■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

日本文化研究者による、ちょっと刺激的な京都論。 井上 章一 著 「京都ぎらい」
「京都ぎらい」
井上 章一 著

日本文化研究者による京都論。
確立されたゆるぎない京都(洛中)の価値や地位を批判していて、
京都の中のヒエラルキーの存在に驚きまた。




著者は京都府生まれの日本文化や建築の専門家。
京都生まれと言っても、洛外といわれる嵯峨の生まれだそうだ。

まったく違う地方の生まれの人間からすると、
それほどの違いは感じず、
むしろ京都生まれということに少し憧れを感じる。

ところが、京都生まれというと、
京都市の中心部(洛中)の人から
異論が出るそうだ。
つまり、洛中からはずれていれば、京都にあらずということらしい。

歴史ある京都は、一見さんおことわりとか、
独特の文化を持っているとは想像していたが、
これほどエリート意識というか、自負の考えが強かったのかと
改めて驚かされる。

それは縁談においてもそうで、
洛外の人は相手にもされないようだ。
京都市の東、山科(洛外)の人の縁談があった女性の一言は、
驚くと同時にちょっと納得してしまった。

「・・・山科なんかいったら、東山が西のほうに見えてしまうやないの」


嵯峨とか宇治とか山科とか、
教科書なんかで目にした地名を
出身地といえるなんて、
ちょっとうらやましいと思うが、
京都の中ではそうではないらしい。


冒頭から前半は、著者の体験したり、見聞きした、
この洛中の人たちの洛外の人たちに対する差別を、
書き連ねている。
さすがにちょっと飽きてきたなと思ったところで、
京都の歴史や薀蓄が語られていく。

堅苦しくない読み物で、歴史や京都を知ることができるので、
とても面白く読んだ。

芸者が当初は男のことを言っていたとか、
寺が宿泊所を兼ねていたとか・・・。

特に面白いのは、鎮魂の寺についてのところ。
南北朝の争いで敗れた後醍醐天皇の魂を鎮めるために、
足利尊氏は天龍寺という寺を建立している。

そしてその事実が、梅原猛の法隆寺論につながる。
これは権力闘争にかった藤原氏が、
聖徳太子一族の鎮魂のために法隆寺を建立したというもの。

恥ずかしながら、初めてきいた話だったので、
とても興味深かった。

勝負に負けたものは、恨みを募らせ、
怨霊となっていろいろと世の中を混乱させる・・と
当時の人は考えたのかもしれない。
そのあたりを想像すると、
当時の日本人が精神や考え方が垣間見えるようで、
面白かった。

冒頭の洛外出身者の嫌な体験の話は、
ラストでうまくつながっていくのは、
さすがに数々の著作をあらわしているだけあるなと感心してしまった。





 



 
いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





スポンサーサイト

テーマ:新書 - ジャンル:本・雑誌

新書 | 10:27:24 | Trackback(0) | Comments(0)
人類の歴史をサクっと振り返る 「図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密」
「図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密」



人類誕生から現代までをサクっとおさらい。
こうして振り返ると人類の歴史に違った感想が沸き起こる。








古代の人類誕生から現代の人間社会まで、
サクっと振り返って、現代の人間が抱える問題について考えている。

まず「図解でわかる」とあるが、
文章が平易でわかりやすかった。
冒頭の人類の誕生からとても面白くて、
どんどん読めて、時間が経つのを忘れて読みふけってしまった。

個人的に興味深かったのはやはり人類の誕生から進化のところ。
ある程度は知っているとは思ったが、
改めて人類の進化を知るとへぇーと感心してしまった。

人類の祖先のホモ・サピエンス。
そして同時代を生きたネアンデルタール人。
ネアンデルタール人は絶滅してしまうのだが、
その原因が脳の構造にあったのではないかというのは、
まったくの初耳で驚いた。
生き残るホモ・サピエンスとネアンデルタール人の脳の構造が、
まったく違っていたというのはとても興味深い。

