■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
師と仰ぐ作家の秘められた恋と恋人の失踪事件を調べるうちに・・・。 ジョエル・ディケール 著  橘 明美 訳 「ハリー・クバート事件」
「ハリー・クバート事件」
ジョエル・ディケール 著
橘 明美 訳


二作目の壁にぶち当たったベストセラー作家が、
師と仰ぐかつてのベストセラー作家の秘められた恋と恋人の失踪事件を調べるうちに、
意外な事実が明らかになっていく。





2014年に刊行された評判のミステリー、待望の文庫化です。
上下2冊、年末年始でかじりつくようにして読みました。

評判になっただけあって、冒頭から惹きこまれました。

1975年、アメリカ。
少女が男から追いかけられ、森に逃げていくのを見たと通報する女の様子が語られる。
そして、場面は変わり、2008年。
作家デビューし、1作目がベストセラーとなったが、
2作目がなかなか書けずに出版社から催促されているマーカス。
セレブ生活を謳歌しすぎて、1作目から時間がたちすぎ世間からも忘れられかけている。
困り果てて、最後に頼ったのは、作家になるきっかけをつくってくれた、
大学での恩師でベストセラー作家のハリー・クバート。

久々にハリーの元を訪れ、悩みを相談するマーカス。
ハリーから創作のヒントをもらおうと本棚を漁っていると、
75年に失踪した少女の新聞記事と、少女とやり取りした若き日のハリーの手紙を見てしまう。
その後、自宅に戻ったマーカスに、
ハリーから、行方不明になった少女・ノラの殺人の容疑で逮捕されたと連絡がある。
ハリーにかぎって殺人なんかするはずないと、
2作目の執筆を放って、ハリーの自宅へと駆けつけ、
ハリーの無実を証明しようと失踪した少女ノラについて調べ始めるマーカス。



一気に惹きこまれたが、途中長さをたびたび感じた。
手紙や小説や録音など、
さまざまな記述で75年当時のオーロラの町と
そこに住む住民の人間関係を浮かび上がらせていくのだが、
さすがに細かすぎてちょっと飽きてしまう。
それでも最後まで読んでしまったので、
単純につまらないとは言い切れない。

読んでいるといろいろと突っ込みたくなるところもでてくる。
後半ノラが警察署長に対してやったこととか、
「そんなことするわけないだろ、15の娘が・・・」と突っ込んでしまった。

ノラの人物像も前半と後半では大きく違ってくる。
純粋無垢な少女だと思いきや、計算高い面もあって、取引を持ち掛けたり・・・。
読み終わっても、ハリーが恋愛感情を持つほど魅力的とは思えなかった。
さらに言えば、オーロラの町でモテモテの当時のクバートも、
まったく魅力を感じない。
優柔不断で、虚像の大作家のイメージにしがみついているばかり。

読み終わった物語を振り返ると、
かなり瑕や欠点が多いと感じる。
話が一つに定まらずにあっちに行ったり、こっちにいったり。
ノラの母親のサプライズに関してはさすがに都合がよすぎる。

おそらく、書きながらどんどんアイディアが湧いてきて付け足していったんじゃないか。
大まかな構成はできていたんだろうけど・・。
あとから付け足し付け足しで書いていったがために、
人物像がいい加減になったと想像する。

唯一、キャラクターが立っていて、読んでいて楽しかったのは、
マーカスとその母親の会話。
日本人でもこういう母親いるいると、
うなずける典型的な母親像。
読んでいてホッとするし、母親の登場が楽しみだった。


難ありの小説だけれども、
最後まで読ませるからにはそれなりの面白さがあるのだと思う。





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 21:40:44 | Trackback(0) | Comments(0)
老人介護施設を自前で建てようと奮闘する人たちの勇気をもらえるノンフィクション。  鹿子裕文 著 「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
鹿子 裕文 著


