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る


著者の出身地である広島。

原爆が広島とそこに住む人々にもたらした有形無形の傷跡を描いている。

原爆の被害がやっとすこしだけ遠ざかったと思わせるような戦後の平和な広島。
会社に働き、貧しいながらも倹しく生活して、やがて恋をする年頃の女性。
しかし、多くの人々が、川で、道で、死体となって転がっていたことを思い出し、自分だけこんなに幸せになってもいいのかと自分を責める。

やがて、自らも体調を崩し、血をはき、臥せるようになる。そして体力が落ちて、気力がなくなり、死んでいく。

直後に死ぬひとばかりではなく、じわじわと、放射能の影響で数年後や数十年後に死ぬ人々。

原子爆弾の恐ろしさを実感させる。

ラストの、登場人物が死を覚悟した言葉が胸に突き刺さる。

「十年経ったけど
 原爆を落とした人はわたしを見て
 『やった!またひとり殺せた』
 とちゃんと思うてくれとる?」


目に見えない放射能は、ゆっくりと人々の体を蝕むのだ。
恋をしていようと・・。
これからの人生に希望を見出していようと・・・。
容赦なく。


こんな理不尽なことに、この本の登場人物たちは、声をあげて叫んだり、喚いたりしない。
静かにそれを受け止め、自分の中で消化して乗り越えようとする。
その姿に、また感動するのだ。

それは、本来もつ日本人らしさだと思ってしまう。
ゆっくりと悲しみを受け入れる。当時の多くのの日本人はやはりそうしたのではないだろうか。

とてつもない大きな悲しみの上に今の日本が成り立っているのだ。

それを考えると、決して必要なかった原爆投下をした、アメリカにむしょうに腹が立つ。
腹の底から憎しみが湧き出してくる。

この憎しみは、原爆を落とされた国の人間として、当然、礼儀としてわきまえるべき感情だと思うんだ。

多くの犠牲の上に成り立っているこの国の平和に改めて感謝したい。
ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

漫画 | 14:20:00 | Trackback(1) | Comments(2)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。