また、農業の発達の理由を一つの仮説で解説しているのも興味深かった。
それは、宗教の発達が深くかかわったのではなかったかというもの。

それから、アンコールワットの文明が滅亡したのは、
蚊が媒介した伝染病が蔓延したのが原因だったのではないかとか、
最新の研究を紹介しているのも興味深い。

近代・現代のところは真新しいことはあまりなかったが、
通して読んでみると、やっぱり面白い。

特に今や世界の先進国が集中しているヨーロッパが、
以前は文化や経済では中心から遠く離れた僻地だったという事実。
それもわかりやすい図で解説している。

ここまで文明が発達した人類。
でも日本では幸福を感じる人は少ない。
それは西洋式の生活様式を取り入れて、
本来の日本人らしい生き方を捨てたからではないか。
たどりついた一つの結論に納得してしまった。










 






古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 21:34:06 | Trackback(0) | Comments(0)
人気作家・芸人の著者による読書論    又吉 直樹 著 「夜を乗り越える」
「夜を乗り越える」
又吉 直樹 著

お笑い芸人にして、芥川賞作家の又吉さんによる、本が読みたくなる読書論。



著者は言わずと知れた、ベストセラー作家の又吉直樹。


本について書かれた内容だとは知っていましたが、
想像以上の内容で、とても面白かったです。


前半は著者の幼少期からの読書歴がつづられます。
冒頭、父親の実家の沖縄で親戚の前で慣れない踊りを見せたら、
大うけしたことで、父親から「調子のるなよ」と言われるエピソードが
披露されている。

個人的に、いきなりこんなえぐられる実体験を語るなんてすごい・・と
感激して、それから惹きこまれました。
読書歴と同時に著者の半生も語られていてそれも興味深い。
本にハマっていく様子や、
少年時代のその時々でどんな本とどんな風にであったか。
また、特定のキャラクターを演じていた少年時代の胸の裡。
同級生や先生などまわりの人の反応など、
著者のファンにはたまらないエピソードだらけ。
ファンでなくてもとても興味深く読んだ。

さすがに作家になるだけあって、ちょっと変わっているし、
自分の内面を深く見つめて、あれやこれや考えたり、
悩んだりしていることに感動した。

そして、著者が影響を受けた作家や本を紹介し、
著者なりの解説を加えている。

純文学の作品が中心で数々の本が紹介されていて、
この辺は読書ガイドとしても十分楽しめる。

太宰治、芥川龍之介、古井由吉、町田康、西加奈子、中村文則・・・。


著者の好きな作品の味わい方、好きなフレーズ。

いかに自分が薄っぺらな読書しかしてこなかったかを反省してしまう。


そして、ベストセラー「火花」の解説や創作の裏側も書かれていて、
「火花」と合わせて読むと感動もひとしお。


著者の作品は「東京百景」と「火花」を読んだことがある。

エッセイ集の「東京百景」はその文章と内容が素晴らしいので、
今でも印象に残っている。
読解力がないからか、
今のところ、小説よりもエッセイのほうが著者は面白いと感じる。







 



新書 | 20:19:28 | Trackback(0) | Comments(0)
実を基にしたスウェーデンの銀行強盗の3兄弟と家族の物語  アンデシュ・ルースルンド & ステファン・トゥンベリ著 ヘレンハルメ美穂、羽根由 訳 「熊と踊れ」  
「熊と踊れ」
アンデシュ・ルースルンド & ステファン・トゥンベリ著 
ヘレンハルメ美穂、羽根由 訳

  

このミス2017、海外編の第1位の作品。スウェーデンの事実に基づく、
3兄弟の銀行強盗の物語。






このミス、1位の作品。
毎年ランキングが発表されるのが楽しみで、
今年も期待しながら手にとりました。

舞台はスウェーデン。ストックホルム。
レオ・フェリックス・ヴィンセントの3兄弟とレオの幼馴染やスペルが、
武器庫を密に爆破して武器を人知れず盗み出すところから始まる。
そしてその武器を手に、4人は次々と銀行強盗を始める。

リーダーは、長男のレオ。
長男らしく、責任感があり、バラバラな4人を何とかまとめようと奮闘する。
次男のフェリック。三男のヴィンセント。ヤスペル。
話がつつむにつれ、4人の個性がそれぞれ描かれていって、
4人の関係性が微妙に変化していく様子もリアルに描かれている。