おしっこまみれ、ごみまみれのお年寄りのための居場所を作ろうと奮起した女性と、
その企みに巻き込まれた人々の勇気の出るノンフィクション。








宅老所 よりあい」は福岡にある老人介護施設。
当初はデイサービスとしてスタートするがやがて、
本格的な介護施設へ変わって行く。

本当の介護ができる施設、
老人たちが気兼ねなくすごせる場所をつくろうと奮闘した人たちの物語がこの本だ。

著者は、フリーの編集者で「よりあい」の代表の一人、村瀬孝生さんの本の出版のため、
出版社から依頼を受け、「よりあい」に足しげく通うようになる。
そして、それがきっかけでもう一人の代表である下村恵美子さんと親しくなり、
「よりあい」の世話人のひとりとして様々な活動の手伝うことになる。


「よりあい」の発端は下村さんが大場ノブヲさんという
明治生まれの老婦人の話を聞いたことからだった。
大場さんは夫をなくしてから一人暮らしで、
何から何まで自分でやって来たのだが、ぼけてからは、
風呂に入らなくなり、下は垂れ流し状態で、体は異臭を放つようになっていた。
下村さんがその部屋を訪ねるとおしっこまみれ、ごみまみれ。
本人は「誰だ! 何しに来た!」と威勢はいいのだが、
部屋中ものすごいにおいで、どこか施設に入れてもらえないかと
知り合いの介護関係者に連絡するも、
そんな老婆を預かると他の利用者に迷惑だと言われ、
簡単に断られてしまう。

「けっ! ばあさま一人の面倒もみきらんで、なんが福祉か! 
がんが介護か! なんが専門職か! 馬鹿にしくさって!」


怒った下村さんは、それならば、自分たちで大場さんの居場所を作ろう
とデイサービスを始める。
義憤にかられた下村さんの姿に感動せずにはいられなかった。

ところどころに挿入される下村さんのエピソードがホッとさせるし、
面白かった。
谷川俊太郎さんとのイベントでのやりとりとか最高。

下村さんの強烈なキャラクターが親しみやすくて、
過酷な介護の話でも軽く読める。


当初は借家や間借りで運営していたが、
様々な事情で自前の建物が必要と考え、
方々にあたり、頭をさげ、協力をお願いして資金を調達する。
土地を購入し、補助金を申請し、
建築にようやくこぎつけることができる。

困難の末、2015年4月、自分たちの居場所である建物が完成し、
開所することとなる。

常に赤字続きの「よりあい」は資金調達のため介護以外の活動も多い。
ジャムを手作りして売っていたり、Tシャツ、トートバッグも売っている。
近くでイベントがあれば焼きそばの屋台を出したり、
募金箱を商店街や公民館なんかに置かせてもらったり。

そして著者が責任者を務める雑誌「ヨレヨレ」も資金調達の一環でスタートする。
(介護現場の現実を伝える「ヨレヨレ」は好評だそうだ)


キレイごとではすまない介護の現場と日常を描いているが、
著者の語りが軽いので楽しく読んだ。
それでも、介護の過酷な労働環境で人手不足が解消されない状況はひしひしと伝わってくる。

人間を相手にしているのだから、
数字や効率を優先しているように感じる今の介護の状況も伝わってくる。


現実として「よりあい」から離れて行く人たちのところも興味深い。
「よりあい」に共感し、世話人になって熱く介護を語っていた人が、
資金調達の地道な活動に参加せず、やがて来なくなる人たち。

登場人物がどの人もゆるい感じで魅力的だった。
著者の描き方もいいのだろうが。

この本全体を包んでいる何とも言えないやさしさ。

過酷な介護現場を笑い飛ばして、
毎日生きていこうとする下村さんの姿に、
少なからず勇気をもらった。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 14:53:17 | Trackback(0) | Comments(0)
砂浜に生き埋めにされて、溺れ死んだ女性の事件の意外な真相  シッラ&ロルフ・ボリリンド 著  久山葉子 訳  「満潮」

「満潮」

シッラ&ロルフ・ボリリンド 著
久山葉子 訳 
 


スウェーデンが舞台のミステリー。
海岸で生き埋めのまま満ち潮で溺れ死んだ女の事件が、
発展した企業の闇を暴き出して、意外な真相が明らかとなる。






スウェーデン、ストックホルム。
警察大学に通うオリヴィア。
夏休みの課題で、死んだ父がかつて捜査を担当した未解決事件を調べ始める。
その事件とは、砂浜で生き埋めにされて、満ち潮で溺れ死んだ外国人の女性の事件。
当時父とともに事件を捜査していた元刑事・スティルトンの行方を捜すと、
ホームレスとなっていた・・・。

物語は、オリヴィアの事件を調べる様子と、
スティルトンのホームレスの生活が中心に描かれる。

そのほか、強引なやり口が批判されている大企業の社長のマグヌソンや
ホームレスを襲撃して、その映像をネットにアップするグループ、
スティルトンの元の同僚の警察の人間の様子も描かれる。

多視点で描かれるので事件を中心に現在と過去を幅広く描いている
のかもしれないが、
ちょっと物語が散漫になってしまっているように感じた。

若くて怖いもの知らずのオリヴィアが、
当時だれも解明できなかった事件の真相に突き当たる・・・・
という展開を期待していたが、
思ったほどオリヴィアは活躍しない。
殺人現場となった島まで行って調査するも、
それ以降は突っ込んで調べる様子は感じられなかった。

夏休みの課題で調べ始めるというのも、
捜査の動機としてはちょっと弱いと、途中で感じしまった。

なぜ彼女が・・・という疑問はラストのサプライズで明かされるのだが、
すべてがそのために仕組まれているので、
物語がちょっと強引な感じもした。
(島でヴェントと会う場面とか唐突に感じた)

ホームレスまで落ちぶれた元警官のスティルトンの描き方も、
中途半端に感じた。
落ちぶれた様をもっと強調してもよかったし、
なぜ刑事をやめることになったかもメンタル的なダメージがあったと書かれているが、
はっきりとはわからず釈然としなかった。
(その辺は次作以降で明かされるのか)

好感をもったのは、スティルトンの元の同僚の警視、メッテ。
肝っ玉母さん的な雰囲気が伝わって、
悲惨な事件の物語の中でちょっとほっとする。

事件の真相がほぼ語られたあとにサプライズが待ち受けているが、
さすがに出来すぎに感じてしまった。


訳者あとがきによると、
オリヴィアとスティルトンの物語はシリーズ化され、
4作目まで発売されているそうだ。

そう聞くと、この後、どう物語が展開されていくのか、
楽しみになってしまう。

個性的な登場人物が、どんな風に活躍するのか。

不満は残るが、
物語の始まりに立ち会えたのはすごくよかった。
少し大きい文字







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





翻訳本 | 22:38:28 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国と朴政権と闘って勝った、産経新聞・元ソウル支局長のノンフィクション   加藤達也 著 「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争」

「なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争」
加藤 達也 著

朴大統領の名誉を棄損したということで、
訴えられた産経新聞・元ソウル支局長が、
裁判と一連の騒動を振り返ったノンフィクション。
反日無罪の韓国の実態は、法治国家とは程遠い、
世論に左右される不安定な国だった。





問題とされた記事は、韓国の朝鮮日報の記事を引用し、
セウォル号事件の騒動中に朴大統領の消息が一時不明となり、
親しい男と会っていたのではないかという疑惑を取り上げたもの。
しかも、日本向けのWEBページで日本語で書かれたものだった。

そのWEBの記事を韓国のニュースサイトが韓国語に訳して
掲載していたものが名誉棄損とされたのだ。

驚いたのは韓国では名誉棄損で訴えるのは第三者でも可能であるということ。
今回裁判所に訴えたのは朴大統領ではなく、韓国の三つの政治団体。
のちのち明らかになるがこの団体は、
実際の加藤元支局長の記事を一切読んでおらず、
その記事を翻訳して伝えたニュースサイトの情報のみで訴えていた。

日本ではとても考えられないことばかりで、
日本の裁判所は相手にしないと思うのだが、
加藤元支局長は起訴されて、長い間出国を禁止されてしまう。

外国のジャーナリストを出国禁止にして、
その記事の内容で裁判にかけることは民主国家ではとてもありえないそうだ。
でもそれが起こるのが韓国なのだ。

内容の引用元の記事が掲載された朝鮮日報は、
一切その責任をとわれていないのも不可解。
その記事を書いた記者の言動も加藤元支局長に責任があるようにふるまい、
とてもまともな報道記者とは思えない。


こんな些細なことでなぜ裁判にかけられたのか。
それは日頃から韓国に批判的な記事を書いていた、
産経新聞とその責任者の加藤元支局長を狙い撃ちにしたのではないかと思われる。

実際、朴大統領が加藤元支局長に対して処罰を望まないと、
希望して、談話等を表明すれば裁判は行われなかったそうだ。
おそらく、朴大統領の気持ちを忖度した側近や幹部が、
政治団体を利用して産経新聞を懲らしめようと
訴えさせたのが実態のようだ。

ご存じの方も多いと思うが、
結果から言うと、加藤元支局長は無罪放免となり、
無事、日本に帰国している。

しかし、長引く裁判と、
身の危険を感じながらの韓国での生活の実態など、
読めば読むほど腹が立つ内容ばかり。

加藤元支局長と産経新聞には、韓国の政権担当者等が、
何度も謝罪のコメントをだしてはどうかと打診してくる。
そうすれば、韓国政府も善処すると匂わしながら・・・。
それに対し、加藤元支局長と産経新聞は謝罪等のコメントを
一切拒み、裁判で決着をつけることを選択する。
それは、もちろん一切、名誉棄損していないという信念があったことも理由だが、
日本を貶め続けてきた韓国のやり口を熟知していたからだ。
もし妥協して何らかのコメントを発表していたら、
それを利用され、産経と加藤が負けを認めたと捻じ曲げて、
声高に宣言されてしまうのが容易に想像できたのだ。

長く険しい判決までの裁判を闘い抜いた加藤元支局長の姿は、
感動してしまう。
そして単純に尊敬してしまう。
自分なら途中で妥協していたかもしれない。

韓国の政治や官僚が世論に左右され、
場合によっては法律をも簡単に捻じ曲げてしまう、
とても不安定で怖い国ということを改めて実感した。

ひとつ救いだったのは、加藤元支局長の周りの韓国人は、
この裁判がいかに不当かを話し、
加藤元支局長の苦労を労う人が多かったそうだ。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 13:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)
直木賞受賞作の台湾の外省人一家の物語。  東山彰良 著 「流」
「流」
東山彰良 著


台湾・外省人一家の物語。
直木賞受賞作品。




直木賞受賞作。
著者の作品は初です。

台湾出身の著者の半自伝的な内容なのかと、
想像しながら読みました。
冒頭、いきなり脱糞のシーンからはじまり、
度肝を抜かれました。

文章は読みやすく、好感が持てました。

戦後の内戦に敗れ、
蒋介石とともに大陸から台湾にやってきた国民党の人々。
それらの人を台湾では外省人と呼ぶらしい。
それに対し、もともと台湾にいた人を内省人と呼ぶ。

語り手は、外省人として台湾にやってきた外省人を祖父にもつ秋生。
秋生の成長と時代とともに変化する台湾の様子を描きながら、
一家の運命とルーツの謎を描いている。


秋生の青春時代は日本の不良を見ているようで、
親しみがわく。
ところどころ台湾の発展の様子や日本の流行の影響なんかもえがかれ、
時代とともに変わりゆく台湾の様子も興味ふかい。


外省人の人たちの大陸や国に対する考えが
とても興味深かった。
今はもうそんな人は少ないかもしれないが、
外省人はいつか中国にもどって主流になると思っていたそうだ。
自分たちこそが中国人だと思っていたのだろう。

何をするにも豪快で強引な外省人の秋生の祖父。
そんな外省人はもともと台湾にいた内省人にとっては、
モラルにかける野蛮な人間に見えたことだろう。
本書には内省人の視点からの記述はないが・・・。

本書の前に「この手紙とどけ」を読んだ。
まったく立場の違う台湾の物語を読んで、
台湾をより立体的に理解できたように思う。

祖父の死が物語の核となっているが、
ラストはやや強引にまとめた感じがしてしまった。








いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





小説 | 12:16:35 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。