肝心の銀行強盗のシーンも何度も登場するが、
手に汗して読んだ。
とにかく、リアル。
そして映像的。
緊迫のシーンを読むのは楽しみではあったが、
読んだ後はものすごく疲労感を感じた。
銀行強盗のシーンを読んでいた時は、まさに4人と一緒に銀行に押し入り、
そして4人と一緒に逃走していた。

銀行強盗の犯す現在の3兄弟の様子とともに、
幼少期の3兄弟の家族の様子も交互に描かれる。


今は絶縁状態の父と母と暮らしていた頃。
やがて父の暴力に愛想を尽かし、
3人を残し家を出ていく母。

銀行強盗を犯す兄弟のこれまでの人生。
崩壊した家庭と父との決別。

やがて、4人の関係は崩壊し、
一旦、強盗グループは解散するのだが・・・。

強盗した金で普通の暮らしを夢見る、
フェリックスとヴィンセント。
ろくでもない人生で、
一発逆転に賭けるレオ。

なんとか捕まらずにいてほしいと願うが、
やはりそうはいかない。

ラストは読むのが切なかった。
結末はある程度予想がつくのだが、
最後の最後まであきらめないレオの姿がよかった。

驚くのは、著者の一人が、実際の銀行強盗の3兄弟と実の兄弟だということ。
もちろん、銀行強盗には加わらなかったのだが、
のちのち、本作を読んだ兄弟たちは自分たちの胸のうちが、
細かく書かれていると驚いたそうだ。

上下2冊とボリューム満点。
北欧の切ない銀行強盗の物語。
おすすめです。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】





テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

未分類 | 20:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
納豆からアジアを見ると・・・。   「謎のアジア納豆」 高野秀行 著
「謎のアジア納豆 そして帰ってきた日本納豆」
高野秀行 著


納豆は日本独自のものという固定概念を打ち砕く、
知的興奮に満ちたアジア納豆をめぐる旅。





著者は東南アジアに関する著書を多く執筆しているノンフィクション作家。
東南アジアでまさしく日本の納豆と同じものが出てきて、
アジア納豆の存在をしり、アジアの納豆を探る旅にでる。

まぁ、でも納豆だから大体話としては想像できる・・・。
そんなナメた考えで読み始めたらなかなか面白かった。
著者の文章もいい。
軽い語り口で人柄がでているようで読んでいて疲れない。

納豆が食べられているのは、主に、アジアの山の奥深くに住んでいる民族。
それは単に偶然ではなく、歴史や風土と密接に関係している様子を
著者は描き出す。
そして、納豆民族の多くは同じ国の多民族から迫害や差別を受けていることも多い。

納豆という切り口でアジアをみるとまったく違ったように国々の姿が見える。
幸福の国といわれるブータンで10万人も難民がいたとは、
まったくの初耳。

ネパールではインドよりはっきりとカースト制度があって、
名前でカーストが分かれているとか、
次々と知らないことばかりで興味深かった。

それから納豆の食べ方の日本との違いも面白い。
糸をひかないものがおおく、
スープや炒め物につかうことが多い。
日本のようにごはんにそのままかけて食べるもの、
糸のひきがつよいものは珍しかった。
でも、日本の納豆も調べると実はそうではないのがわかる。

日本の納豆の発祥や歴史についても探っていて、
それも面白い。
秋田出身の人間としては納豆汁を普通に食べていたので、
逆に一般的ではないんだと改めて驚いた。

訪ねる国や地域でさまざまな人々と交流し、
話を聞き出す著者の姿に好感が持てるし、うらやましい。
こういう人柄の人には、自然と人が集まるんだろう・・・・。

最後、縄文まで日本人の食をさかのぼっていく感じは
知的好奇心を刺激されずにいられない。

ああ、今、主流の小粒納豆ではなく、
ひきわりや大粒の納豆を久しぶりに食べたくなった。

とりあえず腹いっぱい納豆がたべたい。









 






古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】







テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 10:52:17 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad